サスペンスドラマ

慶應通信を最短卒業するなら最初にレポートの書き方を学ばないと無理。その理由とは。

4年で卒業する方法記事一覧

最短卒業は可能か?

4年で卒業するためには、最初の2年間で総合教育科目を終わらせ、3年目に卒論登録と100単位に到達させます。4年目は卒業論文を中心に勉強しつつ、10月試験までに残り16単位を取得する必要があります。しかし、これを達成するのはほとんど不可能です。その理由はいくつもあります。最初の2年で総合を終わらせるだ...

≫続きを読む

普通課程の最短卒業プラン

慶應通信を4年卒業したいという人は多く、私のところにも、「どうすれば4年卒業できますか?」という質問が寄せられます。この質問に対しては、私は非常にシンプルに答えることができます。必須項目は次の2点です。年間30単位取得1年で完成できる卒論テーマの選択以上の2点を守るだけで、最短卒業が可能になります。...

≫続きを読む

特別課程の最短卒業プラン

特別課程は、普通課程と比べ、以下の点で優遇されています。3分野科目のテキスト単位24単位以上→6単位以上(18単位免除)各分野から2科目以上6単位以上→4単位以上最短卒業が4年→3年また、選択外国語科目と保健体育科目のどちらかを取らない場合は、3分野科目の合計が36単位以上になり、両方を取らない場合...

≫続きを読む

卒業マップ

慶應通信の入学から卒業までをおおまかに説明すると次のようになります。卒業までのイベントを中心に説明しますので、レポート・科目試験・スクーリングの詳細は割愛します。入学→卒論登録→卒論指導→卒論提出→卒業このような流れです。卒論登録には条件があり、テキスト・スクーリングから決まった単位を取得します。卒...

≫続きを読む

4年卒業のマインドセット

慶應通信で最も効率的な勉強は決まっています。それは以下のように進めることです。1年目:大学教育の目的、レポートの形式、科目試験対策の方法を学ぶ2年目:テキスト批評の仕方、参考文献の使い方、説明型レポートの書き方を学ぶ3年目:学問の概念、考察の加え方、論述型レポートの書き方を学ぶ4年目以降:卒論このペ...

≫続きを読む

卒業までには3つのことを勉強すれば良い

マラソンでは1位の人もビリの人も同じコースを走るのと同じで、慶應通信を卒業するには最短卒業でも12年卒業でも同じ勉強をします。卒業までにするべき勉強は3つしかありません。これらの勉強は学ぶべき明確な時期がありますので、詳しく説明していきたいと思います。3つの勉強とは何かと言うと、第一にレポートです。...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録