慶應通信の「国語学」レポートではことわざや慣用句を鑑賞し考察します。その方法とは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

科学でない文学作品を科学にする

語学系レポートでは、「鑑賞」という独特な考察を行います。文学作品自体は科学ではありませんが、科学的な視点から眺めることで、科学である語学として扱う事ができます。

 

そこで今回は、文学作品を語学として鑑賞する方法を説明します。

 

著作権の関係上、レポート課題は掲載できないので、ご了承ください。

 

レポートのテーマは、次のようになります。

 

日本人の言語生活について

 

まずは、このテーマを細分化して、食事に関する諺や職業に関する諺など、内容別に節を作っていきます。そのなかで「引用→考察」を繰り返し行い、言語生活とくらしの結びつきを考察しましょう。

 

それでは、実際のレポートを用いて、諺を鑑賞していきます。

箸は一本、筆は二本

ことわざは『暮らしの中のとわざ』(p80)より引用した。それによると「当時は作家というものは貧乏暮らしで、今とはまるで違う時代であった。」とある。自らの生計を筆一本で立てねばならない作家、また箸とはその生計を指していると考えられる。このことわざは、筆が一本立ちができないように、生活苦であるという作家の嘆きから生まれたと言えそうだ。たとえ作品が滞っていても「食」は不変につきまとう。何とも現実的な話であるが、当時の作家の厳しい現実と背中合わせにあった彼らの「職」への情熱も感じれる。「職」と「食」、夢と現実の板挟みにあった彼らの苦悩は絶えない。

 

この諺に考察を加えるには、一本立ちできない筆と二本で立っている筆を想像することから始まります。筆は作家の商売道具なので、「職」を意味します。箸は食事の道具なので、「食」を意味します。

 

このように、「筆=職・箸=食」という構図を理解できると、この諺は作家の収入と家計の比較であることが分かります。

 

つまり、行き先が常に不安定な作家業は、まさに一本足で立つようです。それに対して、食事は今月も来月も不変に付きまといます。そういう意味で、箸は二本足で自立しているわけです。

 

このようなわけで、この諺は作家の生活苦を表しています。

 

しかしながら、単に「生活が厳しい」と表現するより、どこか趣を感じることができます。それは、筆と筆を擬人的に想像することがもたらす作用であり、筆者の狙いでもあります。そこから、筆者自信が箸のように「自立」しようと頑張る姿を想像することができます。

憎まれっ子、世にはばかる

ことわざは『暮らしの中のことわざ』(p13)から引用した。このことわざを挙げることで、日本人の言葉への価値観を考察したい。挙げたことわざは憎々しい人に限って長生きするもので、実に図々しいという様を描き出している。ところで、「はばかる」という語に注目して、辞書で引いてみると「対象を敬遠する気持ちがあって、距離を置く」(『日本国語大辞典8』(p1113)より引用)とある。憎まれっ子が世間に遠慮して距離を置くなど、一般に解釈されている意味と程遠いので、言葉の動揺が起こっているのではないだろうか。『暮らしの中のことわざ』(p14)によると、本来「憎まれっ子、世にはだかる」だったという説があります。「はだかる」は「いばる、大きな態度をとる」(『日本国語大辞典』(p977)より引用)という意味です。「憎まれっ子」に続く言葉としては、「はだかる」の方がしっくりくるのだが、広く使われていくうちにしだいに言葉が変化してしまったと考えられる。そしてこれは耳で聞こえたとおりに発音してきた証拠でもある。文法的に誤った語が世の中に氾濫しても、これを受け入れ使用する。「相手に伝わればよい」といった言語生活における価値観を見ることができた。

 

この諺は、「嫌われ者にかぎって長生きする」という意味で使われています。ただ、そうであると、「はばかる」という言葉が長生きするという意味になってしまい、少し違和感を感じます。

 

そこで、この部分に焦点を当てて考察することができます。

 

文献によると、もともとは「憎まれっ子、世にはだかる」だったという説があります。「はだかる」とは、「いばる、大きな態度をとる」という意味なので、現在の意味とほとんど一致します。

 

そこで、なぜ言葉が変化してしまったかを調べ、当レポートテーマである「くらしと言語の関係」に落としこみます。

 

文献によると、「はだかる」という言葉を聞こえた通りに発音していくうちに、「はばかる」へ変化し、間違って広まっていったとあります。これには、聞いた通りに言葉を使うという日本人の習慣が関係しています。

 

たしかに現代の日本人を考えても、言葉を意味をよく調べずに、二ュアンスで使うことがあります。これこそが日本人の言語生活なので、考察を加えることができます。

関連ページ

「歴史(西洋史)」レポートで学ぶ、歴史科目における説明と考察の書き方
実際の「歴史(西洋史)」のレポートをお見せして、歴史科目のレポートの書き方を説明します。
「論理学」レポートで学ぶ、正しい説明順序の組み立て方
実際の「論理学」のレポートをお見せして、正しい説明順序について説明します。
「文学」レポートで学ぶ、文学科目における本論の展開
実際の「歴史(文学)」のレポートをお見せして、文学科目のレポートの書き方を説明します。
「生物学(第3回・完)」レポートで学ぶ、テーマと問いの設定
実際の「生物学(第3回・完)」のレポートをお見せして、レポートのテーマと問いの設定の仕方を説明します。
「社会学史U」レポートで学ぶ、文献要約の仕方
実際の「社会学史U」のレポートをお見せして、要約の仕方を説明します。
「社会心理学」レポートで学ぶ、レポート課題に最適な具体例の探し方
実際の「社会心理学」のレポートをお見せして、具体例の探し方を説明します。
「教育学」レポートで学ぶ、テキスト批評の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「教育心理学」レポートで学ぶ、考察を加えるポイント
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「倫理学」レポートで学ぶ、専門用語の理解の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語学概論」レポートで学ぶ、具体例の使い方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
「英語音声学」レポートで学ぶ、項目別の説明の仕方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録