サスペンスドラマ

学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

科目選択のポイント記事一覧

レポート科目選択の3つのポイント

通学過程では、年度の始まりに履修科目を決めますが、通信は科目も時期も自分の裁量で始めることができます。この制度は、「いつでも勉強できる」という良い側面ばかり見えますが、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。また、科目の制限もないため、何のレポートから取り組めばよいか分からないという事態も...

≫続きを読む

セット履修の考え方

何の科目から勉強していけば分からないとき、適当に始める人がいます。悩んで何もやらない人がほとんどなので、そういう人に比べれば百万歩は前にいると言えますが、適当に科目を選ぶことはわざわざ向かい風を選んで走るのと同じであり、効率性は最悪です。追い風のなか走るのと向かい風のなか走るのでは、どちらが良いタイ...

≫続きを読む

履修順序の大原則

卒業するためには、まず必修科目から取っていきます。必修科目とは、卒業するために必ず必要になる科目です。必修科目を残していると、スクーリング履修や卒論なさまざまな登録の障壁になることがあります。その結果卒業が遅れます。そのようなことにならないように、すぐに取り掛かるべき科目を載せていきます。総合教育科...

≫続きを読む

持ち込み可の科目

科目選択の原則は決まっています。それは、科目試験対策ができそうな科目を選ぶことです。科目試験で何度も同じ問題が出題されていることも大切ですが、それにも増して重要な条件があります。それが、【持ち込み可】の科目です。理由を話すと、科目試験対策が一切要らず、それゆえ半分の労力で単位が取れるからです。この様...

≫続きを読む

科目選択のコツ

多くの人は、レポート課題だけを見て、次のレポートを決めます。ただ、この方法では、失敗が目に見えています。

≫続きを読む

得意分野を構築する履修計画のポイント

慶應通信で学んでいるうちに、自分だけの得意分野を作ることができます。それが後の卒論テーマに繋がるので、どれだけ早くその段階に行けるかが、卒業時期を左右します。基本的にそこまでの道には、紆余曲折があります。私の場合、3年目の途中まではフランス文学で卒論を書くつもりでいましたが、類変更してまで教育心理学...

≫続きを読む

3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由

何かをなそうとするとき、「計画を立てること」と「実際に行動すること」という2つの壁が立ちはだかります。ただ、計画を立てるより行動する方が何倍も難しいです。行動すれば壁しかないため、よほどうまく計画を立てないと、この壁を乗り越えることはできないからです。今回は、そんな計画の立て方について解説していきま...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録