サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの形式記事一覧

章と節の基礎知識

レポートを書くときに持つべき気持ちがあります。それは、「分かりやすくて説得力のある文を作ろう」という気持ちです。一言で言うと、読みやすさです。それでは、読みやすい文とはどのような文でしょうか。それは、ダラダラと書かれていない簡潔にまとまった文章です。文章を長くすればするほど、論旨がずれるリスクが高ま...

≫続きを読む

節立ての方法

レポートの本論には、必ず節がないといけません。節は作文における「段落」とは違うため、きちんとその役割を把握しておくことが大切です。今回は、レポートにおける節の必要性について説明していきます。

≫続きを読む

序論・本論・結論の役割

レポートの書き方に関する本がありますが、読んでみると意外と難しいことが分かります。書いてある事を全部守って書くのは大変そうだな…と思ってしまいますよね。ただ実際には全部読む必要はなく、そのうちのほんの一部だけマスターすれば、十分レポートは合格します。なかでも一番必要なことは、次のことです。序論・本論...

≫続きを読む

他の文章とレポートの違い

このページでは、「レポートの形式」について説明していきます。レポートと他の文章を分かつ大定義として、「序論・本論・結論の形式を守る」という事があります。多くの人は「序論・本論・結露」という名称こそ知っているものの、それぞれの役割を正しく理解していません。ただ、これではレポートは書けません。「序論・本...

≫続きを読む

レポートの「どこで」「何を」書くか

レポートの質を上げるためには、基本に忠実に書くことが大切です。これは、「レポートの形式を守る」ということと同じ意味です。レポートを書くときは、序論や結論を本論からきちんと区別します。この区別の仕方は、丸暗記するのではなく、序論・本論・結論の役割を理解することで、誰でも間違えることなくできるようになり...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録