サスペンスドラマ

慶應通信の「国語学」レポートではことわざや慣用句を鑑賞し考察します。その方法とは。

ことわざのレポートとは?

皆さんは、ことわざについて詳しく考えたことがありますか?

 

多くの人は、ことわざの意味を知ってお終いだと思います。
しかし、それでは少しもったいないです。ことわざは時代背景と一緒に捉えることで、見た目以上の深みと広がりをもちます。

 

今回は、国語学のレポートと一緒に、ことわざを勉強していきましょう。
国語学のレポートでは次のような課題が出ます。※著作権の関係上、課題の文章は変えてあります。

 

ことわざや慣用句の背景にある日本人の生活や人生観について、日本人の言語生活とくらしの関係から考察してください。その際、ことわざ・慣用句10種類以上とともに紹介すること。

 

「ことわざや慣用句を紹介しつつ、〜」とあるので、おおまかな構成は、文学系レポートと同じです。課題にある「日本人の言語生活」がテーマなので、これを細分化し、食事に関することわざや職業に関することわざなど、内容別に節を作ります。そのなかで「引用→考察」を繰り返し行い、言語生活とくらしの結びつきを発見します。

 

 

今回は、ことわざを鑑賞して、そこから考察を加える様子をお見せします。
次の文章を見てください。

箸は一本、筆は二本

ことわざは『暮らしの中のとわざ』(p80)より引用した。それによると「当時は作家というものは貧乏暮らしで、今とはまるで違う時代であった。」とある。自らの生計を筆一本で立てねばならない作家、また箸とはその生計を指していると考えられる。このことわざは、筆が一本立ちができないように、生活苦であるという作家の嘆きから生まれたと言えそうだ。たとえ作品が滞っていても「食」は不変につきまとう。何とも現実的な話であるが、当時の作家の厳しい現実と背中合わせにあった彼らの「職」への情熱も感じれる。「職」と「食」、夢と現実の板挟みにあった彼らの苦悩は絶えない。

 

 

考察のコツを説明します。
これは、一本立ちできない筆と二本で立っている筆を想像することから始まります。筆は作家の商売道具なので、「職」を意味します。そして箸は食事の道具なので、「食」を意味します。
こうして、「筆=職・箸=食」という構図が理解できると、このことわざは作家の収入と家計を比べていることが分かります。
行き先が常に不安定作家業は、まさに一本足で立つようにぐらぐらです。それに対して食事は、今月も来月も不変に付きまといます。そういう意味で箸は二本足で自立しているわけです。

 

つまり、このことわざは作家の生活苦を表しています。しかし、ただ「生活が厳しい」という表現より、このことわざはどこか趣を感じることができます。
それは、筆と筆が擬人的に想像することがもたらす作用であり、このことが筆者の狙いです。そこから、筆者自信が箸のように「自立」しようと頑張る姿を想像することができます。

 

 

憎まれっ子、世にはばかる

ことわざは『暮らしの中のことわざ』(p13)から引用した。このことわざを挙げることで、日本人の言葉への価値観を考察したい。挙げたことわざは憎々しい人に限って長生きするもので、実に図々しいという様を描き出している。ところで、「はばかる」という語に注目して、辞書で引いてみると「対象を敬遠する気持ちがあって、距離を置く」(『日本国語大辞典8』(p1113)より引用)とある。憎まれっ子が世間に遠慮して距離を置くなど、一般に解釈されている意味と程遠いので、言葉の動揺が起こっているのではないだろうか。『暮らしの中のことわざ』(p14)によると、本来「憎まれっ子、世にはだかる」だったという説があります。「はだかる」は「いばる、大きな態度をとる」(『日本国語大辞典』(p977)より引用)という意味です。「憎まれっ子」に続く言葉としては、「はだかる」の方がしっくりくるのだが、広く使われていくうちにしだいに言葉が変化してしまったと考えられる。そしてこれは耳で聞こえたとおりに発音してきた証拠でもある。文法的に誤った語が世の中に氾濫しても、これを受け入れ使用する。「相手に伝わればよい」といった言語生活における価値観を見ることができた。

 

 

このことわざは今も昔も、嫌われ者に限って長生きするという意味で使われてきました。そうすると、「はばかる」という言葉が長生きするという意味になります。少し変ですよね。

 

そこで、この部分を考察することが大切です。調べると、このことわざはもともと「憎まれっ子、世にはだかる」だったという説が出てきます。「はだかる」とは、「いばる、大きな態度をとる」という意味です。

 

そのうえで解釈すると、現在広まっている意味と一致します。これだとしっくりきますね。

 

次に、なぜこのことわざが変化してしまったかを調べることで、テーマ「くらしと言語の関係」にまで落とします。

 

文献によると、耳で聞こえたとおりに発音していくうちに、間違った方が広まっていったとあります。これには、聞いた言葉を自然に使うようになるという癖が関係しています。

 

確かに日本人ってなんとなく言葉を使い、いちいち調べたりしないですよね。それは昔から変わってないようです。これこそ日本人の言語生活であり、このように考察することで、課題に答えることができます。

関連ページ

「歴史(西洋史)」レポで学ぶ、説明と考察の書き方
慶應通信の歴史のレポートの書き方を説明します。説明と考察がポイントです。
「論理学」レポで学ぶ、必要項目の書き出し方
慶應通信の論理学レポートの書き方を説明します。論理的な推論は真理関数理論と量化理論を学ぶことで理解できます。
「心理学U」レポで学ぶ、記憶のメカニズム
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
「生物学(第2回)」レポで学ぶ、セントラルドグマの仕組み
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「生物学(第3回・完)」レポで学ぶ、テーマの決め方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「文学」レポで学ぶ、文学系レポートの本論展開の仕方
慶應通信の文学のレポートの書き方を教えます。感想文との大きな違いは科学的な分析をすることです。
「英語学概論」レポで学ぶ、具体例の挙げ方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「教育学」レポで学ぶ、テキスト批判の方法
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語音声学」レポで学ぶ、項目別の説明の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「社会心理学」レポで学ぶ、説明の仕方
慶應通信の社会心理学のレポートでは、データから浮かび上がる事実を述べます。
「教育心理学」レポで学ぶ、考察の加え方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「社会学史U」で学ぶ、要約の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録