サスペンスドラマ

慶應通信は好きな時に好きな科目を学べる。履修選択の考え方とは。

通学過程では最初に1年分の履修科目を決めますが、通信教育課程では学びたいタイミングで学びたい科目を自由に始めることができます。

 

この制度は「いつでも勉強できる」という半面、何から取り組めばよいか分からず、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。

 

そこで、このページでは、レポート課題を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

単位数

慶應通信の科目は、すべてに単位数が決められています。2単位科目を中心として、1〜4単位の科目が混在しています。

 

履修した単位数は、単純に足し算をして積み重ねていきます。そのため、1単位科目を4つ履修する場合と4単位科目を1つ履修する場合では、まったく同じ価値があります。

 

各科目の単位数は、そのレポートに求められる文字数によって決められています。

 

原則、1単位科目は2000文字、2単位以上の科目は4000字が目安となり、ここから大幅にずれてしまうと、合格することができません。

 

ただ、レポート初心者ほど文字数に縛られ、卒業間近の人はまったく気にしないという事があります。これは、正しい内容が書けていれば、結果として文字数も収まるからです。

 

私の場合、3000字〜6000字で毎回合格していましたし、講評欄を見ても、文字数に固執した教授など見たことがありません。

 

このようなわけで、単位数と難易度はほとんど関係ありません。1単位科目を4つ履修するより、4単位科目を1つ履修したほうが圧倒的に楽なので、大きな単位から履修することが、履修計画のセオリーとなります。

科目間のシナジー

慶應通信には科目名が似ている科目があります。これらは基本的におおもとが同じ学問であり、科学の発展とともに派生された領域であると言えます。
レポート課題を選ぶ際のコツは、こういった類似科目をまとめて手掛けることだと言えます。これらはかなりの部分で同じ理論を共有しているので、一方の知識をもう一方へ活かすことができるためです。

 

例えば、総合教育科目の「論理学」と専門科目の「論理学(L)」は、どちらを勉強しているか区別がつかなくなるくらい似ています。

 

他にも、「教育学」、「教育心理学」、「教育学概論」や「文学」、「フランス文学概説」、「フランス文学概説U」などが挙げられます。

 

これらの科目は単発で学ぶより、順序立てて学ぶ系統学習が適しています。系統学習によって、予備知識が増えていくので、科目試験の際も活かすことができます。

科目試験

意外かもしれませんが、レポートを始める際、レポート課題よりも科目試験問題を見る方遥かに重要です。

 

テキスト単位を取るためには、科目試験に受からなければならないからです。

 

そこで、最初に対策のしやすい科目試験科目をチェックし、その後レポートに入っていく必要があります。

 

最も分かりやすい例は、「持ち込み可」の科目です。

 

持ち込み可の科目は、書き写す箇所さえ分かれば誰でも受かってしまうので、レポート課題に関係なく履修すべきだと言えます。

 

持ち込み可の科目は、こちらのページにまとめてありますので、最優先して履修してください。

関連ページ

卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録