慶應通信の「生物学(第3回・完)」のレポートをお見せして、レポート課題からテーマと問いを設定する方法を解説します。サンゴ礁問題を扱っています。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

課題を読むと同時に、レポートの展開をイメージする

レポート課題を読んだ瞬間に、結論までの流れが思い浮かぶようになると、かなりのスキルが身についたと言えます。

 

これはそこまで難しくありません。次の能力を身につければ、誰でもできるようになります。

 

レポート課題の中から適切なテーマを決める

 

テーマ設定をすることで、「教授は何を求めているのか?」、「このレポートでは、どんなことを取り上げてほしいか」を明確にできます。それによって、課題から逸れたレポートになることを防ぐことができます。

 

今回は、「生物学」のレポートを使って、「テーマ設定」について説明していきます。

 

レポート課題は次のようになります。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。

 

さまざまな自然破壊から一例を取りあげて、その現状と原因を解説してください。その上で、自然から逸脱した存在である「人間」と、取り上げた自然破壊の例との関連を考察してください。

 

内容を整理すると、自然破壊の原因と現状を解説して、人間との関連を考察するというものになります。
したがって、前半でテキストの理解を説明し、後半で考察を加えます。

レポート課題からテーマと問いを設定する

おおまかなレポートの流れが見えましたが、まだ書き始めてはいけません。

 

テーマ設定をしていないからです。テーマとはレポート課題の内容を「〜について」の形でまとめたものです。

 

今回の場合、人と自然の共生という問題についてとなります。

 

ただ、このまま書くとかなり危険です。テーマだけでは具体的に論じる内容が見えず、話が拡散してしまうからです。

 

そこで、「問い」を設定します。問いとは、それに答えることでテーマについて説明できるような疑問文です。

 

今回のテーマである「人と自然の共生という問題について」を説明するには、「自然との共生で、人ができることは何か?」という疑問文に答えることで、可能になります。

 

この問いに答えを出すことができたら、そこでレポートは完成します。

展開を決めてアウトライン作成

具体的な方向性が決まったので、アウトラインを作成します。

 

まずは、自然破壊の例を選ぶ必要があるので、「自然再生の重要性が述べやすそうな生態系とは何か」という視点で考えます。

 

私が選んだ自然破壊は、「サンゴ礁問題」です。理由は、サンゴ礁問題と海水面の上昇について詳しく述べられた文献が存在したからです。

 

そこで、文献の内容から下記のように展開を決めます。

 

気候変動とサンゴ礁問題の関連性について説明する

 

サンゴ礁の現状について、人との関連で述べる

 

自然との共生について考察を加える

 

これをもとに、具体的に節立てしていきます。

 

序論

 

年々深刻化している環境問題のうち、「サンゴ礁問題」を取り上げ、その原因と被害について述べる。この問題を選択したのは、サンゴ礁は自然再生の重要性について理解を深めるのに最適な生態系だと考えたからである。「生態系の保護」について理解を深めた後で、自然との共生の上で。人間が取り組むべき事は何かについて考察していく。

 

第一節:気候変動

 

第二節:サンゴ礁の諸機能

 

第三節:温暖化と白化現象

 

第四節:サンゴ礁問題についての取り組み

考察を加えて結論を導く

それでは第四節を例に挙げて、結論の導き方を解説していきます。

 

第四節:サンゴ礁問題についての取り組み

 

根拠を必ず書く

レポートでは「なぜそう思ったのか」は必須です。自分の考えを述べるのは構いませんが、必ず理由はセットです。

 

共生に対する意識が低い社会を見る限り、私には地域レベルからの環境問題の普及が重要であるように思われる。環境保全に向ける個人の意識の高まりがなければ、国レベルの政策も最大限の成果を期待できないからである。

 

自分なりの考察を加える

具体例を出して、考察を加えます。現状を述べることで、浮かび上がってくる問題点を指摘しましょう。

 

その点で自然再生推進法(2003年)は良い発想に立っている。「地域主体での環境保全活動を求める」というこの法律は、内閣に相談窓口を設けているが、あくまで自然再生に対する一人ひとりの理解に重点をおくという特徴がある。しかしながら、サンゴ礁保護海域に沖縄県の石西礁湖と高知県の竜串湖を指定した他は、特に具体的な策定が見られない点が不安要素であり、今後の課題であると言える。

 

これだけでも十分ですが、別の視点からも考察を加えると、さらに評価が上がります。

 

また、世界各地ではサンゴ保全海域というものを設置している。これにより、サンゴ礁を侵食するウニ類の減少や海洋生物の多様性を実現しているという。このような保護海域の設置は、非常に効率の良いサンゴ礁保全政策と言えるが、漁業関係者や旅行関係者との利害との調整は無視できない問題となる。政策の決定に先立ち、これらの人たちとの相互理解が必要である。

 

世界規模での現状について、具体的に述べています。現状の長所だけでなく、問題点まで指摘すると考察が深まります。

 

結論を明記する

当レポートの問いである「自然との共生で人ができることは何か」に対して、解答を出します。

 

最後に、地球レベルの対策を述べておく。日本では2007年に第3次生物多様性戦略が打ち出され、生物多様性と地球温暖化の関係が大きく取り上げられた。この中で、農林水産省や環境省はサンゴ礁保全のための具体的な指針を掲げているのだが、これはサンゴ礁に限った話ではない。人間と自然の共生を実現するには、温室効果ガスの排出量の削減が早急の課題と言えるのである。

関連ページ

「歴史(西洋史)」レポートで学ぶ、歴史科目における説明と考察の書き方
実際の「歴史(西洋史)」のレポートをお見せして、歴史科目のレポートの書き方を説明します。
「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方
実際の「論理学」のレポートをお見せして、正しい説明順序について説明します。
「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開
実際の「歴史(文学)」のレポートをお見せして、文学科目のレポートの書き方を説明します。
「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方
実際の「社会学史U」のレポートをお見せして、要約の仕方を説明します。
「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方
実際の「社会心理学」のレポートをお見せして、具体例の探し方を説明します。
「教育学」レポートで学ぶ、テキスト批評の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「国語学」レポートで学ぶ、文学鑑賞の仕方
国語学のレポートはことわざの歴史を勉強することで考察ができます。
「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語音声学」レポートで学ぶ、項目別の説明の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録