サスペンスドラマ

レポートは、考察が必要。考察を加えるとはどういうことか。

「考察を加えなさい」と言うと、何をすればよいのか分からない人が続出します。

 

ただレポートは、「テキスト理解の上に、主張を述べる」というのが原則です。これは図式化すると、「説明→考察」となるので、考察はレポートの必須要素であることが分かります。

 

そのため考察の加え方を学ぶことは、慶通生にとって避けて通れません。そこでこのページで、考察についておおまかなイメージを掴んでほしいと思います。

 

考察とは、一言で言えば、「事実から何が言えるかを考えること」です。実際のところ、単に事実を述べるだけであれば誰でもできます。ただ、そこから的確に意見を述べるとなると、急に難しくなります。

 

レポートにおける事実とは、テキストや文献内容の説明が該当します。そのため、まずはテキストの内容を一通り説明します。

 

このとき、テキスト内容に対して無関心だと次のステップに進めません。どんなに批判的なことでも良いので、自分なりの気付きがあると、考察の際役立ちます。

 

このことについて例を挙げて説明します。

 

「鎌倉幕府の成立は、1192年という説の他に1185年という説がある。」という文は、単なる事実を述べたものです。この事実から、「守護、地頭が置かれた1185年は頼朝の実質的支配がはじまった年なので、1185年を実質的に鎌倉幕府の始まりの年と考えることができる」と展開したら、考察となります。

 

このように、「こういうことが言えるのではないか」という、ある事実から浮かび上がってくる「自分なりの推論」が考察です。そのため、考察には合っている間違っているという厳密な決まりはありません。

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
論述とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ文献からのコピペではダメなのか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約力上達のコツ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の3つの特徴
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す「説明」とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節立てのパターン
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文章のまとめ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録