サスペンスドラマ

慶應通信は好きな時に好きな科目を学べる。履修選択の考え方とは。

通学過程では、年度の始まりに履修科目を決めますが、通信は科目も時期も自分の裁量で始めることができます。

 

この制度は、「いつでも勉強できる」という良い側面ばかり見えますが、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。また、科目の制限もないため、何のレポートから取り組めばよいか分からないという事態も起きます。

 

そこで、レポート課題を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

 

単位数

 

科目ごとに単位が決まっており、2単位科目を中心として、1〜4単位の科目が混在しています。
履修単位は、単純に足し算をして積み重ねていくため、4単位科目を1科目履修することと、1単位科目を4科目履修することは同じ単位数として認められます。

 

科目ごとの単位数は、何をもとに単位が決められているかと言いますと、レポートに求められる文字数によって決められています。
一般に、1単位科目は2000文字程度、2単位科目は4000字程度が必要になります。この「字数」ですが、レポート初心者ほどこれに縛られ、卒業間近の人ほどまったく気にしないという事実があります。

 

実際のところ、文字数とレポート課題そのものの難易度は関係ありません。私の場合、3000字〜6000字の間で仕上げていましたが、毎回合格していました。公表欄を見ても、字数に固執している教授を見たことがありません。

 

単位数と字数はほとんど関係ありません。
それであれば、1単位科目を4つ勉強するより、4単位科目を1つ勉強したほうが圧倒的に楽です。もちろん課題にもよりますが、迷ったときはより大きな単位を狙っていくとことがセオリーです。

 

 

科目間のシナジー

 

慶應通信の科目には、科目の名称が似通っている科目があります。それらは基本的に、おおもとが同じ学問であり、専門家により派生した領域であると言えます。
レポート課題を選ぶときのコツは、この類似科目をまとめて手掛けることです。それらはかなりの部分で同じ理論を共有し、他の科目の知識をもう一方の科目に活かすことができるためです。
例を挙げると、総合教育科目「論理学」と専門科目「論理学(L)」です。これらを同時に勉強すると、どちらを勉強しているか区別がつかなくなるくらい似ています。

 

他にもシリーズものをコンプリートするというコツもあります。
これは、「教育学」「教育心理学」「教育学概論」の教育学シリーズ、「文学」「フランス文学概説」「フランス文学概説U」のフランス文学シリーズが挙げられます。
これらは単発で学ぶより、順序立てて学ぶ系統学習が適しています。系統学習によって、予備知識が増えていきますので、科目試験の際にも活かすことができます。

 

 

科目試験

 

意外かもしれませんが、レポート課題より、科目試験の問題を見る方が、レポート選択において大切です。

 

その理由は、単位を取る=科目試験に受かるというルールがあるためです。
科目試験に受からなければ、レポートに受かっても意味がありません。そのため、最初に受かりそうな科目試験科目をチェックし、その後レポートに入っていく必要があります。

 

その極端な例を挙げると、科目試験に「持ち込み可」の科目が挙げられます。
このような科目は、レポート課題に関係なく選ぶべき科目も存在します。持ち込み可の科目は、写す場所さえ分かれば誰でも受かってしまう、なんのために科目試験があるのか分からないほどお得な科目です。

 

こちらのページにまとめてありますので、最優先して履修してください。

関連ページ

セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録