サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの文章記事一覧

下書きの際の注意点

下書きの際に気をつけることは、誤字脱字のチェックではありません。きちんと課題に答えているかのセルフチェックになります。文章を書いている途中で、「何が聞かれているか」を忘れてしまうことは多々あります。アウトラインさえ作っていれば、課題から大幅にそれることはありませんが、それでも重要なことを文章化してい...

≫続きを読む

レポート用紙の使い方

このページではレポート用紙の使い方について説明していきます。ただ、最初に言っておきますが、レポート用紙の使い方には厳密な規定はありません。人によって様々な違いがありますが、合否には関係ないため、あまり神経質になる点ではありません。そのため、特に気を付けるべき点だけ説明しておきます。まずレポート用紙に...

≫続きを読む

公共性のある文章とは

すべての文章には、本質的に求められる「性格」があります。レポートには2つの性格があって、それを理解せずに文章を書くというのは、相手の性格を無視して会話するのと同じです。それではレポートの神様に嫌われてしまうので、まずはレポートの性格を知り、正しく対処することが重要です。さてレポートの文章には、「公共...

≫続きを読む

客観性のある文章とは

手紙、メール、作文、感想文、報告書など、世の中には様々な種類の文章があります。これらの文章は個々の性格を持っており、書き手はそれを配慮した上で書かないといけません。当然、レポートの文章にも独特な性格があります。その性格を無視して文章を書いていると、知らず知らずレポートの神様に見放されます。そこで今回...

≫続きを読む

論述とは何か

自分のレポートを読み返したとき、「なんか論文っぽくない!」と感じる人がいると思います。実際のところこれは、今までレポートを書いたことのない人なら、だれもが突き当たる壁です。そこでこのページでは、何の変哲もない文章を論述にまで高める方法について説明していきます。

≫続きを読む

なぜ文献からのコピペではダメなのか

レポートではよく、文献やサイトからのコピペが問題になっています。たとえ一文でもコピぺすると、そのレポートは無効になり、即返却されます。この場合、提出した事実そのものが無効になるため、科目試験も受けることができません。また、反省文の提出などの処罰も待っています。しかしながら、同じコピペでも、逆に評価を...

≫続きを読む

要約力上達のコツ

レポートの文章の1つに「要約」があります。要約はそこまで専門的な知識を必要としないので、自己流でも何とかなりますが、正しい知識を持っていた方が効果的に行えます。多くの人は要約をする際、テキストのコピペを行います。ただ、これは要約ではなく、テキストの劣化版コピーです。要約とは、読んで字のごとく「要」点...

≫続きを読む

分かりづらい文章の3つの特徴

これまでたくさんの方の文章に触れて思うことは、文章は本当に十人十色だということです。まったく同じ指示を出しても、180°異なる文章ができあがるからです。誰もが通る失敗として、「分かりづらい文章」を書いてしまうということがあります。分かりづらい文章には、・単純に長い・言葉が難しい・論理の分断といった特...

≫続きを読む

テキスト理解を示す「説明」とは

レポートの文章の1つに「説明」があります。説明にはレポート上重要な役割があるので、それについて説明していきます。レポートは、根拠のある者通しの対話です。テキストとの対話により、議論を進めます。これは、「テキスト理解を示したうえで、自分なりの主張を述べる」という意味です。図示すると「テキスト理解→考察...

≫続きを読む

考察についての大まかなイメージ

「考察を加えなさい」と言うと、何をすればよいのか分からない人が続出します。ただレポートは、「テキスト理解の上に、主張を述べる」というのが原則です。これは図式化すると、「説明→考察」となるので、考察はレポートの必須要素であることが分かります。そのため考察の加え方を学ぶことは、慶通生にとって避けて通れま...

≫続きを読む

節立てのパターン

節の作り方は多岐にわたるので、絶対に正しいというものはありません。議論に様々なパターンがあるのと同じように、節立てにも様々な方法があります。例えば、皆で意見を出し合ってから、それをまとめていくという形式の議論があります。また、少数の人が力強く持論を展開し、それを周りの人が理解するという形式の議論もあ...

≫続きを読む

受かるレポートの文章のまとめ

このページでは、レポートが本来的に有する性質について講義を進めていきます。レポートが本来的に持っている性質として、〇レポートは客観性を持った文章である〇レポートは公共性を持った文章であるこの2点があげられます。まずは公共性から説明していきます。

≫続きを読む

正しい文章と「受かる文章」は違う

よく勘違いしている人がいますが、レポートは「正しいことを書いていれば受かる」というものではありません。テキストや文献通りの内容を書いているのに落とされるということは多々あります。つまり、正しい文章と実際に受かる文章の間には壁が存在します。そのためあなたは正しい文章ではなく、受かる文章を書けるようにな...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録