サスペンスドラマ

関係代名詞の主格、目的格、所有格について解説。先行詞と関係代名詞の節の修飾関係とは。

関係代名詞とは

関係代名詞とは、修飾の一形態です。修飾される名詞を先行詞と呼びます。関係代名詞は用法の違いによって3つに分類され、また先行詞が人かモノかによって使い分けられます。

 

まずは実際の文を見て、修飾についておおまかなイメージを掴んでください。

 

I have a bag which is pretty.

(私はかわいいカバンを持っている)

 

「a bag」が修飾を受ける名詞、つまり先行詞です。
この先行詞を修飾するのが関係代名詞「which」以下になります。

 

関係代名詞は先行詞の直後に置き、後ろから前の名詞を修飾するものと覚えておいてください。

主格

主格の関係代名詞は、主語の代わりに用いられます。先行詞が人の場合は関係代名詞はwhoが用いられ、人以外の場合はwhichが用いられます。なお、先行詞が人でもモノでもthatを使うことが可能です。

 

公式

・who+V

 

・which+V

 

・that+V

 

 

関係代名詞を用いることで、2つの文を1つにまとめることができます。

 

I know her brother.

(私は彼女の兄を知っています。)

 

He is a teacher.

(彼は先生です。)

 

これらの文を関係代名詞を用いて、1文にしてみたいと思います。
まず最初に、2つの文に共通する言葉を探します。「her brother」と「He」が同じ人を指していることが分かります。

 

同じ言葉は要らないため、2文目から「He」を消し、そこに関係代名詞が置かれます。主語の代わりに置かれるので、主格の「who」というわけです。

 

I know her brother who is a teacher.

(私は先生である彼女の兄を知っています。)

 

さて、この文を見てみると、先行詞「her brother」を関係代名詞の節「who is a teacher」が後ろから前へ修飾していることが分かります。 関係代名詞「who」の直後に動詞「is」が続いている点にも注目です。これが主格の特徴になります。

 

 

もう1つ例文を見てみましょう。

 

I have a pen which is blue.

(私は青いペンを持っています。)

 

先行詞は「a pen」、関係代名詞は「which」が用いられています。先行詞が「モノ」なので、「who」を使うことはできません。
この場合のモノとは、人以外のものすべてが当てはまり、先行詞が動物の場合であっても先行詞は「which」となります。
ちなみに、先行詞にかかわらず「that」を使うことも可能です。

 

I know her brother that is a thacher.

と言ってもいいですし、

 

I have a pen which is blue.

も可です。

 

目的格

目的格の関係代名詞は、目的語の代わりになります。先行詞が人の場合「whom」、モノの場合「which」が用いられます。主格と同様に「that」は先行詞の種類に関係なく用いられます。

 

公式

・whom+SV

 

・which+SV

 

 

それでは、次の2つの文を1関係代名詞を用いて1つにまとめます。

 

This is a boy.

(こちらは男の子です)

 

I saw him yesterday.

(私は昨日彼に会いました)

 

「a boy」と「him」が同じ人物を指すので、2文目から目的語である「him」を消します。その代わりに関係代名詞「whom」が置かれ、これが目的語の代わりをしているので、目的格というわけです。

 

This is a boy whom I saw yesterday.

(こちらは私が昨日会った男の子です)

 

先行詞「a boy」を関係代名詞「whom」以下が修飾するという構造になります。「whom」の後に「主語・動詞」が続いていることが分かるでしょう。

 

 

もう1つ見ていきます。

 

The computer which I bought last year is good.

(私が昨年買ったそのパソコンは良いです)

 

先行詞「The computer」はモノなので、関係代名詞は「which」が使われます。「The computer」を「which」以下が修飾しています。
ちなみにどちら文も関係代名詞は「that」でも問題ありません。

 

ここで1つ注意点があります。
「which」は主格でも用いられる語だということです。
そこで識別の方法を教えます。

 

今回の例文の場合、「which」の直後に「主語・動詞」が続くので、同じ「which」でも目的格だと識別できます。

 

この識別は重要です。
なぜなら、目的格の関係代名詞のみ省略できるというルールが存在するからです。関係代名詞を省略すると、次のようになります。

 

This is a boy I saw yesterday.
The computer I bought last year is good.

 

ところが、先ほどの主格の文

 

I know her brother who is a teacher.
I have a pen which is blue.

 

としたら誤りになります。格の違いに注意してください。主格と目的格の識別の方法として、次の図式を頭に入れると役立ちます。

 

・主格・・・関係代名詞+動詞

 

(関係代名詞は省略不可)

 

・目的格・・・関係代名詞+主語+動詞  

 

(省略可)

 

 

所有格

関係代名詞の所有格は、所有格の代名詞の代わりを果たします。先行詞が人でもモノでも「whose」を用います。また「whose」を日本語の「の」と訳して意味が通るということも所有格の特徴です。

 

公式

whose+名詞

 

I know the girl whose hair is brown.

(私は髪の茶色い女の子を知っています)

 

関係代名詞の直後に「hair」という名詞が続いており、「whose」を「の」と訳すことで先行詞以下が「女の子の髪は茶色いです」となり、意味が通ります。これが所有格の特徴です。

 

もう1つ見てみましょう。

 

I live in the house whose roof is red.

(私は屋根が赤い家に住んでいます)

 

先行詞が「the house」のようにモノでも所有格では「whose」しか用いません。「whose」を「の」と訳すと、先行詞以下が「家の屋根は赤いです」となり、やはり意味が通ります。

関係代名詞まとめ

ここまで関係代名詞を格ごとに説明してきましたが、そもそも関係代名詞とは、先行詞を修飾するためのもの。これは共通しています。先行詞の直後に置かれ、後ろから前にかかるという構造も共通しています。

 

ここまで理解できれば、あとは個別に公式を覚えれば良いだけです。

 

 

  主格+V 目的格+SV 所有格+名詞
先行詞 人 who/that whom/that

(省略可)

whose
先行詞 モノ which/that which/that

(省略可)

whose

 

 

 

ここまでの内容をまとめると上の表のようになりますが、最後に1つ例外を紹介します。

 

thatの特別な用法です。

 

先行詞が以下の語の場合、主格・目的格の関係代名詞は必ずthatを用いなければならないという決まりがあります。

 

all・no・〜thing・最上級・人&モノ

 

この様な場合は先行詞の人モノに限らず、thatを使うようにしましょう!

関連ページ

慶通英語の特徴
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
英語が苦手な人が慶通英語を乗り切るための方法
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語への導入
これから英語を勉強する人のためのページです。
比較
慶應通信の英語について説明します。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録