サスペンスドラマ

慶應通信を最短卒業するなら最初にレポートの書き方を学ばないと無理。その理由とは。

慶應通信を4年で卒業する方法記事一覧

最短卒業は可能か?

4年間で卒業するためには、最初の2年間で総合教育科目を履修し、3年目に卒論登録と100単位に到達させる必要があります。その上で4年目は卒業論文を中心に勉強しつつ、10月試験までに残る16単位を履修します。ただ、これを実現することは、ほとんど不可能です。理由はいくつもあります。まず、最初の2年間で総合...

≫続きを読む

4年卒業のマインドセット

4年卒業するためには、適切なタイミングで適切な内容を勉強しなければなりません。概略としては次のようになります。1年目:大学教育の目的、レポートの形式、科目試験対策の方法を学ぶ2年目:テキスト批評の仕方、参考文献の使い方、説明型レポートの書き方を学ぶ3年目:学問の概念、考察の加え方、論述型レポートの書...

≫続きを読む

普通課程の最短卒業プラン

ほとんどの入学生は、絶対に4年間で卒業したいと言います。私のところにもメルマガや個別指導を通じて、「どうすれば4年卒業ができますか?」という質問が多数寄せられます。この質問に対しては、非常にシンプルに答えることができます。年間30単位取得1年間で完成できる卒論テーマの選択以上2点を守るだけで、最短卒...

≫続きを読む

特別課程の最短卒業プラン

特別課程は、普通課程と比べ、以下の点で優遇されています。3分野科目のテキスト単位24単位以上→6単位以上(18単位免除)各分野から2科目以上6単位以上→1科目以上4単位以上最短卒業4年→3年また、選択外国語科目や保健体育科目のいずれかを取らない場合は3分野科目の合計が36単位以上になり、両方を取らな...

≫続きを読む

卒業マップ

入学から卒業までの流れは、おおまかに次のようになります。このページでは、特に大きなイベントを中心に説明していきます。入学→卒論登録→卒論指導→卒論提出→卒業5月の卒論指導を希望する場合は2月初旬までに、10月の卒論指導を希望する場合は8月初旬までに、卒論登録を行う必要があります。その際留意すべきこと...

≫続きを読む

卒業までに学ぶべき3つの内容

マラソンでは1位の人も最下位の人も、同じコースを走ります。これと同じように、慶應通信では最短卒業の人も12年卒業の人も、入学から卒業までに同じ勉強をします。慶應通信を卒業するまでの勉強は、3つしかありません。これらは明確に学ぶべき時期が分けられるので、詳しく説明していきます。卒業までに学ぶべき3つの...

≫続きを読む

3種類の慶通ライフ

慶應通信の勉強スタイルは、ほぼ次の2つに分類できます。仲間を作る人一人で頑張る人よく学習塾の合格インタビューで、「一緒に頑張る仲間がいたから頑張れた!」という学生がいます。教育心理学の見地から言うと、この言葉は真だと断言できます。毎日顔を突き合わせるだけで、やる気というものは伝播します。塾に行くだけ...

≫続きを読む

あなたを成功に導く指導者の3条件

あなたが卒業できるかどうかは、指導者にかかっていると言っても過言ではありません。そのため、そもそも指導者を持たないという選択は論外です。慶應通信のような閉鎖的な環境にいると、こういった当たり前の思考ができなくなります。何か新しいことを始める時、一からすべて自分でやろうとするほど非効率なことはありませ...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録