慶應通信を卒業するための効率的な履修計画、卒業率、平均卒業年数など、卒業する上で重要なことをまとめました

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

慶應通信を卒業するための効率的な履修計画、卒業率、平均卒業年数など、卒業する上で重要なことだけをまとめます。

慶應通信の卒業のノウハウ記事一覧

慶應通信に入学する前に知っておくべきこと

難しい入試を経ずに、慶應卒になれる方法があります。慶應義塾大学「通信教育課程」へ入学することです。慶應通信には入試と呼べるものがなく、ほぼ全入なので、誰でも「在籍」することができます。入学後きちんと勉強して卒業所要単位を満たすことで、慶應義塾大学の学位が与えられ、慶應卒になることができます。私はこの...

≫続きを読む

入学したばかりの人が陥る失敗

勉強のモチベーションはとても不安定なものです。慶通生は常に、この不安定な存在と戦わなければなりません。慶應通信が、「自分との闘い」と呼ばれる所以はここにあります。実際に私の卒業までの6年間を概観してみても、何をやったらよいか分からず、ほとんど何もやらなかった最初の2年間積もり積もった不安が一気に爆発...

≫続きを読む

慶應通信を卒業するための本質となる勉強

慶應通信で成功するために何より大切なことは、複数科目のレポートを提出して、科目試験を多く受けることです。そのために戦略的に科目を選択し、計画通りにレポートを仕上げることに注力する必要があります。私の場合、次のように目標設定をしていました。5科目以上、10単位以上1度の試験で10単位の履修です。これは...

≫続きを読む

多くの人が慶應通信についていけないたった1つの理由

慶通生の中には、「自分は卒業とは程遠い」と思っている人がいます。確かに、一度もレポートを提出したことのない人や、在籍期間の上限に達しそうな人が、数年後「慶應卒になっている自分」をイメージすることは難しいでしょう。ただ、将来的に卒業できるかという1点において、現在の単位数は関係ありません。たとえあなた...

≫続きを読む

独学では成功しない理由

これから入学する人、あるいは入学したばかりの人に知ってほしいことがあります。それは、慶應通信を卒業できるかどうかは、努力の問題ではないという事です。慶應通信の勉強はレポート中心なので、完全にアカデミックな世界です。そのため、高卒で入学していきなり卒業するという事は、どう考えても不可能なのです。実際の...

≫続きを読む

比べる対象は去年の自分

突然ですが、あなたは慶通生としての最大の使命は何だと思いますか。それは、きちんと卒業して慶應卒になることです。たまに慶應通信を退学した人が「慶應中退」と名乗っていますが、これは学歴ロンダリング行為になるため、絶対にやめてください。慶通生は卒業して初めて、「塾員」と認められます。一方、卒業できなければ...

≫続きを読む

限定された設備利用

慶應通信の学費が桁外れに安い理由は、講義が無いからです。慶通生にとって講義はレポートなので、その質に大きな影響を及ぼすメディアセンター利用に関するルールを説明します。慶通生は以下のことを行うことができます。入館文献検索コピー機、自習スペースの利用慶通生は通学生と同じようにメディアセンターへ入館でき、...

≫続きを読む

慶應通信の入試の提出物

慶應通信に入学するには、慶應通信を受験して合格する必要があります。受験と言っても、一般入試のように学力検査を受けるわけではなく、例年、以下の書類の提出が求められます。大学志願書志望理由書志願者情報カードその他、志望課程別に必要になる書類があります。これらを4月1日に入学を希望する場合は2月上旬から3...

≫続きを読む

入試提出物の進め方

慶應通信の入試には、面接や学力検査といった試験会場へ出向く内容はなく、すべて提出物で決まります。提出物は毎年ほぼ同じ内容で、入学志望者は予め資料請求をして、期限までに提出する必要があります。入学時期は4月と10月の年2回ありますが、ここでは4月入学を希望する場合について、提出物完成までの流れを説明し...

≫続きを読む

合格できる志望理由書の書き方PART1

慶應通信に入学するには、「志望理由書」を提出する必要があります。志望理由書は大きく3種類に分かられます。@志望した学部・類で何を学ぼうとしているのか、「過去の学習経験」、「将来の展望」のいずれにも触れながら、具体的に述べなさい。A自分の学びたい学問領域に関わる書物を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で...

≫続きを読む

合格できる志望理由書の書き方PART2

慶應通信の入試には、3種類の作文問題があります。これらの問題は番号通りに進めていくのではなく、簡単な問題から難しい問題の順に取りかかることで、効率良く進めることができます。このページでは、3番目に取りかかる問題について、勉強の進め方を説明していきます。問題内容は下記となります。@志望した学部・類で何...

≫続きを読む

合格できる志望理由書の書き方PART3

慶應通信の入試には、3種類の作文問題があります。これらの問題は番号通りに進めていくのではなく、簡単な問題から難しい問題の順に取りかかることで、効率的に進めることができます。このページでは、3番目に取りかかる問題について、勉強の進め方を説明していきます。問題内容は下記となります。A自分の学びたい学問領...

≫続きを読む

最短卒業は可能か?

4年間で卒業するためには、最初の2年間で総合教育科目を履修し、3年目に卒論登録と100単位に到達させる必要があります。その上で4年目は卒業論文を中心に勉強しつつ、10月試験までに残る16単位を履修します。ただ、これを実現することは、ほとんど不可能です。理由はいくつもあります。まず、最初の2年間で総合...

≫続きを読む

4年卒業のマインドセット

4年卒業するためには、適切なタイミングで適切な内容を勉強しなければなりません。概略としては次のようになります。1年目:大学教育の目的、レポートの形式、科目試験対策の方法を学ぶ2年目:テキスト批評の仕方、参考文献の使い方、説明型レポートの書き方を学ぶ3年目:学問の概念、考察の加え方、論述型レポートの書...

≫続きを読む

普通課程の最短卒業プラン

ほとんどの入学生は、絶対に4年間で卒業したいと言います。私のところにもメルマガや個別指導を通じて、「どうすれば4年卒業ができますか?」という質問が多数寄せられます。この質問に対しては、非常にシンプルに答えることができます。年間30単位取得1年間で完成できる卒論テーマの選択以上2点を守るだけで、最短卒...

≫続きを読む

特別課程の最短卒業プラン

特別課程は、普通課程と比べ、以下の点で優遇されています。3分野科目のテキスト単位24単位以上→6単位以上(18単位免除)各分野から2科目以上6単位以上→1科目以上4単位以上最短卒業4年→3年また、選択外国語科目や保健体育科目のいずれかを取らない場合は3分野科目の合計が36単位以上になり、両方を取らな...

≫続きを読む

卒業マップ

入学から卒業までの流れは、おおまかに次のようになります。このページでは、特に大きなイベントを中心に説明していきます。入学→卒論登録→卒論指導→卒論提出→卒業5月の卒論指導を希望する場合は2月初旬までに、10月の卒論指導を希望する場合は8月初旬までに、卒論登録を行う必要があります。その際留意すべきこと...

≫続きを読む

卒業までに学ぶべき3つの内容

マラソンでは1位の人も最下位の人も、同じコースを走ります。これと同じように、慶應通信では最短卒業の人も12年卒業の人も、入学から卒業までに同じ勉強をします。慶應通信を卒業するまでの勉強は、3つしかありません。これらは明確に学ぶべき時期が分けられるので、詳しく説明していきます。卒業までに学ぶべき3つの...

≫続きを読む

3種類の慶通ライフ

慶應通信の勉強スタイルは、ほぼ次の2つに分類できます。仲間を作る人一人で頑張る人よく学習塾の合格インタビューで、「一緒に頑張る仲間がいたから頑張れた!」という学生がいます。教育心理学の見地から言うと、この言葉は真だと断言できます。毎日顔を突き合わせるだけで、やる気というものは伝播します。塾に行くだけ...

≫続きを読む

あなたを成功に導く指導者の3条件

あなたが卒業できるかどうかは、指導者にかかっていると言っても過言ではありません。そのため、そもそも指導者を持たないという選択は論外です。ただ、慶應通信のような閉鎖的な環境にいると、こういった当たり前の思考ができなくなります。何か新しいことを始める時、一からすべて自分でやろうとするほど非効率なことはあ...

≫続きを読む

3年目の人が迎える4年卒業の臨界点

慶應通信の入試について、とやかく言う人もいますが、実際には精巧です。わずか1000文字程度の作文で、今後慶通生として通用するかという資質が、すべて見極められるからです。そのため、この入試を乗り越えた時点で、慶通生は誰でも卒業できる可能性があります。あなたは既に、この可能性を手中に収めているということ...

≫続きを読む

卒論登録の条件

慶應通信の最初の関門は卒論登録です。慶應通信の卒業率は、2019年現在3%まで落ち込んでいますが、卒論登録者だけでみた卒業率は80%を越えています。そのため、慶應通信は卒論登録ができない人がほとんどを占めています。ただ、実を言うと、卒論登録のハードルはそこまで高くありません。卒論登録条件は以下になり...

≫続きを読む

卒業所要単位について

慶應通信も通学課程と同じように、卒業するためには124単位履修する必要があります。この単位を卒業所要単位と呼びます。卒業所要単位は大きく、「総合教育科目」、「専門教育科目」、「卒業論文」の3つに分けられます。総合教育科目から48単位以上、専門科目から68単位以上、卒論8単位を履修し、合計で124単位...

≫続きを読む

入学から卒業までの履修計画の考え方

慶應通信の卒業所要単位は、総合教育科目(外国語・体育・3分野)と専門科目(所属学部・所属類)から116単位と、卒論8単位から成ります。116単位の内訳は、テキストとスクーリングを単純に合計するのではなく、それぞれ上限や下限があります。このように卒業所要単位の計算には、かなり細かいルールがあるので、手...

≫続きを読む

テキスト単位取得までの流れ

慶應通信の単位を取る方法は、大きく2つに分けられます。テキストによる履修スクーリングによる履修このページでは、テキストによる履修について説明します。スクーリングによる履修については、こちらのページをご覧になってください。

≫続きを読む

スクーリング単位履修までの流れ

スクーリングとは一定期間大学に通って講義を受け、最終日の試験に合格することで、単位を取得する方法です。スクーリングには大きく2種類あり、8月に3週間かけて行う「夏期スクーリング」、9月〜12月の夜間に行う「夜間スクーリング」などがあります。スクーリングの大きな特徴として、テキスト単位より容易に取得で...

≫続きを読む

レポート科目を決める3つのポイント

通学過程では最初に1年分の履修科目を決めますが、通信教育課程では学びたいタイミングで学びたい科目を自由に始めることができます。この制度は「いつでも勉強できる」という半面、何から取り組めばよいか分からず、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。そこで、このページでは、レポート課題を選ぶ際の3...

≫続きを読む

「セット履修」という考え方

何の科目から勉強すれば良いか分からないとき、手あたり次第始める人がいます。何もやらない人がほとんどの中、そういった人に比べたら百万歩は前にいると言えますが、これはわざわざ向かい風を選んで走っている事になります。陸上では、同じ人が同じ距離を走るのにも、向かい風より追い風で走った方が良いタイムを出せます...

≫続きを読む

お勧めの3分野科目

人文科学分野哲学4単位論理学(A)4単位歴史(日本史)2単位歴史(東洋史)2単位歴史(西洋史)2単位文学4単位社会科学分野法学(憲法を含む)4単位政治学4単位経済学4単位社会学4単位自然科学分野数学(基礎)2単位数学(微分・積分)2単位数学(線形数学)2単位統計学4単位物理学6単位(実験を含む)化学...

≫続きを読む

持ち込み可の科目一覧

科目選択の原則は決まっています。科目試験対策がしやすい科目を選ぶことです。これは、何度も同じ問題が出題されていたり、問題自体が易しいことが該当します。ただ、これにも増して重要な条件があります。それが、「持ち込み可」の科目です。持ち込み可の科目は、科目試験対策が必要ないので、他の科目の半分の労力で単位...

≫続きを読む

科目選択の判断基準

多くの人は、レポート課題だけを見て、次のレポートを決めます。ただ、この方法では、失敗が目に見えています。あるレポートを書くべきかどうかは、レポート課題だけでは決して分かりません。すべては科目試験次第だからです。どういうことかと言うと、慶應通信には科目試験が決して受からない科目が存在するからです。こう...

≫続きを読む

得意分野を構築する履修計画のポイント

慶應通信で学んでいるうちに、自分だけの得意分野を作ることができます。それが後の卒論テーマに繋がるので、どれだけ早くその段階に行けるかが、卒業時期を左右します。基本的にそこまでの道には、紆余曲折があります。私の場合、3年目の途中まではフランス文学で卒論を書くつもりでいましたが、類変更してまで教育心理学...

≫続きを読む

科目選択のセオリー

何の科目から勉強していけば分からないとき、手当たり次第に始める人がいます。何もやらない人がほとんどのなか、行動がある分優秀であることは、間違いありません。ただ、わざわざ向かい風を選んで走るより、追い風を利用したほうが圧倒的に効率的です。あまり教えられることはありませんが、科目間には類似性があります。...

≫続きを読む

3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由

何かをなそうとするとき、「計画を立てること」と「実際に行動すること」という2つの壁が立ちはだかります。ただ、計画を立てるよりも実際に行動する方が、何倍も難しいです。行動すれば壁しかないので、よほどうまく計画を立てないと、この壁を乗り越えることはできないからです。今回は、そんな計画の立て方について解説...

≫続きを読む

卒論を始める前に知っておくべきこと

慶應通信の卒論は前半で理論、後半で実験を扱います。全体を通して大切なことは、文献理解に力を入れ、理論を充実させることです。実験結果に対して考察を加える際、助けになるからです。実験結果というものは、往々にして思った通りのものは得られません。そのとき理論をきちんと理解していれば、なぜそうなったかについて...

≫続きを読む

慶應通信では卒論だけで平均5年以上かかる理由

慶通生にとっての最初の到達点、それが卒論指導登録です。慶通ライフの折り返し地点なので、真の慶應卒になるための試練が待ち構えています。ただ、なかには「そもそも卒論って何?」という人もいると思うので、慶應通信の卒論について、私が実際に感じたことを含めて総合的に説明していきます。卒論とは、卒業所要単位の必...

≫続きを読む

1年で卒論を完成させるために何を行ったか

卒論は最短でも2年かかります。これは、半年ごとに実施される卒論指導を3回以上受ける必要があるためです。私の場合、2010年3月に卒論登録をして、2012年3月に卒業しました。概観すると、2010年10月に初回指導を受け、2011年5月に2回目の指導で「卒業予定申告」が許可され、同年10月の指導で「卒...

≫続きを読む

慶應通信の卒論構想の立て方

私の卒論は、教育心理学の動機づけ理論を扱っています。「子どもに対して、どのように教えたらやる気が上がるか」について研究しました。これから卒論を始めるとき、最初に考えることがあります。それが、卒論構想です。結論を出すために、何を述べる必要があるかをリストアップする作業です。私の卒論構想は、次のようにな...

≫続きを読む

卒論に必須となる実験データの取り方

慶應通信の卒論には、実験データが不可欠です。私の場合、教育心理学の動機づけ理論について研究しました。そのため、「動機づけ理論」、「子どもの認知構造」、「学習の認知過程」について一通り述べた後で、内発的動機づけに適した学習方法について仮説を立てます。ただ、仮説そのものが完全オリジナルなので、本当に内発...

≫続きを読む

「効率的な勉強」とは何か

勉強は、基礎から応用に向かって学ぶことが一番大切です。多くの人はこのことを理解していますが、慶應通信の勉強になると、途端に別人になってしまいます。どこかに近道はないかと探し、目の前の基礎を学ぶ時間をもったいないと感じます。そして、実際に問題に突き当たったときに、すべてを学び直そうと考えます。ただ、そ...

≫続きを読む

記憶のメカニズム

勉強は基本的にすべてが「暗記」だと言えます。英単語、漢字、用語はもちろん、解法を覚えるという意味では、どの科目も暗記が基本になっているためです。そこで、暗記について詳しく説明していきます。暗記は次の3つのステップで行われます。記銘情報を頭にインプットしますす。教科書を読んで、その内容を頭に詰め込む事...

≫続きを読む

忘却の仕組み

効率的に覚えたいのであれば、忘却の仕組みを知ることが重要です。このページでは、忘却の仕組みと、それに合わせた効率的な復習のタイミングについて説明していきます。インプットした情報は、2種類の記憶に分かれて、脳に保存されます。短期記憶短期記憶は脳の海馬という場所で保存されます。海馬は親指くらいの大きさで...

≫続きを読む

長期記憶の条件

「記憶」や「暗記」という言葉を知らない人はいないと思います。ただ、両者の違いを明確に説明できる人はほとんどいません。記憶とは覚えている知識のことで、暗記とはいつでも思い出せる記憶を作ることが該当します。つまり、暗記は記憶のうち、長期記憶と密接に関係しているのです。暗記とは長期記憶へ情報を入れることで...

≫続きを読む

覚えられる勉強法

あなたが暗記できるかどうかは、非常にシンプルなルールがあります。それは、長期記憶の条件を満たす勉強を行っているかどうかです。ある情報を暗記するという事は、長期記憶にすることと同義です。短期記憶で消滅する情報がほとんどのなか、どういう情報が長期記憶に入ることができるのかと言うと、次のルールがあります。...

≫続きを読む

そもそもやる気ってなに?

皆さんはやる気が出ないとき、「このコーヒーを飲んだらやろう」などと、行動を先延ばしにした経験はありませんか?これは一番やってはいけないことです。モチベーションはやろうと思ったその瞬間を境として、どんどん下がっていくからです。こういった人は自ら行動のハードルを上げているので、根本的にモチベーションとい...

≫続きを読む

勉強の最初の一歩を起こす方法

あなたには、やらないといけない課題があるのになかなか気乗りしないという経験はありませんか?これは万人が持つ性質なので、あなたが悪いのではありません。やる気に関する理論である動機づけ理論を紐解くことで、行動を起こす原理原則について理解することができます。まず、行動には2つの過程があります。キッカケの段...

≫続きを読む

行動を起こさせる「外発的動機づけ」

どんな行動も、最初の一歩を起こすときが一番苦しいものです。やる気がないのに行動するという、矛盾した状態に陥るためです。そのため、なんとかしてこの矛盾を取り除かないといけません。その方法に、報酬の力に頼るという考え方があります。これを外発的動機づけと呼びます。外発的動機づけの一例を挙げると、自ら缶詰め...

≫続きを読む

行動を継続させる「内発的動機づけ」

卒業まで視野に入れた時、重要なのは最初の一歩だけではありません。二歩目以降、つまり努力の継続です。努力を継続するには良質なモチベーションが必要で、それは外発的動機づけでは不可能です。その理由は、外発的動機づけの場合、行動の目的が行動と無関係の報酬にある点です。そのため依然として行動そのものに興味はな...

≫続きを読む

努力と成果の関係を紐解く「レミニセンス現象」

慶應通信を卒業するために一番重要なことは、毎日行動することです。つまり、努力の継続です。このとき必要な考え方は、根性論ではありません。確かにやる気の源泉は、その人の持つエネルギーの量で決まります。しかし、エネルギーがあるからと言って、誰でも彼でも努力できるかと言うとそうではありません。エネルギーを活...

≫続きを読む

予習と復習はどちらが大切か

勘違いしている人が多いですが、講義は勉強ではありません。あくまで情報を仕入れる機会です。講義を受ける際は、いかにして情報を仕入れることができるかについて意識しないといけません。そして勉強とは、この仕入れられた情報を定着させる作業になります。効率的に勉強しようと考えたとき、この作業に圧倒的多くの時間を...

≫続きを読む

分散学習ができない人は慶應通信に向かない

慶應通信にはレポート、科目試験、スクーリングなど様々な勉強がありますが、すべてに共通して言えることは、一度ではなく「何度も勉強すること」が重要だという事です。この考え方を元に確立した勉強法は、「分散学習」と呼ばれます。分散学習のノウハウを理解することで効率的に学ぶことができるので、今回は「分散学習」...

≫続きを読む

慶應通信の科目試験を制すためのマインドセット

テキスト単位を履修するには、レポートだけでなく、科目試験に合格する必要があります。科目試験はレポートと違って、年に4回しかチャンスがないので、レポート以上にシビアな世界です。気付いていないだけで、毎回の科目試験はあなたの卒業時期に確実に影響しているので、一回一回を大切にしなければなりません。私の場合...

≫続きを読む

科目試験に出席しないことによる弊害

慶通生は大きく2種類に分けられます。これは学部や課程などではなく、科目試験に出席しているかどうかで二分されます。恒常的に単位が取れるかどうかは、この点を見ればすべて分かるからです。大多数の慶通生は、1年間に4度ある科目試験にすべて欠席します。いつ科目試験があるかすら、把握できていないことがほとんどで...

≫続きを読む

科目試験の結果から見た最短卒業理論

慶通生の中には、科目試験で不合格となることを過度に恐れている人がいます。そういう人は、3科目受験したら、3科目すべてに合格しなければならないと自己暗示をかけていています。1つも落とせないので、これは結構大変です。ただ、重要なことは、合格することではありません。なるべく多くの科目を受験する事です。例え...

≫続きを読む

効率的な科目試験対策のためのタイミングとツールとは

私のところによく寄せられる質問に、科目試験対策の方法が分からないというものがあります。確かに科目試験は、「勉強の仕方」、「解答用紙への記述方法」、「合格ハードル」など、不明な点が多いのも事実です。ただ、科目試験対策にはこれが絶対に正しいという方法はなく、人によって様々です。私の場合も、試行錯誤の末に...

≫続きを読む

2種類の科目試験

慶應通信の科目試験には、3つの鉄則があります。テキストからしか出題されない記述の形式は問われない1問しか出題されない慶應通信の科目試験の解答は、すべてテキストに書いてあります。そのため科目試験対策では、テキスト以外の文献は必要なく、いかにテキストの内容を覚えられたかがポイントになります。もちろん、一...

≫続きを読む

科目試験ノート作成の手順

科目試験の合否は、どれだけテキストの内容を暗記できたかで決まります。ただ、テキストの大部分は科目試験と無関係なので、きちんと的を絞って覚えることが大切です。そこで、過去に科目試験に出題されたテキスト内容について、Q&A方式でノートにまとめておくという方法があります。このノートは暗唱の台本となり、最初...

≫続きを読む

科目試験ノートの活用の仕方

科目試験はノート作成から始まり、ノート作成で終わります。実際のところ、ノートを作るだけであれば差は付きません。科目試験で合格を勝ち取るためには、ノートを作った後の運用の仕方がポイントになります。うまくノートを活用すれば、簡単な内容でも試験に合格できるようになります。そこでこのページでは、科目試験ノー...

≫続きを読む

スクーリングは勉強ではない

学生生活の集大成とも言える大学ですが、ほとんどの大学生は勉強について何も知りません。「努力と成果の関係」や「動機づけ理論」はもちろん、そもそも「勉強とは何か」について大いなる勘違いをしています。ほとんどの大学生は、講義を聴くことが勉強だと思っています。ただ、それは勉強ではありません。勉強とは、する前...

≫続きを読む

慶應通信を卒業するために、考えてはいけないこと

慶應通信には特殊な環境です。その中できちんと卒業するにはどうすればよいか、その答えはすべて、マインドセットにあります。そこで、慶通生が考えてはいけないことを教えます。慶應の偏差値通信の卒業率慶應の偏差値は70以上、卒業率は5%未満です。このように非常に厳しい数字ですが、実はあまり意味を持ちません。偏...

≫続きを読む

レポートの再提出をめんどくさがる人へ

苦労して書いたレポートが再提出になる…多くの人はこれを心底嫌がっています。レポートが不合格になったというだけで、一日引きこもってしまう人もいるくらいです。ただ、一生懸命書いたレポートが落とされるのは、誰もが通る道です。そのため、あなたは何も悪くありませんし、劣っているわけでもありません。このことを知...

≫続きを読む

合格するより不合格となった方が良いこともある

レポートを1つ書くだけでは、まったく疲れません。もし、たった1本のレポートでドッと疲れてしまうのなら、レポートに対する考え方を修正したほうが良いかもしれません。今回はレポートの「再提出」に関するマインドセットを解説します。

≫続きを読む

知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法

慶應通信では、卒業所要単位のほとんどがテキスト単位です。テキスト単位はレポートと科目試験の両方に合格することで、履修することができます。レポート提出が科目試験の受験資格であることを考えると、慶應通信ではレポートが卒業の根底にあると言っても過言ではありません。慶通生が常にレポートを書き続けないといけな...

≫続きを読む

慶應通信で成功する方法

このページでは、慶應通信で絶対に成功する方法を教えます。それは、成功するまで諦めないことです。成功するまで諦めなければ、成功するしかありません。実際に、失敗のあらゆる原因は、最終的に自分から降りたことであり、それ以外に理由はありません。つまり、成功を確信している人は本当に成功しますし、未来を恐がる人...

≫続きを読む

慶應通信の成功は最初の一歩にかかっている

行動は最初の一歩が最も重要です。これを間違えると、その後の行動がすべて無駄になります。このことは、身近な例に置き換えて考えると理解できます。あなたは、シャツを着る際、どのボタンからかけ始めますか?当然、一番上だと思います。これをかけ違えると、その後どんなに頑張っても、正しく着れることはないからです。...

≫続きを読む

卒業に近づく最上級の出会いとは

慶應通信を卒業するために欠かせない要素は、勉強ができないことを悔しいと思う気持ちです。ただ、卒業へ近道するには、「人との出会い」が欠かせません。どんな名著より、目の前にいる人の一言の方が、ズシンと心に響きます。私が出会いの重要性を感じたのは、本格的に勉強を始めた3年目頃でした。単位的に充実してくると...

≫続きを読む

当サイトを最大限生かす方法

慶應通信を卒業できるかどうかは、入試と違って運の要素がありません。卒業できる人はするべくしてしている人ばかりなので、言い方を変えれば、慶應通信を卒業できるかどうかは、最初から決まっているということになります。実際に、卒業できる人とそうでない人の違いは明確であり、メールで少しやり取りするだけで分かりま...

≫続きを読む

自分の頭を使わない人の方が成功する理由

多くの人は、テキストの内容が理解できなかったとき、分からないのは自分の能力が低いからだと、自分を責めます。ただ、テキストが理解できないのは、あなたの能力の問題ではありません。テキストが分かりづらいことが一番の原因です。卒業生でも初見では理解できないので、初学者ならなおさらです。実際のところ、初学者が...

≫続きを読む

人の行動を真似しても絶対に成功できない理由

成果が出るまでのプロセスは決まっています。思考→行動→結果です。正しい思考に基づいて、正しい行動が生起し、良い結果が生まれます。あらゆる成果は、この法則によって生まれます。ほとんどの人は、結果は行動によって決まると考えます。そのため、行動を真似しようとします。ただ、いくら行動を真似したところで、それ...

≫続きを読む

スクーリングを10倍有効活用する方法

当サイトではレポートをメインに扱っていますが、スクーリングも決して軽視できません。スクーリングは教授から直接指導を受けられる絶好の機会です。間違った思考を正すことができ、モチベーションを上げることもできます。ただこれらは、スクーリングを有効活用した場合のみです。下手をすると、スクーリングは何も学ぶこ...

≫続きを読む

卒業まで活かせるモチベーションの作り方

慶通生のなかには、時間短縮の方法や簡単に単位が取れる科目を聞いてくる人がいます。ただ、私が正直に思うことは、このような質問は慶應通信を卒業する上でまったく意味がないということです。仮に私のアドバイスを受けて合格しやすい科目を履修できたとしても、その他の科目を履修しない限り、卒業できません。そのときに...

≫続きを読む

レポートを書く→勝手にやる気が上がる

これから何かを始めようと言うとき、最初の1歩を起こすことが一番難しいと言えます。これは決してやる気が足りないからではなく、人間の本能によるものです。そのため、この本能を取り除かない限り、2歩目以降の行動を起こすことができません。実際のところ、行動の最初の1歩の抵抗を10とすると、2歩目は3もありませ...

≫続きを読む

慶應通信における正しい努力の見極め方

慶應通信では、「自分の行動が正しく努力であるか」について考えることは非常に重要です。そこでこのページでは、正しい努力の判断基準を教えます。これを読むことで、自分の行動が正しい努力かについて、自分で判断できるようになります。意外かもしれませんが、身にならない勉強の代表格に、「座学」があります。スクーリ...

≫続きを読む

自分のアイデンティティは自分で守れ!

慶通生としてのアイデンティティは卒業に多大な影響を与えます。もしアイデンティティに自信がなければ、継続して努力することができず、少しのことで諦めてしまいます。反対に、慶應通信で学ぶ自分のことを格好良いと思うことができれば、卒業にかなり近づくことができます。このことについて詳しく説明していきます。

≫続きを読む

慶通生という特殊なアイデンティティ

考えてみればみるほど、慶應通信ほど特殊な環境で、慶通生ほど特殊な身分というものはありません。卒業できればれっきとした慶應卒になれますが、卒業できなければ慶應とは無関係です。そのため、在学中に評価されることはないので、いかにしてアイデンティティを保つかが重要になります。これに関して、私の体験をお伝えし...

≫続きを読む

慶應通信における仲間作りの重要性

「通信教育課程」という言葉から真っ先に連想されるイメージは、「孤独」や「独学」といったものだと思います。ただ実際には、学生間の繋がりは多く存在し、入学から卒業までずっと一人だという人は、皆無だと言えます。その理由は、独学の持つ様々なデメリットに関連しています。慶應通信に拘わらず、「独学」という勉強ス...

≫続きを読む

卒業するだけで社会的地位が向上するのは慶應だけ

現代社会は学歴社会なので、すべての学生は受験戦争を避けて通ることができません。社会発展の結果として教育があるので、これは必要悪として受け止めざるを得ません。ただ、そんな学歴社会で頂点に立つ方法は、非常にシンプルです。私大の最高峰、慶應義塾大学を卒業すれば良いのです。慶應義塾大学は国内トップの歴史、実...

≫続きを読む

大学を「通信教育」にするメリット

「大学を通信教育課程で学んだ」と言うと、まだまだ珍しがられる時代です。ただ、通信教育には独自のメリットがあるので、このページでは通信教育課程を選択するメリットについて説明していきます。学費が安い通信教育課程には授業がないので、そもそも学費がありません。スクーリングと卒論指導を受講した場合のみ学費は発...

≫続きを読む

慶應義塾大学のレベルと慶應卒の価値

どんなに勉強が苦手な人でも、「慶應義塾大学」の名を知らない人はいません。あなたが慶應卒になれば、これから出会うすべての人に「スゴイ!」と言わしめることができます。ただ、一言で「スゴイ!」と言っても、何が凄いのかについて慶通生は正確に理解しておかないといけません。それを把握することが、卒業に向けたエネ...

≫続きを読む

私と慶應通信の出会い

あなたは、慶應義塾大学に「通信教育課程」が存在することをご存知ですか?最近では「通信教育」という言葉も広まってきましたが、大学の通信教育課程の場合、大学に通うことなく、レポートなどで単位を取得して卒業するというシステムとなります。慶應義塾大学の他、中央大学、法政大学、日本大学などの有名な大学が、この...

≫続きを読む

慶應通信で慶應卒の学力が身につくか

慶通生の中には、「慶應通信で慶應卒の学力が身につくのか」という疑問を持っている人がいます。これは、入学して間もない人が特に抱いている疑問です。ただ、「慶應卒の学力」とは何でしょうか?高校までの学力が高ければ、慶應卒の学力があると言えるでしょうか。英語や数学ができるだけで良いなら、入試の時点で慶應卒だ...

≫続きを読む

通信生と通学生の勉強内容の違い

基本的に通学生は、入学するときに最も優秀で、卒業するときに最も能力の低い状態になります。これは必要以上に学ぼうとせず、そもそも「必要」のハードルが極端に低いことに起因します。一方、通信生は講義がないので、講義内容から勉強の仕方まで、すべて一から考えます。その過程で、通学生では身につかることができない...

≫続きを読む

現代に残された学歴アメリカン・ドリーム

慶應通信では、なまじ勉強ができた人より、苦手だった人の方が大成します。今からその理由について説明します。慶應通信は決して、高校までの優等生にとって有利な環境ではありません。実際に、県内トップの高校に通っていた人やMARCH卒の人もいますが、慶應通信ではまったく通用していません。その反対に、私のように...

≫続きを読む

慶應通信でしか身につかない能力とは

あなたは、「通信教育課程」という言葉に対して、どのようなイメージを持っていますか。最近では「通信教育」に対する認知も広まってきましたが、依然として差別的な見方も存在します。特に、「慶應生」や「慶應卒」といったブランド力を持つとなると、当然アンチも存在します。こういった人たちは、「慶應通信を卒業しても...

≫続きを読む

社会にそのまま活かせる唯一の勉強

このように問われたとき、答えに詰まってしまう方は多いと思います。それもそのはずで、実際にほとんどのことは役に立ちません。社会に出てから数学の公式を使うことは滅多にありませんし、歴史の知識が全く無くとも問題なく生活できます。漢字の知識や読解力に関しては、最低限あれば十分なので、ノウハウがないと読めない...

≫続きを読む

知識ではなく、高度な思考回路を手に入れる

慶應通信には、メリットがたくさんあります。中でも最も大きなメリットは、勉強の捉え方が変わることです。実際のところ、勉強ほど、人によって捉え方が異なるものはありません。知識を得るための手段や、テストで良い点を取るための手段など、様々な捉え方があります。ただ、もしも勉強をこのように捉えていたら、かなりも...

≫続きを読む

慶應通信では本当の失敗はない理由

誰でも、「一度でうまくやれ」と言われたら難しいです。ただそこに、「失敗しても良い」という条件が加わると、途端に簡単になります。勉強でも同じです。入試では一切失敗できません。たった1度の試験で、1年間の成果がすべて決まってしまいます。学校内の試験も同じです。試験当日しかチャンスがないので、そこで成果を...

≫続きを読む

学問としてのレポート

慶應通信の勉強には、大きな特徴があります。多くの慶通生は、このことをほとんど知らずに、いきなりレポートを書き始めます。だから失敗します。慶應通信の勉強は、今まであなたが取り組んできた勉強方法は通用しません。そのため、勉強の概念そのものを変形させる必要があります。慶應通信の勉強の特徴を一言で言い表すと...

≫続きを読む

慶應通信ではレポートから勉強すべき3つの理由

私は徹底したレポート学習による慶應通信の卒業を提唱しています。そこでこのページでは、スクーリングや科目試験といった勉強もあるなか、なぜレポートに注力しなければならないかについて説明します。理由は簡単で、レポート提出が唯一の科目試験受験資格だからです。慶應通信では、テキスト単位が卒業所要単位の大部分を...

≫続きを読む

慶應通信の勉強の本質を理解する

慶應通信を卒業するためには、慶應通信の勉強の本質を見抜かないといけません。本質と言うと難しく感じますが、これは「単位を取るために何をすれば良いか」を考えることで理解できます。慶應通信の勉強には、科目試験対策や、スクーリングの予習復習などが挙げられますが、これらは卒業の本質ではありません。卒業の本質と...

≫続きを読む

最初にレポートを学ばないことで生じる2つの問題

当サイトは、慶通生のための情報を網羅しています。隅々まで読むことで、卒業に必要な知識がすべてそろいます。ただ、情報量が多すぎて、整理付けて理解することが難しいことも事実です。効率的に勉強を進めるには、学ぶ順序が何より重要なので、3つのステップに分けて説明していきます。step1 慶應通信のシステム最...

≫続きを読む

講義の代わりとしてのレポート

慶應通信におけるレポートは、通学課程における講義と同じ意味合いがあります。レポートを提出するだけでは単位が取れず、その後筆記試験が必要な点でも共通しています。したがって、レポートを提出しない慶通生は、講義に出席しない通学生と同じです。いかに良くないことをしているかを認識してください。さて、一口に講義...

≫続きを読む

なぜレポートだけはコーチングが必要なのか

私が提唱する慶應通信の勉強方法は、 とにかくレポートに集中することです。スクーリングや科目試験といった勉強もあるなか、なぜレポートに注力するかについて説明していきます。慶應通信では、1つ1つの勉強に、普通では考えられない時間がかかります。特にレポートです。真面目に勉強している人でも、レポート1本に1...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録