サスペンスドラマ

be動詞+動詞の原形の受動態について解説。byが必要ない文や、目的語が2つある文はどうやって受動態にするか。

受動態とは

受動態とは、自分がある動作を行うのではなく、人からある動作を受けるときの表現です。「〜する」ではなく、「〜れる」「〜される」と訳すことが特徴です。

 

受動態の公式

be動詞+P.P./〜される※P.P.とは動詞の過去分詞形のことです。

 

受動態の理解を深めるために、一度能動態の文に触れておきます。

 

He teaches English.

(彼は英語を教える)

 

主語と動詞の関係を見てみます。「彼」が「教える」ので、動作の主体は主語です。このような文を能動態といい、受動態と区別します。

 

Engllish is taught by him.

(英語は彼によって教えられる)

 

主語と動詞の関係は、「英語」は「教えられる」ものなので、主語は動作の主体ではなく動作の対象になります。これが受動態です。

 

それでは、受動態の否定文と疑問文について説明します。受動態は公式にbe動詞を含むため、be動詞の文の一種です。そのため、否定文や疑問文を作る際はbe動詞の原則が適用されます。

 

否定文では「be動詞+not」、疑問文では「be動詞を主語の前に出す」ことが、be動詞の共通ルールでした。

 

受動態の否定文の公式

be動詞+not+P.P./〜されない

 

Engllish is not taught by him.

(英語は彼によって教えられない)

 

受動態の疑問文の公式

be動詞+S+P.P./〜されますか

 

Is Engllish taught by him?

(英語は彼によって教えられますか)

 

答え方もbe動詞のルールに従います。つまり、be動詞で聞かれたらbe動詞で受けます。

 

‐Yes, it is.
(はい、そうです)

 

‐No, it isn't.
(いいえ、違います)

受動態の作り方

能動態の文を受動態の文へ書き換える場合、以下の手順で行います。

 

@目的語を主語にする

 

A動詞を「be+P.P.」にする

 

B元の主語を目的格にして「by」以下に置く

 

He teaches English.

 

この能動態の文を上記の手順で受動態に変えてみます

 

@O→S

目的語の「English」を主語にします。

 

AV→be P.P

動詞の「teaches」を「is taught」にします。

 

BS→by 目的格

主語の「He」を目的格「him」にして、「by him」を置きます。

 

この結果、次の受動態の文ができます。

 

Engllish is taught by him.

 

ここまでの過程でいくつか注意点を述べます。

 

まず動詞の時制です。元々の文の時制と書き換えた受動態の時制を変えてはいけません。元の文の動詞が過去形で書かれていたら、受動態の文も過去にする必要があります。

 

その場合、be動詞を過去にして「was/were P.P.」とします。元の文の動詞が未来形の場合は「will」を用いて、「will be P.P.」とします。この場合be動詞は、助動詞「will」の後なので、必ず原形にしないといけません。

 

次に主語を目的格にする際の注意点を説明します。代名詞には、主格・所有格・目的格といった格があります。

 

  主格(〜は) 所有格(〜の) 目的格(〜に・〜を)
I my me
あなた・あなたたち you your you
he his him
彼女 she her her
それ it its it
彼ら・彼女ら・それら they their them
私たち we our us

 

 

 

表の3行目、ラインマーカーをした語が目的格です。受動態ではなぜ目的格を用いるかというと、「前置詞の後は目的格を置く」というルールがあるためです。「by」は前置詞なので、後ろは目的格でないといけません。

 

また、受動態の文では必ずしも「by」は必要ではありません。主語が特定の人物であれば書く必要がありますが、便宜上置かれた主語の場合、by以下に記載すると、変な訳になってしまうので省略します。

 

例えば、次の能動態の文の主語「they」は、

 

They speak English in Austlaria.

(オーストラリアの人は英語を話します)

 

オーストラリアに住む人一般を指す、便宜上の主語です。そのため受動態で「by them/彼らによって」と書いてしまうことで、「彼らとはだれか」が分からなくなってしまいます。その場合、次のようにby以下は省略します。

 

English is spoken in Austlaria.

(英語はオーストラリアで話されます)

目的語が2つある文の受動態

英文には、目的語が2つある文が存在します。第4文型「SVOO」の文です。

 

受動態の文は目的語を主語にして作るので、目的語が2つあれば2種類の受動態の文が作れることになります。

 

He gave me a present.

(彼は私にプレゼントをくれた)

 

この文には目的語が「me」「a present」の2つあります。そのため、次の2通りの受動態の文ができます。

 

meを主語にした場合
I was given a present by him.

(私は彼からプレゼントをもらった)

 

A presentを主語にした場合
A present was given me by him.

(プレゼントは彼によって私にあげられた)

 

どちらも意味は同じですね。主語にならなかった方の目的語は、通常の英文法の語順通り、動詞の次に置くということも覚えておいてください。

関連ページ

慶通英語のレベルとは
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
中学レベルの英語力から慶通英語へ挑戦する方法
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語の勉強法
慶應通信の英語について説明します。
英単語の覚え方
慶應通信の英語について説明します。
文構造
これから英語を勉強する人のためのページです。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。
比較
慶應通信の英語について説明します。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録