サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの読解記事一覧

テキスト理解がレポートに及ぼす影響力

レポートの勉強には、「読み書き」という2つの要素がありますが、このうち「書く」作業ばかりが注目されます。確かに「形式」や「考察」といったレポートの主要な要素は、すべて「書き」に関するものです。ただ、印字された文章がすべてのレポートの世界において、実は読み、つまり「読解」の方が圧倒的に大切です。実際の...

≫続きを読む

テキスト理解のマインドセット

文章というものは、「物語文」と「説明文」に大別できます。これらは読み方(注目する場所)が違います。物語文の代表は、小説です。小説では登場人物の心情を予想する必要があるので、「いい人になって読みなさい」というのがアドバイスになります。それに対して、説明文の答えはすべて本文中にあります。したがって内容と...

≫続きを読む

レポート課題を正しく理解する方法

多くの人は「レポート課題神話」を描いています。それは、レポート課題には必要なことが全部載っていて、字面通り受け取ればよいという思い込みです。ただ実際には、レポート課題には具体的な指示は何も書いていません。そのためレポート課題はかなり不完全な文だと認識するべきであり、信頼するのではなくいかにして不完全...

≫続きを読む

参考文献の条件

レポートに客観性を付与するためには、参考文献を直接引用してしまうのが最も手っ取り早い方法です。この参考文献ですが、いまいち使い方を理解していない人が多いので、この-ページでは効果的な使い方について説明していきます。

≫続きを読む

テキスト履修要綱の指定参考文献

レポートを書くのに使用した文献を「参考文献」といいます。実際のところ、レポートの質は参考文献によって決まります。良い参考文献を見つけることができた時点で、そのレポートは成功したも同然なので、参考文献の選定基準を学んでください。

≫続きを読む

課題からテーマ設定する方法

どんな文章にも「テーマ」というものがあります。それは文章の題材のことであり、支離滅裂な内容になるのを防ぐため、基本的にすべての文章はテーマを持っています。今回は、レポートのテーマについて説明していきたいと思います。さて、テーマには文章を書くのを促進するものと抑制するものがあります。例として「作文」を...

≫続きを読む

意味不明な参考文献にあたったときの対処法

参考文献を読んでいると、突然意味の分からない文章が出現します。しかもそういった文ほど、重要な内容であることが多いので、やっかいです。このページでは、このような場合の対処法を教えます。

≫続きを読む

文字数を増やす方法

レポートの勉強は、大きく「読む作業」と「書く作業」に分けられます。このうち、文献を読む作業をインプットと言います。すべてのレポートは、文献を読み、知識を集めることから始まります。これは自分の足を使って資料集めに奔走する事を意味します。慶應通信もデジタル化が進んできましたが、こういった地道な作業が無く...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録