サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示が存在します。

 

要約とは文献の内容のうち、主要な箇所だけをまとめた文章です。この要約ですが、自己流でも通用してしまうという事もあり、多くの人は勉強する機会はありません。

 

ただレポート課題によっては、文献1冊すべてを要約する場合もあり、要約の方法を知っているのと知らないのでは、完成した文章に雲泥の差が出ます。

 

要約をうまく行うことによって、レポートの評価だけでなく、文献の理解度も深まるので、このページでは要約の仕方について説明していきます。

 

まずは次の課題を見てください。

 

テキストを要約したうえで、その視点から現代社会について論じなさい。

 

この課題では、要約に対して問題提起と考察を行います。そのため考察は要約の質にかかっているので、きちんと文献の理解度を深めておく必要があることが分かります。

 

こういった要約の課題が出たとき、やってはいけないことを教えます。

 

・1冊まとめて要約しようとする

 

・順番を無視して要約しようとする

 

・文献の言葉を変えずに丸写しする

 

上記によってできた文章は、必要な記述がなく、不必要な記述が多く見られます。正しい要約の仕方は、次のようになります。

 

章(節)や段落ごとに一文要約をする

要約はこまめに行うのが原則です。段落ごとに主要な文章をピックアップし、派生的な箇所を省いていきます。その際、一般的な文章展開の原則を知っておくと役立ちます。

 

多くの文献は、「事実→根拠→主張」という流れで展開されます。事実や根拠は筆者が主張を行うための準備に過ぎないので、一文要約すべき点は主張です。

 

主張を見抜くポイントは、接続詞です。基本的に、「したがって」「つまり」「しかし」いう接続詞の後には、強い主張がきます。そこで、これら接続詞に続く文章を中心に要約を取っていきます。

 

一文要約を繋げる

上記の一文要約を段落ごとに行い、最終的に文献全てから一文要約を取ります。その後、それらの文を繋げて文章にします。

関連ページ

レポートを学ぶ際の勉強の順序
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
一行要約の実例
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献の「どこ」を引用するか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
解答へのアプローチを決める方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの形式と内容はどちらから学ぶか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で成功する型は全部同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録