サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの形式記事一覧

節や章についての考え方

レポートを書くときに持つべき気持ちがあります。それは、「分かりやすくて説得力のある文を作ろう」という気持ちです。一言で言うと、読みやすさですね。読みやすい文とはどのような文でしょうか。それは、ダラダラと書かれていない簡潔にまとまった文章です。文章を長くすればするほど、主旨がずれていきます。長い文章を...

≫続きを読む

序論・本論・結論の役割

よくレポートの書き方に関する本が出ていますが、読んでみると意外と難しいことが分かります。書いてある事を全部守って書くのは大変そうだな・・・と思ってしまいますよね。しかし実際には全部読む必要はなく、一部だけマスターすればレポート合格には十分すぎるほどです。そのなかでも一番必要なことは次のことです。問い...

≫続きを読む

簡単にレポートの質を上げる方法

レポートの質を上げるためには、基本に忠実に書くことが大切です。これは、レポートの形式を守るということと同じ意味です。・序論-本論-結論に分けるレポートを書くときは、序論や結論を本論からしっかり区別しなければなりません。この区別の仕方は、丸暗記するのではなく、序論・本論・結論の役割を理解することで、誰...

≫続きを読む

参考文献が理解できないときの対処法

参考文献を読んでいると、突然意味の分からない文章が出現します。しかもそういった文ほど、重要な内容であることが多いので、やっかいです。このような場合の対処法を教えます。・人の文章は分からない文献の内容が取れないからと言って、そこで立ち止まってはいけません。きちんとチェックを付けておき、次の文章を読み進...

≫続きを読む

解答へのアプローチを決める方法

レポートは「〜について論じる」というテーマ設定から始まります。このテーマ設定と「あること」を組み合わせることで、レポート課題を自由自在に操ることができます。多くの人は、テーマ設定だけ行い、勝手に課題を簡略化します。しかし、それではいけません。課題はあくまで課題なので、簡略化するのではなく、どう扱うか...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録