慶應通信の「慶應通信の歴史(西洋史)」のレポートをお見せして、歴史科目における説明と考察の書き方を解説します。アメリカ独立革命を扱っています。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

歴史(西洋史)のレポート

歴史科目のレポートの進め方は、「史実の説明→考察を加える」となります。レポートの一般的な手順は、「テキスト理解→考察」なので、テキスト理解の部分を歴史の知識に当てはめた形となります。

 

歴史科目の「考察」には、特徴があります。史実に考察を加えるとはどういうことかと言うと、歴史的事実を説明して、その事実から何が言えるかをまとめるということになります。

 

今回は、「歴史(西洋史)」のレポートを使って、説明と考察の書き方について説明していきます。

 

レポート課題を見てみましょう。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります

 

「印紙法」に対する抵抗運動を発端として、合衆国憲法成立に至るまでのアメリカ革命の経過を概観し、この革命の歴史的意義について説明してください。

 

総合教育科目なだけあって、とても親切なレポート課題です。レポート課題に従って進めるだけで、レポートの流れが完成するからです。(総合教育科目のレポートの書き方については、こちらのページをご覧になってください)

 

今回のレポートに記述すべき項目は、次の2点です。

 

アメリカ革命の経過を説明する

 

革命の歴史的意義を考察する

 

これらは上述の史実と考察に該当します。レポートの大まかな流れが決まったので、細かいステップを決めていきます。

キーワードを書き出す

レポートの流れを細分化する際、「節」という概念が必要になります。レポートには「説明」と「考察」という2つの要素があるので、それに応じて、「説明節」と「考察節」が必要になることが分かります。(節の作り方はこちらのページをご覧ください)

 

節立ての際気を付けることは、説明節の数です。説明すべき項目ごとに節を作っていくので、予めキーワードを用意しておきます。

 

今回のキーワードを書き出していくと、

 

革命の背景=印紙法への反発

 

革命の発端=茶法と大陸会議

 

革命の重要な事件=『コモンセンス』とアメリカ独立宣言

 

憲法に関する事件=合衆国憲法成立までの紆余曲折

 

このようになります。キーワードを明確にすることで、過不足なく説明することができるので、必ず行うようにして下さい。

 

なぜこのように言うかと言うと、説明型レポートで失敗する原因は、「情報の漏れ」が圧倒的多数を占めるからです。

 

例えば、アメリカ革命の説明の箇所はよく書けているのに、憲法の説明を適当に済ましてしまう人がいます。このような漏れがあると、それ以外を完璧に書けていても再提出となってしまうので、説明の際は十分気を付けてください。

 

キーワードが明確になった後、節立てをします。このとき、上記キーワードと対応させて節立てを行います。

 

その結果、以下のように節立てすることができます。

 

第一節:アメリカ革命の背景

 

第二節:アメリカ革命の流れ

 

第三節:合衆国憲法成立までの歩み

 

第四節:アメリカ革命の歴史的意義の考察

説明のポイント

それでは、実際のレポートを見ながら、「説明」の書き方を学んでいきましょう。

 

上述したように、レポートには「説明→考察」という2つの要素があります。説明は考察の材料になるので、事実の特徴について色濃く打ち出しておくことが重要です。

 

今回は第三節に注目して、考察に繋げられる説明の書き方を解説していきます。

 

第三節:合衆国大統領成立までの歩み

 

アメリカ合衆国は独立したものの、13の独立州のゆるい連合体にすぎず、中央政府である連合議会の権限が弱かったこともあって、政治的・経済的困難が続いた。そこで、強力な中央政府を樹立する気運が高まり、1787年にフィラデルフィアの憲法制定会議で合衆国憲法が作られた。

 

背景を説明する

 

まずは背景を説明し、その後少しずつ掘り下げていきます。

 

憲法制定までには、いくつもの困難が待ち受けていた。合衆国憲法を支持する連邦派と、これに批判的な反連邦派が対立した。連邦派と反連邦派には、イギリスのような中央集権支持者と、それに反対する州権擁護者などが混在しており、広く意見を出し合った。また、農業を中心とする北部の対立や、大きな群と小さな邦との対立なども絡むなど、様々な対立が見られたのである。しかしアメリカ合衆国は、これらの対立を乗り越えるのに十分なギブ・アンド・テイクないしは、妥協の精神を持ち合わせており、会議の雰囲気は終始紳士的であり、道理をわきまえていた。

 

「経過」を詳しく述べ、背景を補足する

 

背景について詳しく述べた後、合衆国憲法成立の過程について説明します。多くの説明項目を用意しておくと、その後の考察の助けになります。

 

この憲法は共和制民主主義を土台としていて、中央政府の権限を従来より強化する連邦主義を採択している。また、行政権は大統領率いる政府が行使し、立法権は各州から代表が集まる下院が行使し、司法権は最高裁判所が行使することも決めた。これにより、互いに抑制しあい、権力が一つに集中することを避ける三権分立の原則を定めた。

 

このように多角的に述べることで、合衆国憲法の意義、ひいてはアメリカ革命の歴史的意義が浮かび上がってきます。

考察の書き方

続いて、実際の第四節をお見せしながら、「考察」の書き方について解説していきます。(考察とは何かについては、こちらのページをご覧になってください。)

 

第四節:アメリカ革命の歴史的意義

 

アメリカ革命が起こった時代、植民地は本国に対して隷属関係にあり、それを覆すという事は経済的・政治的事情によりほとんど不可能とされていた。そのような状況の中、独立を成功させたこの革命の意義は、世界の独立運動の啓示となった点だと考えられる。また憲法において、世界初の導入である「成文憲法」、「三権分立」などを制定した点についても、後の民主政治に与えた影響は大きいと思われる。

 

考察とは、事実から何が言えるかを予想することです。歴史科目の場合、史実を積み上げていった結果、浮かび上がってきた事実を分析します。

 

例えば、「後に与えた影響」を述べることで、史実の全体的な位置づけを示すことができます。

 

このとき気を付けることは、主観を述べただけでは考察を加えたと認められないことです。レポートは感想文ではないので、完全なる主観を書いてはいけません。例えば、「この革命を学習して、〜が印象的であった。」などと書いてしまうと、評価はかなり下がります。

 

その際は、「〜と思われる」などとといった言葉を用いて、客観性を示しましょう。「〜と思う」は完全なる主観ですが、「〜と思われる」には「だれでも自然とそう思える(状況である)」という意味があるからです。

 

したがって、「根拠+〜と思われる」と締めくくることで、客観性を保持することができます。今後、あなたのレポートにも取り入れると良いでしょう。

 

こういったレポートに関する講義は、メルマガ内で詳しく解説しています。全100通の講義をすべて無料で受けられるので、こちらから登録して、学びを加速させてください。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる〜学習から学問への転換〜

関連ページ

「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方
実際の「論理学」のレポートをお見せして、正しい説明順序について説明します。
「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開
実際の「歴史(文学)」のレポートをお見せして、文学科目のレポートの書き方を説明します。
「生物学(第3回・完)」レポートで学ぶ、テーマと問いの設定
実際の「生物学(第3回・完)」のレポートをお見せして、レポートのテーマと問いの設定の仕方を説明します。
「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方
実際の「社会学史U」のレポートをお見せして、要約の仕方を説明します。
「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方
実際の「社会心理学」のレポートをお見せして、具体例の探し方を説明します。
「教育学」レポートで学ぶ、テキスト批評の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「国語学」レポートで学ぶ、文学鑑賞の仕方
国語学のレポートはことわざの歴史を勉強することで考察ができます。
「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語音声学」レポートで学ぶ、項目別の説明の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録