サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

突然ですが、レポートが不合格になる理由は、この世にたった2つしかありません。

 

それは、レポートの「形式」か「内容」に問題があったためです。

 

形式とはレポートが学術論文として成り立っているかどうかであり、内容とは書いてある内容が情報として正しいかどうかです。

 

これらどちらか一方でも不十分だと、レポートは不合格になります。そのため両方とも重要なのですが、最初にどちらを重点的に学ぶべきかには、明確な答えが存在します。

 

それは「形式」です。

 

レポートというものは、正しいことを書いていれば受かるというものではありません。いくら内容が正しくても、形式をきちんと守っていなければ落とされます。

 

例えば、作文の要領で主観的な事ばかりを述べていたら、内容に拘わらず不合格になります。また、分かりやすいからと言って箇条書きや図表でまとめても不合格です。

 

他にも様々なルールがありますが、多くの人はこれについては学ぼうとせず、いきなり参考文献を読み始めます。これはレポートの形式を学ぶことを時間のロスと考えてしまう事が原因ですが、その方がよっぽど多くの時間をロスすることを断言しておきます。

 

このような学習態度の結果、慶應通信にはいつまで経っても低レベルなレポートしか書けない人が続出しているので、あなただけは、レポートの形式を学ぶことは、時間の節約になると考えてください。

 

形式から学んだ結果どうなるかと言うと、例えば、私が予備知識0の分野のレポートを書くとします。当然のように科目に関する知識を1から集めていきますが、自信を持って言えることは、どんな科目でも「半日あれば終わる」ということです。

 

これにはコツがあるので特別に教えます。

 

それは文献を読む際、レポートにどうアウトプットしていくかを考えながら読むことです。「この部分を問いにして、全体を組み立てられないだろうか」という感じです。

 

このようにレポート形式を意識してインプットを行うことで、圧倒的に時間と労力を節約することができます。ただ、この方法はレポートの形式をあらかじめ知らないとできません。

 

覚えておいてほしいことは、どんな勉強でも、基礎から応用に向けて学ぶという「順序」が重要です。特にレポートのような特殊な勉強の場合、最初の一歩が間違っていたら、その後いくら頑張っても絶対に成果は出ません。

 

あなたの勉強の順番は正しいでしょうか。もしレポートの形式に疑問があるなら、間違った順序で行っている証拠なので、当サイトからきちんと学んでください。

関連ページ

レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
効果的な引用を行う方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
解答へのアプローチを決める方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの形式と内容はどちらから学ぶか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で成功する型は全部同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録