慶應通信の英語を履修するために必要な知識をまとめました

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

卒業に必須となる長文読解力

慶通生は英文読解力が必須です。「英語1」のレポート、「英語2」の科目試験対策、「英語3」と「英語7」ではレポートと科目試験の両方で読解力が問われます。

 

しかも、これらは必須科目なので、避けて通ることができません。このことは、英語が苦手な人にとって死活問題だと言えます。

 

実際のところ、長文読解には原則があります。その原則に従って読めば、すぐに合格ラインに届きますが、自己流では何年かけても合格できないという特徴があります。

 

ただ、その原則は誰も教えてくれません。教えてくれるとしても、ある程度実力がある人向けの内容なので、一から学ぶ人は置いてきぼりにされてしまうのです。

 

それでは意味がないので、私は知識0の人でも理解できる内容を公開していきます。

英語が苦手な人は「英文の見え方」が違う

まずは、英文が苦手な人に共通点を教えます。

 

それは、「英文の見方」に問題があると言えます。

 

英語が苦手な人は、単語ごとの意味に注力し、文全体を見ません。専門的な言葉で言うと、文構造を無視しているのです。

 

例えば、「Playing baseball is fun.」という文を見たとき、「Playing /baseball /is /fun.」と単語ごとに切り離し、「文全体の主語はどこか」を考えません。

 

一方、英語が得意な人は、このように英文を見ません。

 

なぜなら、「Playing」と「baseball」はセットで主語になるので、2つで1つの単語のように考えます。そして、この主語に対する動詞が「is」なので、「Playing baseball /is」と区切りを入れます。

 

これにより、「野球をすることは〜です。」という骨組みが完成し、そこで「fun(楽しい)」を当てはめることで、最終的に「野球をすることは楽しいです。」と訳ことができるのです。

 

こういった見方は、文が複雑になるほど重要になります。まずは、英語が苦手な人は見方そのものが間違っているということを認識して下さい。

英語における「文」とは何か

それでは、知識0の人がどうすればある程度の力を身に付けられるかについて説明していきます。

 

それは、以下の3点に集約できます。

 

・文の骨組みを意識する

 

・修飾‐被修飾の関係を意識する

 

・接続詞の訳し順を理解する

 

まずは「文」の定義を明確にしましょう。

 

文の定義とは、主語と動詞を持つということです。日本語でも、「(誰が)、(何だ)」、「(誰が)、(どうする)」、「(誰が)、(どんなだ)」という骨組みが分かれば、大体の内容が理解できます。

 

英文でも同じです。「主語(〜は)」と「動詞(〜する)」は、文の最も基本的な情報を示す「骨組み」なので、文を読む際はまず骨組みに注目し、主語と動詞の関係を理解しましょう。

 

ただ、なかには1つの文の中にこれらが複数あることもあります。

 

例えば、

 

「The girl who is runnning in tne park is my sister.」

 

この文には、be動詞「is」が2つ存在しています。ただ、1文につき動詞は1つなので、どちらか一方は動詞ではないことになります。

 

このような場合、片方は「修飾語の一部」だと考えるとうまくいきます。

 

つまり、最初の「is」は関係代名詞(who)節にあるので、「The girl」の修飾語であり、主語の一部だと考えます。そして、「The girl who is runnning in tne park」 という長い主語に対する、文全体の動詞が、その直後にある「is」ということになります。

 

これにょり、「公園で走っている女の子は、〜です。」という、「誰がどうする」の型に問題なく当てはめることができるのです。

接続詞の節を先に訳す

最後に、接続詞について説明します。

 

接続詞は、文と文を繋ぐ接着剤のような役割を果たします。「and(そして)」、「but(しかし)」、「because(〜だから)」、「if(もし〜ならば)」、「when(〜のとき)」、「taht(〜だと、〜ということ)」といった接続詞により、順接や逆接、因果関係などを表現できます。

 

接続詞の後には、もう一度文が続きます。そのため、長文の中にひと際目立つ長い文を見かけることがあると思います。

 

このような文を見ると、どこから訳せば良いか迷ってしまいます。ただ、これにはきちんとした方法があります。

 

それが、従属節から訳すといルールです。

 

接続詞によって区切られた文を「節」といい、特に接続詞が含まれる節を従属節、そうでない節を主節と呼びます。

 

例えば、

 

「She was watching TV when I came home.」

 

という文では、

 

「She was watching TV」が主節、「when I came home」が従属節になります。

 

このうち、書き手が本当に言いたいことは主節で、従属節は主節が成立する条件を述べたものに過ぎません。

 

日本語の場合、最初に前提条件を言っておき、最後に結論を述べます。そのため、「従属節→主節」の順に見ることで、うまく訳せるのです。

 

したがって、

 

「when I came home→She was watching TV」の順に見て、「私が家に帰ったとき→彼女はテレビを見ていた」と訳します。

 

ちなみにこのルールは、次のように主節から始まる文であっても、問題なく使えます。

 

「If it is fine tommorrow, I will play soccer.」

 

つまり、「If it is fine tommorrow→I will play soccer.」の順に見て、「もし明日晴れたら、私はサッカーをするでしょう」となります。

 

長文で接続詞を見つけたら、「従属節から訳す」と覚えておきましょう。

関連ページ

これから慶通英語を始める人のためのマインドセット
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語で苦労する人とうまくいく人の違い
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語の科目試験対策をするときのマインドセット
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語の科目試験で使える「文法説明」の方法
慶應通信の英語を履修するのに必要な英文法をまとまとめました。
慶通英語の長文読解を上達させる考え方
慶應通信の英語を履修するために必要な知識をまとめたページです。
文構造
これから英語を勉強する人のためのページです。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。
比較
慶應通信の英語について説明します。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録