慶應通信のレポートの書き方:レポート構成をイメージする節立て

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

節がないとどういう文章になるか

レポート初学者は調べた内容がすべて重要に思え、あれもこれもと詰込みがちです。その結果、書いた本人ですら何が言いたいか分からないレポートになってしまいます。

 

そのため、レポートを書く前に必要な内容を見極め、分かりやすい構成について考えないといけません。

 

これは、「節」なしには不可能です。

 

このページでは、節立てによるレポートのイメージ付けについて説明します。

 

まずは、節がないとどのような文章になるかを教えます。

 

節がないレポートは文章が延々と続くので、非常にまとまりの悪い印象を受けます。どこに何を書いているか把握できないため、同じことを繰り返し述べたり、論理構造が不明瞭になります。

 

また、節がないということは、論述の要素である「テキスト理解」と「考察」の区別もなくなります。異なる役割の文章を一緒くたに述べたら、自分とテキストとの間で双方向のコミュニケーションが取れず、論述として成立しません。

 

このようなわけで、レポートではあらかじめどこで何を述べるか決め、きちんとした分量でまとめる必要があります。

レポート課題をヒントに節立てする

このような問題は、節を作ることですべて解決します。

 

最も簡単な方法が、レポート課題に沿って節立てする方法です。

 

例として、次の課題を見てください。

 

「脳卒中の診断、治療法、現状について説明しなさい。」

 

この課題では、「診断」「治療法」「現状」が説明項目となります。説明項目を明確にするため、次のように節立てします。

 

第一節:診断

 

第二節:治療法

 

第三節:現状

 

このように節立てすることで、レポート課題に対する解釈を示せるとともに、必要な情報を再確認できます。

 

また、次の課題を見てください。

 

「文献を要約した上で、その書物の観点から現代社会について論じなさい。」

 

こちらの課題では、文献の要約と考察を行います。これらは役割が異なる文章なので、次のように節立てします。

 

第一節:文献の要約

 

第二節:現代社会についての考察

 

このように節立てすることで、テキスト理解に沿った考察が可能になります。考察の際は、現代社会のうち具体的な事象を選択し、それが文献内容とどのように矛盾しているかを述べることで、結論までの見通しを立てることができます。

 

ここまで読めば、節立てによって、レポートに必要な内容や分量を見極められることが理解できたと思います。実際に文章を書く前に、レポート課題をヒントに節立てを行い、文章の流れを整理し、構成を把握するようにしてください。

 

節立ての仕方については、こちらのページもご覧ください。

関連ページ

構成が分かりやすいレポートの特徴:章と節の基礎知識
レポートの章や節の基礎知識を説明します。
レポート構成の黄金比:「序論、本論、結論」の分量と目的
慶應通信のレポートにおける「序論、本論、結論」の分量と目的を教えます。
レポートによる議論の実例:「序論、本論、結論」が論述に果たす役割
論述を可能にする「序論、本論、結論」の形式を教えます。
論理的な文章の裏側にあるもの:レポートにおける述べる順序の重要性
慶應通信のレポートにおける述べる順序の重要性を教えます。
レポートの難易度を決める問い:レポートの根幹にある2つの形式
慶應通信のレポートの形式で守るべき2つのルールを教えます。
テーマと問いは何が違うのか?:レポートにおける必要性と関係性
慶應通信のレポートにおけるテーマと問いの違いを教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 無料メルマガ講義