サスペンスドラマ

レポートに必須のアウトライン作成。アウトラインではどのようなことをするか。

アウトラインを作るメリット

文献内容を理解できたら、レポート構成を決めます。このレポート構成は、アウトラインと呼ばれます。

 

なぜアウトラインを作る必要があるかと言うと、構成を決めないで文章を書くと次第にレポートの内容が拡散してしまうからです。ところが、予め論述の流れを決めることで、取捨選択の基準ができるため、不必要な記述をカットし、タイトな文章を作ることができます。

 

このようなわけで、アウトライン作成の一番の目的は、勉強すべき項目を明確にすることと言えます。レポートの展開を最後まで見通すことによって、現時点で足りない知識や勉強する必要がある項目が具体的になります。

 

例えば、レポート課題を読んで、「テキストの100頁から200頁を読めばいいのかな?」と思うより、「テキストの第2章、特に第3節に、レポートに必要な情報が書いてあるので、まずはそこを読もう。」という状況の方が、良いインプットとアウトプットができることは想像に難くありません。

 

このようにアウトラインは、インプットとアウトプットをつなぐ、レポートの司令塔の役割を果たます。

アウトライン作成の手順

それでは、実際のアウトラインの作り方を説明します。アウトライン作成は具体的に次の3点を決めます。

 

テーマ設定

 

問いの設定

 

節立て

 

アウトライン作成の際、最初に行うことはテーマ決めです。レポート課題をしっかり読んで、「テーマは何か」について再確認しましょう。レポート課題はたった数行ですが、語の定義などが曖昧である場合もあり、一字一句読まないとテーマを捉え違えてしまうことがあります。

 

例えば、「教育学と教育や学習の関係について論じなさい」という課題を、次のように捉えたらどうでしょう。

 

「教育学において教育と学習の関係について論じなさい」

 

前者(本来の指示)では、「@教育学と教育という営みの関係」「A教育学と学習という営み」について論じることが要求されています。これらがレポートのテーマです。しかし後者(誤認)の捉え方をしたら、「教育と学習の関係や相違点」がテーマになります。

 

これらは、レポート課題を読み間違えたことによるテーマ設定のミスです。テーマが違えば、当然内容も異なるため、正しくテーマ設定をすることがレポート作成の第一歩です。

 

その核はレポート課題をきちんと理解することなのですが、これは課題を自分の言葉で言い換えることで可能になります。このようにテーマ設定することで、その課題では、「何が聞かれているか」かが理解でき、レポートの論点が明確になります。

 

これが次の段階である「問いの設定」です。

 

よく「課題に答える」という言葉を耳にしますが、これは少々語弊があります。答えるという行為にはまず、具体的な問いが必要ですよね。ところが課題の文章の中に具体的な問いが記載されていないこがあります。

 

例えば上記の課題では「教育学と教育や学習の関係について論じなさい」を見ると、論じるテーマ(〜について)こそ載っているものの問い(疑問文)は見られません。そのため、どういったことを答えとするのかは、課題の文章からは読み取れません。

 

このような場合は自分で問いを設定する必要があります。その方法は簡単で、テーマを疑問文にすることです。

 

テーマ@「教育学と教育という営みの関係」

 

テーマA「教育学と学習という営み」

 

これらのテーマを疑問文化すると、

 

「教育学と教育という営みの関係はどのようなものか?」

 

「教育学と学習という営みの関係はどのようなものか?」

 

これらが「問い」になります。このようにテーマのなかから問いを設定し、つまり論点を明確にし、レポートのスタートを切れるよう準備します。

 

そして最後に行うことは、論点を解決すべく、本論の節立てを考えることです。(本論のという言葉を使ったことから分かる通り、ここまではすべて「序論の準備」です)

 

ここで行うことは、問いに対して、どのように結論に持っていくかを考えることです。その際のイメージとして、あなたがギア付きのマウンテンバイク状況を想像すると良いです。あなたは現在ギア1で走行中ですが、ギア7へ上げたい場合、どのようにするでしょうか。

 

必ず、ギア2→ギア3・・・→ギア7と、途中のギアを経由します。1から7へと言うように、いきなりギア7にすることはできません。

 

この理屈は、レポートでも同じです。ギアは節にあたり、ギア7への過程として、ギア2〜ギア6が必要なように、結論を出すには段階があります。

 

そのため、節は結論へ至るためのスモールステップと考えられます。結論を導く上で必要に応じて分だけ作り、そこでどういった文章を書くかを1・2行で表しておくと良いです。

 

以上が、アウトライン作成です。

 

ここまで読んで頂いた方は、アウトラインを作らないでレポートを書くことが、いかに危険かが理解できると思います。特に「問いの設定」は、必要性そのものを知らない人が多いので、「テーマの疑問文化」という方法を知っておくだけでも、かなり本論がイメージしやすくなるという事を認識してください。

 

アウトライン作成については、無料メルマガ内で詳しく講義しておりますので、こちらから学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の方法
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録