サスペンスドラマ

テキスト批評を学ぶとレポート作成にどのようなメリットがあるのか。

テキスト批評の方法

レポートには形式上の様々なルールがありますが、文章の作り方も何種類も存在します。

 

レポート課題を見ると、「要約」「説明」「論述」「考察」「批評」といった用語を頻繁に目にします。これらの文章は、課題によっては同義と捉えてよい場合もありますが、厳密には意味は異なります。正確に把握しないと、課題の趣旨をはき違えてしまう場合や不備で減点されることもあります。

 

特に、要約と考察はまったく違う目的を持った文章ですので、きちんと区別しておくことが大切です。これらの違いは、テキスト批評という勉強を通して学ぶことができます。

 

テキスト批評とは、レポートの練習にために作られた勉強法です。内容は、テキストを読んで内容を理解したうえで、著者の主張に対して自分の主張を述べるといったものになります。これを見て分かる通り、テキスト批評は一般的な論述と似ているため、レポートの良い練習になるのです。

 

まず、批評という言葉について説明します。字が似ているため批判と混同してしまいそうですが、これらは異なる概念です。

 

批評とは必ずしも批判するわけではなく、批判的な検討を必要とした文章になります。つまり批評とは議論の仕方を表す言葉であり、原文に対して問題提起をした後、賛成か反対かを述べます。そのため、過程が正しければ最終的に著者の意見に賛成であっても良いのです。

 

無批判に賛成したり、頭ごなしに否定するのは批評ではありません。賛成または反対という立場を取るためには、自分なりの分析が必須です。このようなわけで、テキスト批評によって根拠を述べる方法を学ぶことができます。

 

他にも、レポートの論理性を高める上で、テキスト批評の恩恵は非常に大きいと言えます。レポートの中で、自ら反論を用意し、それに打ち勝つという展開を利用すれば、より強固な主張を展開できます。このような議論のパターンを身につけることができます。

テキスト批評の方法

テキスト批評とは、テキストのある内容に対して、賛成又は反対という自分の立場を明らかにすることです。レポートと同じようにテキスト批評には形式があるので、それを説明します。(レポートの形式とは、似て非なるものですので、注意してください)

 

テキスト批評の形式

 

@要約

 

A問題提起

 

B議論

 

かなり簡略化しましたが、テキスト批評は大まかに上記3点で成り立ちます。@で文献の要約をして、Aで筆者の主張に対して問題意識を表明し、Bで筆者に賛成か反対かといった最終的な結論を述べます。

 

上記3点は互いに関連しており、相互の役割を理解することでレポートに活かすことができるので、1つずつ説明していきます。

 

要約

要約とは、文献の内容をまとめることです。派生的なことは省き、重要な点だけ書くことが求められるので、あまり長くなってはいけません。その際役立つのは、一行要約という勉強法です。一行要約とは、文献の内容を段落ごとに一行でまとめておき、最後にそれらを文章に組みたてる方法です。

 

問題提起

問題提起とは文献の内容が本当に正しいかどうかを疑うことです。要約の中から筆者が特に重視している点をピックアップし、批判的検討の意を示します。

 

議論

議論とは、問題提起したことについて、再検討する過程です。反例を挙げたり、またそれに反駁したりすることによって、最終的にテキストに賛成か反対かを示します。テキスト批評ではこの最終的な態度が重要なのであって、この点では必ずしもレポートと同じではありません。

関連ページ

レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを作る方法
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の方法
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録