サスペンスドラマ

慶應通信卒業生の慶通レポートマスターの自己紹介ページです。

私の略歴

はじめまして、慶應通信卒業生の慶通レポートマスターと申します。

 

2006年 高校卒業。父に勧められるまま慶應義塾大学文学部第V類へ入学
2006年度 実験・体育スクーリング、英語など20単位ほど履修
2007年度 レポートが2科目しか書けず、4年卒業が不可能になる
2008年度 本格的にレポートを書かなくなり、卒業すら怪しくなる
2009年度 体調を崩す程の危機感を覚え、レポートを本気で勉強。卒論テーマとの出会い
2010年度 年間50単位取得、総合教育科目修了。T類へ転類し、卒論指導開始
2011年度 年間40単位取得、専門科目修了。半年で卒論を完成させる
2012年 慶應義塾大学卒業。慶應通信から慶應卒に!
2015年 当サイト作成。無料メルマガ講義開始
2016年 卒業セミナー、レポートの個別指導開始
2017年 メールによるレポート講義「セミナーメール」開始
2018年 必ず卒業を約束する「卒業コンサル」開始

 

勉強が苦手な人でも慶應通信を卒業できる

突然ですが、あなたは、もともと優秀な人しか慶應通信を卒業できないと思っていませんか?偏差値が70もあって、学年トップを取れるような「特別な人」だけが、慶應通信を卒業できると思っていませんか?

 

これは大きな間違いです。

 

実際に私の通っていた高校は並ですし、私自身取り立てて優秀だったことは、一度もありません。本当にどこにでもいる平凡な学生でした。

 

そんな私でも卒業できたので、安心してください。きちんと努力すれば、勉強が苦手な人でも慶應卒になれます。

 

ただ、それには1つだけ条件があります。慶應通信では高校までの知識は必要ない代わり、独自の勉強に対応しないといけません。

 

当サイトは、この卒業のノウハウをまとめたものです。既に慶應通信で頑張っている人も、入学を検討しているする人も、当サイトを隅々まで読んで多くのことを学んでください。

コンプレックスからのスタート

私の活動内容を一言で言い表すと、「だれでも、慶應」です。この活動コンセプトの下、慶應通信生にレポートのノウハウを教え、実際に卒業させるというものになります。

 

私がなぜこういった活動をしているかと言うと、私自身、勉強で悔しい想いをしてきたからです。

 

それは高校生の時、成績が学年最下位になったことが発端でした。

 

人生で初めて味わった「落ちこぼれ」の劣等感、勉強ができないことを悔しいと思う気持ち、学歴へのコンプレックス…慶應通信を卒業するのに必要なエネルギーは、すべてこの時に学びました。

 

これ以上周りの人から下に見られるのは我慢ならなかったので、一発逆転を狙って、慶應通信へ進学しました。

 

しかし、慶應通信でも私は、あっという間に追い詰められました。

 

すべての原因は、レポートです。

 

それもそのはずで、慶應通信のレポートは、ノウハウを知らなければ決して受かりません。私が徹底したレポート学習による卒業を提唱しているのは、このためです。

 

ただ、当時の私はそんなノウハウがあること自体知らなかったので、再び落ちこぼれ生活に入ってしまいました。同じレポートが3回連続で落ちたり、1年間で2科目しか書けなかったりと、まさにどん底の状態にいました。

 

私が3年間で取得した単位は、スクーリングを入れて、わずか30単位でした。

レポートこそ卒業のカギだと理解してください

ここに至って、自分はレポートから絶対に逃げられないと確信し、必死になって勉強しました。その結果、2年間で90単位を取得し、1年間で卒論を終わらせることができました。

 

こうして、どん底の状態からわずか3年後、私は慶應卒になったのです。

 

私が2年間で90単位も取れた理由は、極めてシンプルです。

 

様々な慶應通信の卒業条件を、レポートの合格だけに絞ったからです。このことが、私が慶應通信で成功できた理由のすべてです。

 

そこで当サイトでは、卒業できるレポートノウハウを全公開します。

 

さらに詳しく知りたいという方は、メルマガ登録をして、レポートの書き方と卒業への思考を学び取ってください。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

どうすればあなたを卒業させられるかを考えています

私の活動の最大の特徴は、あなたを慶應卒にすることです。

 

単に「目指す」のではなく、「実際に卒業させる」ということが、最大のポイントです。レポートの書き方だけでなく、慶應通信で成功するための思考を教えているのは、そのためです。

 

こういった活動は、慶應通信では私しか行っていません。

 

例えば、慶應通信には慶友会という組織があります。

 

慶友会は確かに卒業を目指す人の集まりですが、決して卒業を実現するものではありません。実践的で長期的な指導がないことからこれは明らかです。会員が退学しようと何の責任もないので、当たり前ですが誰も助けてくれません。

 

しかし、私の活動は違います。私は、あなたを卒業させることしか考えていません。

 

その証拠としてサイト内で、卒業できるレポートのノウハウを全公開しています。さらに無料メルマガでは、科目試験対策も含めた、より実践的な講義を行っています。その際も実践的なノウハウだけでなく、それを使いこなすためのマインドセットからすべてを教えています。

 

私は、「自分以外の人を慶應卒にする」というのは、こういうことだと思っています。このような活動によって、既に圧倒的な成果を出している方もいます。指導実績はこちら

 

まずは、私の活動が、「あなたのことを本気で考える」という点で、唯一無二のものだという事を理解してください。

レポートの本にも書いていない「受かる」ノウハウ

私の活動の特徴は、実際にあなたを卒業させることだと言いました。そのために、具体的にどういった情報を公開しているかについて説明します。

 

先ほども言いましたが、私が公開する情報は、レポートの書き方と卒業への思考となります。

 

多くの人は、レポートがネックとなって単位が停滞しています。これを本気で改善しようと考えたら、まずはレポートの概念から学ぶ必要があります。

 

レポートが何かを知らずに、レポートを書くことは不可能だからです。

 

レポートが毎回必ず合格するようになるためには、まずは概念を徹底的に学び、その後で実践を学ぶという順序が必須であるということを理解してください。

 

そこで、私は「レポートの性質」、「レポートの目的」、「レポート形式」について詳しく説明しています。

 

以下の項目はその一例です。

 

公共性のある文章の作り方

 

客観性のある文章作り方

 

議論となる文章の作り方

 

説明型レポートとは何か

 

論述型レポートとは何か

 

レポートの形式と役割

 

こういった概念を学ぶことによって、知識ゼロの人でも、慶應通信のレポートについて知ることができます。自分がなぜ行き詰っていたかを理解したら、次のステップへ進むこともできます。

 

また、レポートの書き方に関する実践的なノウハウも全公開しています。多くの人は、これらのことを参考書などの本から学ぼうとします。

 

しかし、こういった本には、あなたに必要なことは、絶対に書いてありません。

 

多くの参考書は、「レポートとは何か」について書かれています。ただ、それが理解できたところで、何の役にも立ちません。

 

あなたが本当に知りたいのは、「慶應通信で受かる文章の書き方」だからです。こういった本当に有益な情報は、一般書籍には決して載っていないので、すべて捨てて下さい。

 

当サイトでは、こういった卒業に役立つ情報を全公開しています。そのため、慶應通信の勉強上の疑問は、すべて私から学び、解決するようにして下さい。

 

以下の項目が、当サイトのコンテンツの一例です。

 

長文でも理解できるテキストの読み方

 

レポート課題からアウトラインを作る方法

 

丸写しにならないテキストの説明の仕方

 

必要なことだけをまとめる要約の書き方

 

感想文の域を抜け出す考察の加え方

 

効果的な引用の方法と文献表の書き方

 

繰り返しになりますが、まずはレポートの概念を理解したうえで、これらについて学んでください。これらの情報を正しく利用できれば、あなたの単位数は間違いなく加速するからです。

 

指導実績はこちら

卒業するために必須のマインドセットを教えます

私は、レポートの書き方だけではなく、慶應通信で成功するための思考についても、重点的に教えています。本気で慶應卒になりたいなら、多少時間を使ってでも、思考から正していく過程は必須だからです。

 

例えば、先ほどの「レポートは概念から学ばなくてはならない」ということも、卒業に向けた大切な思考です。

 

この思考が抜け落ちている人は、レポートが何か分からずレポートを書くというナンセンスな事態に陥ってしまいます。いくら私でも、そういった人には何も教えられないので、早い段階で正しい思考を身につけて下さい。

 

こういった卒業に必須の考え方は、何もレポートだけに限りません。以下のように広範囲に及ぶので、総合的に説明しています。

 

卒業までを3等分すれば、最短卒業できる

 

最低でも半年間は努力を継続しないといけない理由

 

スクーリングだけの人は、3年以内に消える

 

レポートから科目試験対策への切り替え時期

 

暗記に頼らない科目試験の乗り切り方

 

「分からないことは人に聞く」という、小学生でも理解できる思考

 

当たり前ですが、卒業するためには、あなたの努力が大前提となります。それは私の活動であっても変わりません。

 

ただ、このことは逆に言えば、情報不足が原因で行動できなかった人であれば、だれでも卒業まで連れていけるということになります。

 

もしも、あなたが毎日努力ができる人であれば、私はあなたを慶應卒にできます。メルマガ講義では、そのための情報も載せていますので、無料登録して学びを加速させてください。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録