サスペンスドラマ

慶通英語で知っておくべき英文法

不定詞とは

不定詞とは、「to+動詞の原形」で、名詞や形容詞や副詞のような働きをする言葉です。文章の主語、目的語、補語になれます。

 

公式

to+動詞の原形

 

※toの後は必ず原形です。

 

 

用法

 

名詞的用法

  〜すること

 

形容詞的用法

  〜するための

 

副詞的用法

  〜するために

 

不定詞は同じ形「to+動詞の原形」で、3つの異なる意味を持ちます。そのため、文中の不定詞がどの用法で用いられているかを判別しないといけません。

 

I like to play soccer.

(私はサッカーをすることが好きだ)

 

ラインマーカーの箇所が不定詞です。「play/する」に「こと」の意味を付け足すと意味が通ります。
この場合は名詞的用法の不定詞であることが分かります。

 

否定文では、

 

I don't like to play soccer.

(私はサッカーをすることが好きでない)

 

疑問文では、

 

Do you like to play soccer.

(あなたはサッカーをすることが好きですか?)

 

不定詞が使われていても、一般動詞の疑問文に変わりないので、「do」で聞かれたら、「do」で受けます。

 

‐Yes, I do.
(はい、そうです)

 

-No, I don't.
(いいえ、そうではありません)

 

 

次に過去形の表現を見ていきましょう。

 

I liked to play soccer.

(私はサッカーをすることが好きだった)

 

動詞の部分を過去形にして、不定詞の「play」はあくまで原形です。

 

名詞的用法

形容詞的用法と、不定詞を名詞のように使うことから、その名前がきています。どんな言葉にも「こと」を付けるだけで名詞化するため、名詞的用法では「to+V原形/〜こと」と訳します。

 

He begins to study English.

(彼は英語を勉強することを始めた)

 

「〜こと」となっているので名詞的用法です。ただし「〜し始める」と意訳するのが普通です。

 

I want to be a doctor.

(私は医者になりたい)

 

直訳すると「〜になることを欲する」なので、名詞的用法です。ただし「want to/〜になりたい」と訳すのが普通です。

 

 

ここまでは不定詞部分が動詞の目的語になっていましたが、不定詞は文の主語にも補語にもなれます。このことは、不定詞は文中のどこにでも置けるということになります。

 

To read books is interesting.

(<本を読むことは面白い)

 

この文では不定詞が文の先頭に来ています。「To read books」が文章の主語になっており、それゆえ「〜ことは」とすると全体が訳しやすくなります。

 

My hobby is to play soccer.

(私の趣味はサッカーをすることだ)

 

こちらは不定詞部分「to play soccer」が文章の補語になっています。補語なのでbe動詞の直後に置かれます。

 

不定詞の名詞的用法に限って、重要なポイントがあります。
名詞的用法は、意味の上で動名詞とイコールになります。例えば「to play」と「playing」はどちらも「〜すること」となり、動名詞を使って書き換えが可能になります。
1つ例を見ていきましょう。

 

I like to play soccer.

(私はサッカーをすることが好きだ)

 

この文を動名詞を使って書き換えます。

 

I like playing soccer.
(私はサッカーをすることが好きだ)

 

ラインマーカーをした箇所が不定詞から動名詞へ書き換えた部分です。

 

 

ただし以下の文は誤りなので、注意して下さい。

 

I want being a doctor.

 

なぜ誤りかと言うと、目的語に不定詞を取るか不定詞を取るかは、動詞によって決まっています。上述した「like」は不定詞も動名詞もどちらも取れる動詞なので書き換えができたということです

 

目的語に不定詞しか取れない動詞として、「want」「hope」「decide」を覚えておいてください。
目的語に不定詞しか取れないというのは、「後ろに不定詞しか続かない」という意味です。
よって、

 

want to〜/〜したい

 

hope to〜/〜することを望む

 

decide to〜/することを決心する

 

このようになります。

形容詞的用法

形容詞的用法とは、不定詞を形容詞のように使うところから、その名称があります。形容詞とは名詞を修飾する働きがあるので、不定詞の形容詞的用法では名詞を修飾します。名詞を修飾する際、「〜するための〇〇」という形になるので、「to+V原形/〜するための」と訳します。基本的に修飾される名詞の後ろに置き、後ろから前へ訳します。

 

I need water to drink.

(私は飲むための水が必要だ)

 

名詞「water」の後ろにどんな水かを表す「to drink」が置かれています。こうすることで、ただの水でななく、「飲み水」というニ意味になります。

 

形容詞的用法で気を付けることは、「〜thing」の名詞と一緒に使われる場合です。「〜thing」の名詞は直後に形容詞を置くことで2つで1つの名詞になります。よって不定詞はさらにその後ろに置かれます。

 

例を見てみましょう。

 

I want something cold to drink.

(私は何か冷たい飲み物が欲しい)

 

この文は、「something cold/なにか冷たいもの」が名詞です。これを「to drink/飲むための」と修飾することで、「飲むための冷たい何か」から「何か冷たい飲み物」となるわけです。

 

副詞的用法

副詞とは、主に動詞を修飾する言葉です。不定詞の副詞的用法では動作の理由や原因を述べることで、動詞を修飾するので「to +V原形/〜するために」となります。

 

I went to the park to play soccer.

(私はサッカーをするために公園へ行った)

 

「to play soccer/サッカーをするために」は「went/行く」を修飾しています。修飾とは「詳しく説明する」という意味なので、何のために行くかという「理由」を示すことで副詞の役割を果たしています。

 

また感情を表す語を伴う副詞的用法もあり、その場合「〜して」と訳すので覚えておいてください。

 

be happy to〜/〜 してうれしい

 

be sad to〜/〜して悲しい

 

be surprised to〜/〜して驚く

 

be sorry to〜/して残念だ

関連ページ

慶通英語の特徴
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
英語が苦手な人が慶通英語を乗り切るための方法
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語への導入
これから英語を勉強する人のためのページです。
比較
慶應通信の英語について説明します。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録