サスペンスドラマ

英文は5つしかない

文の要素

英文中の単語は、役割の上から以下の5つに分けられます。

 

@主語(S)

 

A動詞(V)

 

B補語(C)

 

C目的語(O)

 

D修飾語(M)

 

1つずつ説明していきます。

 

@主語(S)
「誰が(は)」「何が(は)」にあたる語で、動作の担い手です。早い話が文章の主人公です。
多くの場合、主語は文章の先頭に置きます。

 

A動詞(V)
主語の動作や存在を表す語です。
動作を表す語を一般動詞、存在を表す語をbe動詞と言います。
動詞は、基本的に主語の次に置かれる事が多いです。
日本語では、動詞は最後に来るので、この点が英語の大きな特徴と言えます。

 

B補語(C)
主語の状態を表す語です。
「(主語は)何(だ)」「(主語は)どんな(だ)」となるので、名詞や形容詞が補語を担う事が多いです。
補語は、be動詞と結びつくことが多いので、be動詞の後の語は補語だと考えてください。

 

C目的語(O)
動詞の目的先となる語です。
訳したときに、「〜を」「〜に」にあたる語で、動詞の対象物を指します。
目的語は、動詞のすぐ後に置かれますが、1つの文に目的語が2つ存在する場合もあるので注意してください。
また、置かれる位置が補語と同じため、これらの識別が少しややこしいです。

 

D修飾句(M)
他の言葉を修飾する語です。
ちなみに句とは単語の集まりの事です。
副詞、前置詞を見つけたらその後はすべて修飾句です。
これらは文構造上おまけのような存在なので、見つけ次第カッコでくくるようにしましょう。

自動詞と他動詞

動詞と目的語をセットにしないと文にならないものと、動詞だけで文が成立するものがあります。
例えば、「私は笑う」や「私は走る」という文は成立しますが、「私は読む」や「私はする」という文は、このままではダメで、目的語を必要とすることが分かります。

 

この違いはどこから来るのかと言うと、動詞の性質の違いです。
それによって区別されるのが、自動詞と他動詞です。

 

自動詞

主語自身の動作を表す動詞です。目的語を取らない動詞とも言えます。
「〜が・・・する」という構造になるので、第1文型や第2文型を作ります。
例えば、「run」は「走る」という主語の動作を表す、自動詞であり、
「です・ます・いる・ある」と主語の存在を表すbe動詞も自動詞になります。

 

他動詞

目的語を対象にした動作を表す動詞が他動詞です。当然ですが、目的語が必要になります。
「〜を・・・する」という構造になるので、第3〜第5文型を作ります。
他動詞は、「〜に」「〜を」という言う意味を内蔵しているので、前置詞を必要としません。

 

なかには、自動詞としても他動詞としても使う動詞があるので、注意が必要です。

 

推量の助動詞+完了形

<助動詞+have+過去分詞>

 

@過去の出来事について、今の時点で推量する

 

She must have been ill.
「彼は、病気だったに違いない」

 

A実現しなかった過去の出来事
助動詞は、shouldやneedを使い、「〜だったのに」と訳します。
事実とは違う事を述べるので、注意してください。
例えば、

 

He should have gone to bed. last night.
「彼は昨晩、早く寝るべきだったのに」

 

では、実際は、早く寝たというニュアンスがあります。

 

willの特別用法

willには、次のような特別な用法がある。

 

「どうしても〜しようとする」という固執

 

He will play soccer.
「彼は、どうしてもサッカーをしようとした」(固執)

 

He will not play soccer.
「彼は、どうしてもサッカーをしようとしなかった」(拒絶)

 

「よく〜するものだ」という習慣

 

He would play tennis.
「彼は、テニスをよくしたものだ」

 

他にも、過去の習慣を表す、
used to〜/よく〜したものだった
を覚えておきましょう。

 

He used to play tennis.
「彼は、よくテニスをしたものだった

 

that節のshould

that節中で、無条件にshouldと決まっているケースがあるので紹介します。

 

@主観的判断を表す語の後のthat節では、shouldを使う

 

He must be friendly that he should tell me the way to his house.
「私に、家までの行き方を教えてくれるなんて、彼は友好的に違いない」

 

friendlyは、「友好的」という主観的判断を伴う語なので、that節中でshouldを用います。
他にも、pity「残念」、crazy「狂っている」などが、主観的判断を表す語になります。

 

A命令、提案、必要を表す語の後のthat節では、shouldを使う
このケースでは、shouldは省略され、になることが多いです。

 

He suggested that we go to the party.
「彼は、パーティへ行くべきだと提案した」

 

他にも、insist「主張する」、order「命令する」、necessary「必要だ」などの目的語となるthat節が当てはまります。

 

 

祈願・譲歩を表すmay

祈願・・・文頭において「〜でありますように」
May you are happy.
「あなたたちが幸せでありますように」

 

譲歩を表す副詞節において「〜しても」
Whatever you may say, I will trust.
「あなたが何を言ったしても、私は、あなたを信じるだろう」

 

強調のdo

doを助動詞として使うと、「本当に」という意味になります。

 

I did stay home.
「私は、本当に家にいた」

基本5文型

第1文型・・・SV

 

I smile.
「私は、笑います。」

 

IがSで、smileがVです。
SとVだけで完結するこのような文が、第1文型になります。

 

実際には、例文のように2語のみで構成される文は少なく、ほとんどの場合は修飾句を含んだ第1文型になります。

 

I go to school by bike.
「私は、自転車で学校へ行きます」

 

toが前置詞なので、to以下はすべてMになり、第1文型の文になります。

 

他にも、There is〜.「〜がある・いる」の文は注意が必要です。There isの後の名詞がS、isがVになるからです。

 

There are some apples on the desk.
「机の上に、いくつかリンゴがある」

 

では、some applesがS、areがVで、第一文型の文になります。

 

 

第2文型・・・SVC

 

I am a doctor.
「私は、医者です。」

 

IがS、amがV、a doctorがCです。

 

第2文型の大きな特徴として、「S=C」が成り立つという事があります。
私=医者が成り立つので、「a doctor」はCになるのです。
このとき動詞は、「=」の役割をするので、第2文型で用いられる動詞は限られてきます。

 

第2文型でよく使われる動詞

be動詞(です)、become・get(〜になる)、grow(〜に育つ)、 feel(〜に感じる)、 look (〜に見える)

 

 

第3文型・・・SVO

 

I play soccer.
「私は、サッカーをします。」

 

IがS、playがV、soccerがOです。
Oの見分け方は、訳したときに「〜を・〜に」となることです。
「を」だから「O」と覚えましょう!

 

文構造を判別する問題では、SVのあとの語が、CかOかで迷う事があります。
そこで、第2文型と第3文型の区別の仕方を教えます!
「S=C」が成り立てばCで、成りたなければO、または「〜を」と訳せたらOになります。

 

 

第4文型・・・SVOO

 

I gave her a present.
「私は、彼女にプレゼントをあげました」

 

IがS、gaveがV、herがO(人)、a presentがO(もの)です。
第4文型は、「〜に・・・をどうする」という構造なので、目的語が2つあります。
2つの目的語のうち、「人」を先に、「もの」を後に置かなければなりません。

 

また、「〜に・・・をどうする」という構造上、第4文型で使われる動詞は限られます。

 

第4文型でよく使われる動詞

give(与える) teach(教える) tell(話す) show(見せる) buy(買う) make(作る)など。

 

また、前置詞を使う事で、第4文型の文を第3文型へ書き換えることができます。
このように変化します。
第4文型「SVO(人)O(もの)」

 

第3文型「SVO(もの)to(for)人 」
目的語(もの)を前に持ってきて、toまたはforを置いて、人を置きます。
このようにすると、to(for)以下がMになるので、第3文型になります。

 

例えば、I gave her a present.という文は、

 

I gave a present to her.となります。

 

次にtoとforの使い分けです。
これらは動詞によって使い分けるので、しっかり覚えておきましょう。

 

toを使うもの
give teach tell showなど
forを使うもの
buy makeなど

 

 

第5文型・・・SVOC

 

It made me happy.
「それは、私を幸せにした」

 

ItがS、madeがV、meがO、happyがCです。
第5文型の文の大きな特徴は、「O=C」が成り立っていることです。
上の文では「私=幸せ」です。
このイコール関係が第4文型との区別になります。

 

例えば、I gave her a present.の文では、
「her(彼女)=a present(プレゼント)」は成り立ちませんね。

 

第5文型のフレーズ

make O C・・・OをCにする
name O C・・・OをCと名付ける
call O C・・・OをCと呼ぶ
keep O C・・・OをCにしておく
leave O C・・・OをCのままにしておく

 

言うまでもなく、すべて、「O=C」が成り立っています。
言語における時間の区別を、時制といいます。

関連ページ

慶通英語の特徴
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
英語が苦手な人が慶通英語を乗り切るための方法
慶應通信の英語について説明します。
比較
慶應通信の英語について説明します。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録