サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの概念記事一覧

レポートがレポートであるための最低条件

レポートを初めて勉強する人は、まず最初にレポートでやってはいけないことから学ぶとよいでしょう。レポートの作文化レポートが作文になってしまうのは、レポートに対する認識から正していく必要があります。もし自分のレポートが作文の域を抜けていないと思ったら、次の事を頭に入れてください。レポートとは対話であるレ...

≫続きを読む

議論になっていると受かる

レポートを書く際に忘れてはいけない気持ちがあります。その気持ちをもって書くと、少なくともそれらしいレポートが完成し、その後のスキルアップも容易になります。サラーっと読んだだけでも、完全にアウトなレポートというものがあって、そういうレポートは漂う雰囲気からして違います。悪い意味で目立ってしまうレポート...

≫続きを読む

最初に取りかかるべきレポートとは

慶應通信で最初に取りかかるべきレポートは決まっています。他のレポートと比べて、とても書きやすいレポートがあるためため、このページを読んだ後に真っ先に履修するとよいでしょう。それは、「説明型レポート」と呼ばれます。まず、「説明型レポートとは何か」から説明していきます。・考察が必要ないレポート本来レポー...

≫続きを読む

レポートではなぜ引用をするか

レポートの文章には2つの性質があり、それは公共性と客観性でした。これらの性質を具現化するテクニックが「引用」です。論文など学術書には、必ずと言っていいほど先行研究からの引用が見られます。これは科学のあるルールを守るために行われます。そのルールとは、自分の研究は先行研究の上に積み重ねなければならないと...

≫続きを読む

レポートの「受かる型」を理解する

レポートのフォーマットは、厳密に定められているわけではありません。最低限の決まりさえ守れば、ある程度自由に書くことができます。最低限の決まりとしては、序論‐本論‐結論に区切り、それぞれの役割を理解することが挙げられます。役割というのは、序論ではテーマと問い、本論では議論、結論では問いの解答を書くこと...

≫続きを読む

なぜ節立てしないと受からないか

レポートの本論には、必ず節がないといけません。節は作文における「段落」とは違うため、きちんとその役割を把握しておくことが大切です。今回は、レポートにおける節の必要性について説明していきます。

≫続きを読む

レポートの本は捨てて下さい

慶應通信を攻略するには、特別なノウハウが必要です。ただ、中学受験のように特殊な解法が必要なわけではありません。また、大学受験のように厳しい競争に勝つ必要もありません。慶應通信を卒業するには、ごく普通の勉強のノウハウを応用させるだけで十分です。今回は、いくつか重要なことに焦点を当て、勉強のポイントにつ...

≫続きを読む

正しい文章と「受かる文章」は違う

よく勘違いしている人がいますが、レポートは正しいことを書いていれば受かるというものではありません。テキストや文献通りの内容を書いているのに、落とされるといったことは多々あります。つまり、正しい文章と実際に受かる文章の間には、壁が存在することが分かります。そのため、あなたは正しい文章ではなく、受かる文...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録