サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートが不合格になる理由はたったの2つしかありません。レポートの「形式」か「内容」に問題があったためです。

 

形式とは、レポートが学術論文として成り立つためのルールです。内容は、書いてある情報量です。

 

この2つのうち、どちらか一方でも不十分だと、レポートが不合格になります。しかし、最初にどちらを重点的に学ぶべきかには、明確な答えが存在します。

 

圧倒的に「形式」の方が重要

 

レポートは、いくら内容がよくてもきちんと形式を守っていなければ受かりません。

 

例えば、作文用紙のように、ひたすら思ったことをまとめるというレポートは、たとえ内容が正しくても不合格です。箇条書きや表でまとめることも認められません。赤字や下線、太字もダメです。

 

このほかにも様々なルールがありますが、多くの人はこれについては学ぼうとせず、いきなり参考文献を読み始めます。これは、おそらくレポートの形式を学ぶことを時間のロスと考えてしまうことが原因でしょうが、結果的により多くの時間をロスします。実際にいつまでも低レベルなレポートしか書けない人が続出しています。

 

そこであなたにぜひ知ってもらいたいことは、レポートの形式を学ぶことは、かえって時間の節約になるという事です。

 

例えば、いま私が予備知識もなにもない、まったく初めての分野でレポートを書くとします。このとき自信をもって言えることは、それがどんな科目でも半日あれば終わるということです。

 

これは、ちょっとしたコツを習得すれば、誰でも可能なので特別に教えます。

 

文献の読み方です。

 

文献に載っている情報を理解するのはもちろんですが、どうアウトプットしていくかを考えながら読みます。「この部分を問いにして、全体を組み立てられないだろうか」などといった感じです。

 

このとき予めレポートの形式を熟知していれば、最小限時間で必要な知識が集まります。その結果、半日あればレポートが仕上がるのです。

 

つまり、レポート形式を意識したインプットを行っているわけです。そうなると当然、最初に「形式」を勉強する必要性が出てきます。

 

皆さんは服のボタンをしめるとき、一番上のボタンから閉めますよね。最初のボタンを掛け違えてしまったら、最後に必ず失敗するからです。

 

勉強の順序も考え方は同じです。最初の一歩が間違っていたら、その後いくら頑張っても絶対に成果は出ません。

 

さて、あなたの勉強の順番は正しいでしょうか?もしもレポートの形式に疑問点があるなら、今すぐこのサイトから学んでください。

関連ページ

レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを作る方法
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約の方法
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録