慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

インプットからアウトプットへ直行すると失敗する

レポートの勉強は、大きくインプットとアウトプットに分類されます。

 

このとき、インプットからアウトプットへ直行すると失敗します。インプットした内容をうまくアウトプットするための過程が抜け落ちているためです。

 

その過程がアウトライン作成です。

 

アウトラインはレポートの論点を視覚化し、論理的な展開を可能にします。このページでは、アウトラインの作り方について、説明型レポートと論述型レポートに分けて説明していきます。

アウトライン作成の意義

レポート作成の大きな壁は、論理的な展開です。インプットしたことのうち、レポートに必要なことは何かを判断できないといけません。さらに、それをどのような順序で展開するかまで考える必要があります。

 

このように論理的なレポートには、「項目」と「順序」という2つの指標があります。これらは文献内に混在しているため、アウトプットの前に整理しておく必要があります。

 

これがアウトラインの役割であり、レポートに必須となる理由です。

 

アウトライン作成は、必ず「図示」しながら行います。図示すると言っても「項目A→項目B→項目C→・・・→結論」というように、項目と順序さえ明記しておけば、フォーマットは自由です。

 

このとき、アウトラインが一本の直線でつながっていなければ、論理性に何かしらの問題があると言えます。前後の内容が?み合っていない「矛盾」や因果関係が明確でない「飛躍」が考えられるため、丁寧に確認していきます。

 

図示のメリットは、こういった論理的な問題点を修正できるだけではありません。

 

特筆すべき点や論点を発見できます。

 

アウトライン作成の方法は、説明型レポートと論述型レポートで異なりますが、両者に共通することは、基礎から応用に向けて展開することです。

 

必ず概念から説明を始め、課題に沿った結論を出します。一口に概念と言っても、色々な場合について細分化して考えることで、考察の一助となることもあります。

レポートタイプ別アウトライン

説明型レポートの場合、「答え」という決まったゴールはありません。全体を網羅することが要件なので、挙げるべき項目をピックアップします。

 

例えば、「真理関数理論について説明しなさい」というレポート課題があるとします。

 

これは説明型レポートなので、まずは説明項目をピックアップします。

 

「真理表、正しい推論、記号化、恒真、論理式…」

 

次に行うことは、これらを基礎から応用に並べることです。

 

レポートでは、初出の概念を突然用いることはできないので、すべての基礎的概念を一度説明しておく必要があります。

 

例えば、恒真という概念は、論理式を真理表によって分析した結果です。そのため、「論理式→真理表→恒真」という順序で説明します。

 

また、恒真によって正しい推論が規定されるので、「恒真→正しい推論」と展開します。これらはすべて記号によって述べるので、まず最初に記号化を説明しなければ論理的展開とは言えません。

 

このようなわけで、「記号化→論理式→真理表→恒真→正しい推論」と展開します。

 

一方、論述型レポートは答えを出すことが要件です。まずは答えを見つけ、そこから逆算して述べるべき項目を決めていきます。

 

例えば、「民主主義体制の定着条件について考察しなさい」という課題があるとします。ただ、単に定着条件を書くだけでは、3行程度で終わってしまいます。

 

そこで、その答えを出すまでの経緯を順序立てて述べる必要があります。

 

このとき必要になるのは、答えからの逆算的思考です。

 

今回は、「1人あたりGNPが高いこと」が、民主主義体制の定着条件だとします。そこで考えることは、「1人あたりGNPが高い社会とはどのような社会か」です。

 

それは、MDP社会です。

 

MDP社会は富のある社会なので、「MDP社会→1人あたりGNPが高い」と言えます。次に考えることは、「MDP社会の特徴とは何か」です。

 

それは、権力分散のシステムと教育制度の整った社会です。次に考えることは、「これらの特徴は、何を反映したものか」です。

 

それは、議会政治です。実際に議会政治であれば、少数の指導者に権力が集中しないよう、選挙をはじめとしたさまざまな手続きが存在します。次に考えることは、「議会政治とは何か」です。

 

それは、民主主義の概念そのものです。国民の意思を反映するという事が民主主義の定義だからです。

 

こうして、「民主主義の概念→議会政治→システム→MDP社会→1人あたりGNPが高いこと」というように、述べる項目と順序が明確になれば、論理的な展開が可能になります。

関連ページ

レポートを学ぶ際の順序
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの形式と内容はどちらから学べば良いか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート作成におけるインプットとアウトプットの黄金比
正しいマインドセットを持つことから始まります。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約がはかどる一行要約とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
一行要約の実例
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
文献の「どこ」を引用するか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
結論へのアプローチを定める方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で受かるレポートは全て同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
卒業に必須となる図書館活用術
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録