サスペンスドラマ

章や節を正しく使うことで論理的なレポートになります。章や節の考え方とは。

章を長くすることは危険である

レポートを書くときに持つべき気持ちがあります。それは、「分かりやすくて説得力のある文を作ろう」という気持ちです。一言で言うと、読みやすさです。

 

それでは、読みやすい文とはどのような文でしょうか。それは、ダラダラと書かれていない簡潔にまとまった文章です。

 

文章を長くすればするほど、論旨がずれるリスクが高まります。全体をまとめる難易度が上がるので、自分でも何が言いたいか分からなくなってしまうのです。

 

そのため、長い文章ほど、短く区切ることが重要です。どこまでがひとまとまりの文章かを示すことで、一貫した内容の文章を書くことができます。

 

レポートにおいて、その役割を果たすのが章や節です。

課題ごとに章を作る

よく文献の目次で「〇章△節」などという文字を目にすることがあると思います。この章と節には、いったいどういう意味があるのでしょうか。

 

章が大きな区切りを示すのに対して、節は小さな話題を扱います。

 

論理的な文章は、大きなテーマの中に小さなテーマを持ちます。これは要素を細分化し、解決を導くための必須の形です。このとき、大テーマが章で、小テーマが節になります。

 

それでは、レポートにおける大テーマとは何でしょうか。

 

それはレポート課題そのものです。

 

レポートを書く際、まず最初に、レポート課題から「〜について論じる」というテーマを設定します。それが章です。したがって、課題が1つしかない場合は1章しかないため、そもそも「章」という表記をする必要はありません。

 

章が必要になるのは、「保健衛生」のように課題が複数ある場合です。この場合、「問題1→1章、問題2→2章」のように章を2つ作り、問題ごとに論じます。

 

このように表記することで、どこまでが問題1で、どこからが問題2のレポートを明確にできます。その際気を付けることは、それぞれの章において、序論・本論・結論・文献表が必要になることです。特に文献表は、最後にまとめて書かないよう気を付けてください。

項目ごとに節を作る

このような章に対して、節はどんなレポートにも必須です。論理的な文章を作る上で節は欠かせないため、節を作らない人は「論理的に議論しよう」という気持ちが抜け落ちている証拠です。

 

節は次のような場合に作ります。

 

説明項目ごとに作る

 

話題が変わったら作る

 

レポート内で1項目だけ説明するより、複数の項目について説明したほうが、多面的な説明が可能になります。ただ、すべてまとめて説明したら、かなり分かりづらくなってしまいます。

 

そこで、節を作ります。一般に説明項目には、概念、種類、時代、目的、役割、意義、効果、具体例などがあります。ここから説明項目をチョイスしていくわけですが、これはレポート課題に書いてあることがあります。

 

例えば、「〇〇の役割や効果、課題について論じなさい。」というレポート課題では、説明項目は「役割」「効果」です。そのため、これらについて節立てすれば、テキスト理解を示すことができます。

 

また事実を述べた後に、その事実から見えてくる「今後の課題」を考える必要もあります。これは、説明から考察へレポートの内容が切り替わる事を意味します。

 

こういった意味の切り替わりがある場合も節を作ります。それだけで、あなたのレポートの中に「説明→考察」の流れが生まれます。

 

このようなわけで、正しい節立てと論理的な構成は切り離して考えられないのです。

関連ページ

節立ての方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
他の文章とレポートの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの「どこで」「何を」書くか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録