サスペンスドラマ

レポート合格に必要不可欠なアウトライン作成。実例を挙げて説明します。

下書きの前に勝負は決まっている

レポートの書き方を完璧に理解してもらうには、書くまでの準備についてお話しする必要があります。準備の段階で、完成形の質とそこまでの時間はほぼ決まるからです。

 

実際のところ、レポート初心者ほど下書きまでの時間が早く、レポート上級者は完成までの時間が早いと言えます。ここら何が見えてくるかと言うと、上級者は初心者がやっていないことに時間を使っており、それがレポートを加速させているということになります。

 

つまり、自分の能力以上にレポートの質を上げる超重要な要素があるのです。それが、レポートのアウトラインを作る事です。

 

受かるレポートは、アウトラインの上に作成されています。「本を読む→下書き」ではなく、「本を読む→アウトライン作成→下書き」という流れを体に染み込ませてください。

 

レポート上級者ほど準備に時間をかけ、一気に終わらせるのです。

アウトラインについて知ろう

アウトラインとは、レポート構成のことです。テーマ、論点、節立てなどを決め、スタートからゴールまでの大まかな流れを書き出します。これによるメリットは、いくつもあります。

 

レポートの目的がはっきりする

自分がレポートの中で、中心的に述べたいこと(=テーマ)を明確にすることができます。慶應通信では、文字数が多いレポートが優れているわけではありません。内容がうまくまとまっているシンプルなレポートが評価されます。

 

レポートの全体像がはっきりする

「どこで」「何について」「どれだけ」述べていくかが一目瞭然になります。必要な分を過不足なく論じることができます。

 

目の前の課題がはっきりする

単純にレポートを書き上げるスピードが上がります。余った時間を他のレポートに使えるようになります。どんなレポートにするか決まってから下書きしていくのと、それを考えながら下書きしていくのでは、質も時間も変わるのは当たり前のことです。

受かるアウトラインの作り方

それでは次のようなレポート課題の下で、合格レベルのアウトラインの作り方をお見せします。

 

江戸時代の上層農民と下層農民の違いについて述べよ。

 

この課題の特徴は、農民のどこに注目すればよいか分からないということです。一口に違いと言っても様々なアプローチができるので、この課題からは具体的なテーマが見えません。

 

そこでテーマを具体的に決める必要があります。例えば私ならこのようなテーマにします。

 

衣食住の違いについて

 

このようにレポートのテーマを決めることで、論じる題材と範囲を限定することができます。

 

しかし、それだけでは結論を引き出すことはできません。そこで問いを立てます。

 

例えば次のような問いを立てます。

 

上層農民と下層農民の衣食住の違いから何が言えるだろうか?

 

問いは「〜?」の形の疑問文で設定します。この問いに答えるために本論を展開し、結論を出します。

 

このようにテーマと問いによって、あっという間に本論の見通しがつくということを理解してください。

 

次に考えることは節立てです。問いの解答を出すために、本論ではどんな節を立てればよいかを考えます。

 

節立てのポイントは、結論から逆算することです。結論を出すために必要な内容を見つけ、それらを並べ論理性をチェックします。こうしてできた結論への階段が、節になります。

 

そのため、節には節ごとのテーマがあります。実際の文章を考える必要はないので、節ごとの大まかな内容を決めておきましょう。

 

今回は農民生活について述べるため、「衣」「食」「住」で1つずつ節を立てます。それぞれの節で上層農民と下層農民ごとに衣食住を述べ、最後にその差異に対して考察を加えるという形になります。

アウトラインの例

第一節:衣服
上層農民と下層農民の衣服に関する説明

 

第二節:食事
上層農民と下層農民の食事に関する説明

 

第三節:住居
上層農民と下層農民の住居に関する説明

 

第四節:考察
上層農民と下層農民の差異に関する考察

 

 

以上が本論のアウトラインです。

 

今回の様に第一節から第三節までの説明を受けて、第四節で考察を加えるのは、非常にオーソドックスな手法です。論述の流れは「テキスト理解→考察」であり、テキストの内容をまとめた後で設問に答えるというセオリーを守ってください。

 

最終節は、設問に答えるために用意してあります。ですから、第四節につなげるために、第一節から第三節で必要なことを述べておく必要があります。あいまいな記述を避けることで、両者の差異が浮かびあがるので、それが考察の糸口になります。

 

あとはこのアウトラインに沿って書いていくだけで、まとまった印象が持たれるレポートができます。なお、分量を抑えたい場合は、第四節の内容をこの後に来る結論に取り入れても構いません。

 

こういったアウトラインの作り方は無料メルマガ内で講義していますので、こちらから学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
アウトラインを作る方法
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録