サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

論述型レポートの書き方記事一覧

論述型レポートの要件

レポートには2つの要件があります。1つは説明、もう1つは論述です。このうち、論述を要件とするレポートを「論述型レポート」と呼びます。論述型レポートでは、具体的な問題に対して論じ、答えを出します。答えを出すために必要なものは、何と言っても「問い」です。問いがなければ、答えは出ません。そこで、まず問いを...

≫続きを読む

論述型レポートの形式と役割

レポートの形式は大きく、「序論・本論・結論」に分けられます。ただ、細かいルールもあるので、これらは丸暗記するより、なぜそうなるかを理解することが大切です。レポートには、「学問」、「議論」、「公共性」、「客観性」といった基本的な性質があります。レポートの形式は、これらと密接に関係しています。まず、レポ...

≫続きを読む

節の作り方

レポートには、節は必須です。たまに節を作らずに一本調子のレポートを書く人がいますが、それでは良いレポートは書けません。これには理由があって、節なしで書こうとすることは、レポートの目的を果たす上で、不利にしか働かないからです。そこで、このページでは、レポートの節立ての仕方について解説していきます。論述...

≫続きを読む

問いの設置

論述型レポートでは、特に「問い」重要です。ただ、多くの人はこのことをイマイチ理解できていません。そこで、このページでは、問いの重要性についてなるべくかみ砕いて説明していきます。私が「問い」の存在を初めて知ったのは、慶應通信の3年目の終わり頃で、まさにレポートに悩んでいたときでした。その悩みは今から思...

≫続きを読む

分析的なテーマ設定

単なる作文と小論文やレポートの違いは、明確なテーマを持っているかどうかです。そのため、序論の段階で、ある程度勝負は決まっています。漠然としたテーマでは、高度な論述などできないからです。このことについて理解してもらうために、一度レポートから離れ、別の文章を扱いたいと思います。小学生の時に書いた「作文」...

≫続きを読む

考察と感想の違い

レポート課題の中には、「考察を加えなさい」という指示があります。この「考察」という言葉は日常用語と学術用語の中間にあるため、なんとなく理解できる反面、完全にその意味を把握している人は少ないと言えます。ただ、この認識がアヤフヤなままレポートを書くと、的違いな文章になってしまい、要件を満たすことができま...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録