サスペンスドラマ

レポートは、考察が必要。考察を加えるとはどういうことか。

考察とはなにか

「考察を加える」と言うと、何をすればよいのか分からない人が続出します。

 

レポートはテキスト理解の上に、自分の考えを述べるというのが原則です。これは図式化すると、「説明→考察」であり、レポートの必須要素であることが分かります。

 

考察の加え方を学ぶことは、慶通生にとって避けては通れない道なのです。そこで、考察のおおまかなイメージを知ってほしいと思います。

 

考察とは、一言で言えば、事実から何が言えるかを考えることです。

 

事実を述べるだけなら誰でもできます。しかし、その事実に基づいて、的確な意見を述べるというのは、簡単ではありません。

 

事実とは、レポートで言えば、文献の説明(要約)に該当します。その際気付きが多いほど、よい考察ができます。

 

例えば、「鎌倉幕府の成立は、1192年という説の他に、1185年という説がある。」という文は、単なる事実を述べた文です。

 

この事実に対して、「守護・地頭が置かれた1185年こそ頼朝の実質的支配がはじまった年であり、それゆえ1185年が鎌倉幕府始まりの年と考えられる」としたら、考察となります。

 

このように、「こういうことが言えるのではないか」というある事実から浮かび上がってくる別の事実を考えることが考察です。

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と要約の仕方
比較的易しいレポートの書き方です。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録