「英語音声学」レポで学ぶ、項目別の説明の仕方

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

典型的な説明型レポート

英単語帳の発音記号を目にしたことがあると思います。「英語音声学」を勉強すると、あの記号の意味を理解することができるようになります。

 

今回は「英語音声学」のレポートを見せながら、書き方のコツを説明していきたいと思います。

 

それでは課題を見ていきましょう。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。

 

英語の語強勢と文強勢についてとはどのようなものかを説明してください。

 

語強勢と文強勢のそれぞれについて説明する説明型レポートです。

 

具体的に何かを論じるのではないので、全体的に説明しきることが大切です。そのために、なるべく「分けて書く」という事が大切です。

 

実際のレポートを見てみましょう。

アクセントには法則性がある

第2節:音節構造と語強勢

 

1:二音節後の場合
動詞において
第二音節に注目したとき、長母音か二重母音を含む、もしくは二つ以上の子音が連続して音節が終わるならば、強勢は第二音節に置かれる。もし第二強勢に短母音か一つ以下の尾子音を含むならば、強勢は第二音節に置かれる。例えば、enterという単語は第二音節に短母音を含むため、強勢の位置は第一音節と予測できるのである。

 

形容詞において
上述した「動詞において」の規則と同様に強勢を受ける。

 

名詞において
第二音節に注目したとき、短母音を含む第二音節ならば強勢は受けず、第一音節に置かれる。例えばpencil[pen sl]という単語は第二音節に短母音を含んでいるので、第一音節が強勢を受ける。

項目別に分けるコツ

説明型レポートは、分かりやすさが重要です。そのために、項目別に整理します。

 

今回のレポートでは、発音の法則性について、音節数と品詞別に分けて述べています。

 

理由は、

 

二音節語と三音節語ではその法則が変わる

 

音節数が同じであっても品詞によっても変わる

 

ためです。その際、具体例も挙げて、過不足なく説明します。

 

「英語音声学」のような説明型レポートでは、全体を通して、このように説明していけば、合格レベルのレポートを書く事ができます。

関連ページ

「歴史(西洋史)」レポートで学ぶ、歴史科目における説明と考察の書き方
実際の「歴史(西洋史)」のレポートをお見せして、歴史科目のレポートの書き方を説明します。
「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方
実際の「論理学」のレポートをお見せして、正しい説明順序について説明します。
「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開
実際の「歴史(文学)」のレポートをお見せして、文学科目のレポートの書き方を説明します。
「生物学(第3回・完)」レポートで学ぶ、テーマと問いの設定
実際の「生物学(第3回・完)」のレポートをお見せして、レポートのテーマと問いの設定の仕方を説明します。
「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方
実際の「社会学史U」のレポートをお見せして、要約の仕方を説明します。
「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方
実際の「社会心理学」のレポートをお見せして、具体例の探し方を説明します。
「教育学」レポートで学ぶ、テキスト批評の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「国語学」レポートで学ぶ、文学鑑賞の仕方
国語学のレポートはことわざの歴史を勉強することで考察ができます。
「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録