サスペンスドラマ

英語が苦手な人が慶通英語を乗り切るための方法

最初からテキストを読んではいけない

英語が苦手な人には、共通の特徴があります。それは、

 

@基礎ができていない

 

A既存の知識と結び付けない

 

これらにつきます。@の「基礎ができていない」から説明していきます。

 

英文法のスキルを向上させるには、基礎を完璧に覚えることが何よりも大切です。

 

「基礎が大事」という月並みな表現では響かない人もいるかもしれないので、少し言い換えます。

 

基礎の重要性が分かっていない人は、英語の力は一生伸びません。

 

実際に、私が勤めていた塾の生徒を見ても、このことは断言できます。

 

英語と言えども日本語と同じく言語なので、英語のスキルアップは、日本人の赤ちゃんがどのようにして言葉を習得するかを考えると理解しやすくなります。

 

誰でも簡単な日本語から覚えて、次第に難しい言葉を言えるようになります。そのため同じ内容を伝えようとしても、幼稚園児と小学生では使う言葉が違います。このような違いは、日本語に限ったことではありません。言語というものはすべて、「基礎→応用」という習得の順序が鉄則となります。

 

このようにきちんと基礎から学ぶように心がければ良いのですが、困ったことに慶應通信のテキストでは、それはできません。慶應通信のテキストは、基礎と応用が混在しているからです。

 

正直、本当に分かりにくいテキストだと思います。基礎が小さく書かれているかと思えば、突然超例外の用法が網羅されていたりします。例文にも難しい単語が使われていて、余計にこんがらがってしまいます。

 

勉強の優先順位が分からず、全て均等に力を入れる他ありません。その結果、非効率な勉強になり、英語を必要以上に難しく感じてしまいます。基礎のない人がこのテキストで勉強しても、英語力は身につきませんので、絶対にやめてください。

 

それではどうすればよいかと言うと、中学英語から学び直すことです。英語に近道はないと認識し、しっかり基礎を固める覚悟が必要です。

すべて個別に覚えようとする

次に、Aの「既存の知識と結び付けない」ことについて説明します。

 

英語は基礎が分かってくると、前の学習内容が今回の学習内容にどう繋がっているかが、分かるようになります。例えば、受動態を勉強するときは、「be+過去分詞」という公式を教わるのがメインですが、大切なことは、be動詞の文の一種だということです。

 

そのため、be動詞の文の共通ルールが適用されます。例えば疑問文では主語の前にbe動詞を置くというものがありますが、これはそのまま受動態にも当てはまります。その結果、受動態の疑問文はの語順になるわけです。

 

このように既存の知識と結び付けて理解すれば、忘れることはありません。しかしそのように考えず、1つ1つを個別に覚えると時間も手間もかかり、それでいて定着しません。

 

このようなわけで、まず基礎を定着させることが重要です。基礎を覚えたら英語力は一気に加速しますが、そうでない限りは一向に伸びません。

関連ページ

慶通英語の特徴
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
慶通英語への導入
これから英語を勉強する人のためのページです。
比較
慶應通信の英語について説明します。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録