「教育学」レポで学ぶ、テキスト批判の方法

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

教育学系科目が難しい理由

慶應通信の教育学系科目は、難易度が高いことで有名です。テキスト内容が難解なので、何度も何度も読んで、不明点を1つ1つ紐解いていく必要があります。

 

実際の課題を見てみましょう。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。

 

教育学上の「古典」といわれる著作の中から各自「一点」を選び、各著作に現れた人間観や知識観そして教育論を、著作からの引用を付けながら批判的に分析してください。その際、テキストで展開されている教育分析の「視座」をふまえること。

 

このレポート課題が難しい理由は、次の3点に集約できます。

 

@「善くする」の概念の理解

 

A「善くする」こととマッチした具体例

 

B具体例を批評

善くするの理解

教育学には、「善くする」や「善」という概念が登場します。善については、「今より良い人になる」といったイメージで構いません。そして教育学とは、教育によって、この善を追い求める学問だと認識してください。

 

善の概念が抽象的なので、筆者によって解釈が違います。ただ、人が高度な水準に達することを善としているという点では共通しています。

 

例えば、学歴至上主義を掲げる人にとっては、東大に行くことが善であり、その過程で詰め込み教育を強要したとしても、その行為は教育的であると言えます。反対に、個性を重んじる人にとっては、詰め込み教育より想像的要素の多い遊びをさせることが善になるわけです。

 

そこで、このレポートの中では、何を善とするかを定義する必要があります。

 

私の場合、デューイの『学校と社会』を参考文献としたので、参考までに彼の教育善について、私のレポートを紹介します。

デューイの教育観

「興味をたんにあおったり、あるいはほしいままにすることと、その興味を指導することのあいだには違いがあるのであって、この差異こそわたしの強調したいことにほかならない。」(『学校と社会』P102より引用)とあるように、子どもの願望を分析せず、好きなだけ取り組ませるといった野放し状態は教育的ではなく、子どもの興味が活かされる方向性をもった教育を分析する必要がある。

 

このように文献から引用した後で、デューイが善をどのように考えているか補足します。

 

次に、彼がどのような知識を善と考えていたかに迫ります。これも文献から適切な箇所を引用していきます。

 

「自然にじかに触れることから得られて、しっくりと身についた知識、さらにそれら事物の社会的な必要性や用途についての知識を持つことが、教育の目的として重要な意義を持つのである」とあるように、知識は経験から得られたものだからこそ価値がある。経験から得た知識はその活用に際して、そうでない知識と質的な違いがある。実際に、産業革命以前の「家庭」という経済単位の中では、子どもたちがじかに経済生活の場に立つことができ、次の様な過程で知識を得ていた。

 

このように知識を育むことができる教育こそ善なので、具体的にどのような教育が該当するかを補足します。このとき、具体例を挙げると分かりやすくなります。

 

例えば、調理の時間に材料を計算させると、彼らは思いもよらず「分数の計算」の必要性を感じることができる。このような親近感や存在感が示唆された知識こそ教育的に意義がある。

テキスト批評

このようにデューイの思想を理解した後で、批評していきます。

 

批評とは、単なる批判とは違います。基本的に、筆者の立場を認めたうえで、自分の意見を補足するという方法になります。

 

批評をする際大切なことは、「本当にそうなのだろうか」という気持ちで、文献にあたることです。したがって、「テキストや文献の内容はすべて正しい」と思い込みがあると、批評できません。

 

それでは、実際のレポートを見ていきましょう。

 

私の教育上の問題意識は「どの様にして子どもが学習に目的性を見出すか」である。本節ではデューイの思想と関連させてこの問題に答える。まずは私が上の問いを立てた経緯から述べたいと思う。

 

〜中略〜

 

@そこでどのような指導が求められるかというと、子どもに課題に対する興味を持たせる。そのために子どもの好奇心を利用することが望ましい。

 

〜中略〜

 

Aこの様な学習を例示すると、かけ算「0×0」が分からない生徒がいたとする。まず教師は彼がかけ算の概念についてどこまで理解しているかを把握し、かけ算の基礎となる概念を与える。次にその概念から「0を0回足していくと…」というように答えを推量させ、解答を引き出す。そして最後の段階として、教師はこの計算がどのように生徒の生活に結びついているかを示す。

 

Bデューイは教育環境の変化により、勉強と生活が切り離されていると述べたが、いかに両者の連関を生徒に理解させるかが教育上の問題であった。

 

つまり私は知識を与える際に、それがどのようにして得られ、その後どのような場面で扱われていたかという歴史的側面を添えて提示すべきと思われる。

 

まず@で筆者の立場を認め、Aで具体例をあげています。

 

そしてBがテキスト批評です。デューイの意見をベースにしつつ、現実に即した方法を提示していることが分かります。

関連ページ

「歴史(西洋史)」レポートで学ぶ、歴史科目における説明と考察の書き方
実際の「歴史(西洋史)」のレポートをお見せして、歴史科目のレポートの書き方を説明します。
「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方
実際の「論理学」のレポートをお見せして、正しい説明順序について説明します。
「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開
実際の「歴史(文学)」のレポートをお見せして、文学科目のレポートの書き方を説明します。
「生物学(第3回・完)」レポートで学ぶ、テーマと問いの設定
実際の「生物学(第3回・完)」のレポートをお見せして、レポートのテーマと問いの設定の仕方を説明します。
「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方
実際の「社会学史U」のレポートをお見せして、要約の仕方を説明します。
「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方
実際の「社会心理学」のレポートをお見せして、具体例の探し方を説明します。
「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「国語学」レポートで学ぶ、文学鑑賞の仕方
国語学のレポートはことわざの歴史を勉強することで考察ができます。
「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語音声学」レポートで学ぶ、項目別の説明の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録