サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

今でも忘れない「19世紀のフランス文学T」、「英語Z」、「国語学各論」…3科目の合格がたまらなくうれしく、気持ち良かった。

 

折れかけていた心を持ち直した、私のメモリアル科目試験です。きっかけはどこに転がっているか分かりません。最初の一歩を踏み出しましょう!


慶應通信で不合格になる理由記事一覧

スクーリングは勉強ではない

学生生活の集大成とも言える大学ですが、ほとんどの大学生は勉強について何も知りません。「努力と成果の関係」や「動機づけ理論」はもちろん、そもそも「勉強とは何か」について大いなる勘違いをしています。ほとんどの大学生は、講義を聴くことが勉強だと思っています。ただ、それは勉強ではありません。勉強とは、する前...

≫続きを読む

慶應通信を卒業するために、考えてはいけないこと

慶應通信は非常に特殊な環境です。その中できちんと卒業するにはどうすればよいか、その答えはすべて、マインドセットにあります。そこで、慶通生が考えてはいけないことを教えます。慶應の偏差値通信の卒業率慶應義塾大学の偏差値は70以上、慶應通信の卒業率は5%未満です。これらを組み合わせると非常に厳しい現実が待...

≫続きを読む

レポートの再提出をめんどくさがる人へ

苦労して書いたレポートが再提出になる…多くの人はこれを心底嫌がっています。レポートが不合格になったというだけで、一日引きこもってしまう人もいるくらいです。ただ、一生懸命書いたレポートが落とされるのは、誰もが通る道です。そのため、あなたは何も悪くありませんし、劣っているわけでもありません。このことを知...

≫続きを読む

合格するより不合格となった方が良いこともある

レポートを1つ書くだけでは、まったく疲れません。もし、たった1本のレポートでドッと疲れてしまうのなら、レポートに対する考え方を修正したほうが良いかもしれません。今回はレポートの「再提出」に関するマインドセットを解説します。

≫続きを読む

知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法

慶應通信では、卒業所要単位のほとんどがテキスト単位です。これは、レポートと科目試験の両方に合格することで取得できます。このときレポート提出が、科目試験の受験資格になっています。そのため、レポートが卒業の根底にあると言っても過言ではありません。そのため、常にレポートを書き続けていないといけません。いか...

≫続きを読む

絶対に成功する方法

慶應通信で絶対に成功する方法を教えます。成功するまで諦めないことです。成功するまで諦めなければ、成功しかありません。実際に失敗のあらゆる原因は、最終的に自分から降りたことであり、それ以外に理由はありません。成功を確信できる人は本当に成功し、未来を恐がる人にはその通りの未来が訪れます。成功を確信できる...

≫続きを読む

最初の一歩ですべてが決まる

行動は最初の一歩が、最も重要です。最初の一歩を間違えると、その後の行動がすべてパーになります。このことは、身近な例に置き換えて考えるとより理解できます。皆さんは、服のボタンをかける時、どのボタンからかけますか?当然、一番上のボタンですよね。一番上のボタンを掛け違えると、その後どんなに頑張っても、正し...

≫続きを読む

比べる対象は去年の自分

突然ですが、慶應通信生としての最大の価値は何だと思いますか?それは、きちんと卒業して慶應卒になることです。たまに慶應通信を辞めた人が、自ら「慶應中退」と名乗っていますが、これは学歴ロンダになるため絶対にやめてください。慶通生は卒業して初めて「塾員」と認められるので、卒業する以外は何の価値もないのです...

≫続きを読む

出会った瞬間に分かる運命の出会い

私が慶應通信を卒業するために一番大切だと思うことを教えます。意外かもしれませんが、卒業に絶大な影響力を及ぼすものは、本人の努力や根性ではありません。そういった不確定な精神論より、確実に卒業できる方法があります。それが「人との出会い」です。どんな名著より、目の前にいる人の一言の方が、ズシンと心に響きま...

≫続きを読む

当サイトを最大限生かす方法

慶應通信を卒業できるかどうかは、入試と違って運の要素がありません。卒業できる人はするべくしてする人ばかりなので、言い方を変えれば慶應通信を卒業できるかどうかは、最初から決まっているということになります。実際に、卒業できる人とそうでない人の違いは明確であり、メールで少しやり取りするだけで分かります。残...

≫続きを読む

成功するには自分の頭は使わない

これから慶應通信の勉強を開始しようとするとき、何から勉強を始めるかが重要です。有名どころだと「保健衛生」「英語1」「英語2」と相場が決まっています。慶應通信ではなるべく簡単な科目から単位を取っていくことがセオリーであり、専門科目はすべて後に回した方が得策です。なかには3分野科目も終わっていない状態で...

≫続きを読む

無駄な失敗を減らす方法

慶應通信には厳しい側面もありますが、多くのメリットもあります。数あるメリットの中で最たるものは、失敗できることです。慶應通信では、たとえ何十回失敗しても、何一つペナルティはありません。私の場合、簡単と言われていた「保健衛生」のレポートは3回落ちましたし、当時1単位しかなかった「国語学各論」も3回目の...

≫続きを読む

成果が出る法則

成果が出るためのプロセスは決まっています。それは、「思考→行動→結果」です。正しい思考に基づいて、正しい行動が生起し、良い結果が生まれます。あらゆる成果はこの法則によって生まれます。ほとんどの人は、結果は行動によって決まると考えます。確かに間違いではないのですが、それが正しい行動でなければ、良い成果...

≫続きを読む

スクーリングで10倍理解を深める方法

私は普段レポートの話ばかりしていますが、決してスクーリングを軽視しているわけではありません。スクーリングは教授の話を聞ける絶好の機会だと考えています。実際に、間違った考えを正すことができますし、翌月以降のモチベーションを上げることもできます。しかしこれらは、スクーリングを有効活用した場合のみです。下...

≫続きを読む

インプットとアウトプットのバランスの取り方

どんな勉強にも共通して、2つの過程があります。・インプットとアウトプットインプットとは、テキストや文献を読んで知識を蓄える作業です。レポートは基本的に知識0から始めることが多いので、インプットは重要です。一方アウトプットは、インプットした知識をレポート上に表現する作業です。レポートの形式に沿って、必...

≫続きを読む

卒業まで活かせるモチベーションの作り方

よく効率的な勉強法や受かりやすい科目を聞いてくる人がいます。そのような人に対して思うのは、慶應通信を卒業する上でこれらはまったく意味がないという事です。仮に効率的な方法によって受かりやすい科目をバンバン取ったとしても、次に待つのは受かりにくい科目だけです。そこでは当然、同じ方法は通用しません。このよ...

≫続きを読む

正しい努力とは何か

慶應通信では、正しい努力をしているかが重要です。そこで、皆さんに正しい努力の判断基準を教えます。これを読むことで、どういう勉強が正しい努力と言えるかを自分で判断できるようになります。意外かもしれませんが、身にならない勉強の代表格に「座学」があります。スクーリングなどの座学は、自分の関心とは別に、学ぶ...

≫続きを読む

アイデンティティとモチベーションの関係

マインドセットのうち最も基本となるのは、慶應通信としてのアイデンティティです。アイデンティティがぐらぐらだと継続して努力することができず、ちょっとしたことで諦めてしまいます。ここでアイデンティティという言葉を簡単に説明すると、「自分自身のことをどう思うか」です。つまり自覚です。そのため慶應通信のアイ...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録