私が合格したレポートを公開し、なぜ合格できたのかを分析します

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

HPでは公開していない科目に関しては、メルマガ内だけで実践的講義を行っております。無料登録はこちらから。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

合格レポート公開分析記事一覧

「歴史(西洋史)」レポートで学ぶ、歴史科目における説明と考察の書き方

歴史科目のレポートの進め方は、「史実の説明→考察を加える」となります。レポートの一般的な手順は、「テキスト理解→考察」なので、テキスト理解の部分を歴史の知識に当てはめた形となります。歴史科目の「考察」には、特徴があります。史実に考察を加えるとはどういうことかと言うと、歴史的事実を説明して、その事実か...

≫続きを読む

「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方

このページでは、「論理学」のレポートについて説明していきます。「論理学」と聞くと、なじみのない学問だと思われますが、実はほとんどの人が一度は勉強したことがある分野になります。もっとも有名なのは数学の「証明」で、図形の証明の考え方は、実は「論理学」で扱う範囲なのです。それでは、レポート課題を見ていきま...

≫続きを読む

「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開

「文学作品」と「文学」の違いは何でしょうか。この点が分かっていないと、文学レポートが読書感想文と変わらないものになってしまいます。「文学」はその名の通り、「科学」であり、「学問」の一体形です。レポートで扱う文学作品を単なる小説だと思ってはならず、科学的なテーマが複数混在して、1つの物語を作っていると...

≫続きを読む

「生物学(第3回・完)」レポートで学ぶ、テーマと問いの設定

レポート課題を読んだ瞬間に、結論までの流れが思い浮かぶようになると、かなりのスキルが身についたと言えます。これはそこまで難しくありません。次の能力を身につければ、誰でもできるようになります。レポート課題の中から適切なテーマを決めるテーマ設定をすることで、「教授は何を求めているのか?」、「このレポート...

≫続きを読む

「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方

慶應通信の社会学系統の科目は、レポートの合格ハードルが低いことで有名です。特にこの科目は、「社会学史T」と知識を共有できる他、科目試験ではテキスト持ち込み可という、珍しいほどお得な科目です。文学部の方は、このページを参考にして取り組んでみると良いでしょう。レポート課題は、次のようなものが出題されます...

≫続きを読む

「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方

「心理学」と言うと、「人の心」を読む学問と認識されています。ただ、この認識は間違っています。心理学は「人の心」といった抽象的な概念を対象とするのではなく、様々な統計的データをもとに、目に見える行動傾向を研究する学問になります。そのため社会心理学では、社会に存在する様々な場面における行動パターンを学ぶ...

≫続きを読む

「教育学」レポートで学ぶ、テキスト批評の仕方

慶應通信の教育学系科目は、難易度が高いことで有名です。テキスト内容が難解なので、何度も何度も読んで、不明点を1つ1つ紐解いていく必要があります。実際の課題を見てみましょう。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。教育学上の「古典」といわれる著作の中から各自「一点」を選び、各著作に現れた人間観や...

≫続きを読む

「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント

教育心理学は、私たちにとって身近な教育に関するテーマを扱う学問です。人の認知構造、個性の現れる仕組み、やる気を上げる方法など重要な示唆を与えてくれるので、親御さんを含め、教育に携わるすべての人にとって大変参考になる学問です。私にとっても思い入れが強い科目であり、この科目で卒論を書きたいと思ったから類...

≫続きを読む

「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方

「倫理学」とは、哲学のうち、善に関連した分野を扱う学問です。用語が難しく、テキスト内容の理解が難航する科目ですが、一度理解してしまうと、実は当たり前のことを述べていると気づくことも多々あります。文章や用語が複雑な理由は、それだけ入り組んだ内容を扱っているからに他なりません。したがって、論旨をきちんと...

≫続きを読む

「国語学」レポートで学ぶ、文学鑑賞の仕方

文学系レポートでは、「鑑賞」という独特な考察をします。文学作品自体は科学ではありませんが、科学的に干渉することで、科学として扱う事ができます。今回は、文学作品を科学的に鑑賞する方法を説明します。「国語学」のレポートでは、次のような課題が出ます。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。ことわざや...

≫続きを読む

「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方

慶應通信のレポート課題は、往々にして言葉足らずです。本来であればA41枚くらいで書くべき内容を、たった1・2行で表記することも少なくありません。したがって、文献以前に、レポート課題を読み解く読解力が必要です。それでは、次の「英語学概論」の課題からは、どのようなことが読み取れるでしょうか。レポート課題...

≫続きを読む

「英語音声学」レポートで学ぶ、項目別の説明の仕方

英単語帳の発音記号を目にしたことがあると思います。「英語音声学」を勉強すると、あの記号の意味を理解することができるようになります。今回は「英語音声学」のレポートを見せながら、書き方のコツを説明していきたいと思います。それでは課題を見ていきましょう。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。英語の...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録