サスペンスドラマ

慶應通信のレポート単位とは。課題選びから単位取得までの流れ。

慶應通信の単位には2種類ある

慶應通信の単位を取る方法は、大きく2つに分けられます。

 

テキストによる履修

 

スクーリングによる履修

 

それぞれ簡単に説明します。

テキスト単位

テキスト単位とは、レポートと科目試験の両方に合格して履修する単位です。

 

最初にレポートを提出し、合否に拘わらず、提出済の科目の科目試験を受験できます。卒業所要単位のうち、80〜100単位ほどがこのテキスト単位なので、慶通生は日常的にレポートを書いていきます。

 

科目試験は、年に4回(4月・7月・10月・1月試験)実施されます。

 

指定された日時(土日の2日間)に試験会場へ足を運び、1回の試験で最大6科目まで受験することができます。受験科目が多いほど、履修できる単位も多くなるので、早く卒業することができます。

 

レポートと科目試験の両方に合格すると、テキスト単位として認められます。1科目につき2単位であることが多いので、6科目受験すれば、たった2日の科目試験で12単位ものテキスト単位を履修することができます。

 

したがって、慶應通信で最も差が開くのはテキスト単位であり、それは科目試験における受験数によります。つまり、いかに日頃からレポートを提出しているかが、卒業においてとても重要な要素になるのです。

 

テキスト単位の履修方法

テキスト単位履修の流れは、以下のようになります。

 

「レポート課題表」から、科目を選択

 

指定のレポート用紙に文章を書く

 

指定の綴じ方で、期限内の消印をつけ、事務局へ郵送する

 

「科目試験受験申込」を郵送する

 

科目試験受験票が郵送される

 

学生証受験票を忘れずに、科目試験会場へ足を運ぶ

 

レポートと科目試験の結果を持ち、両方受かった時点で単位取得

 

以上になりますが、少しだけ補足を入れておきます。

 

レポート完成までに必要になるもの

 

「レポート課題集」、「レポート履修要綱」、「参考文献」、「レポート用紙」

 

レポートを提出するにあたり必要になるもの

 

「レポート提出票」、「講評欄」、「科目試験受験申込」

 

科目試験を受験するにあたり必要になるもの

 

「学生証」、「科目試験受験票」

 

また、テキスト単位が履修できるタイミングについて補足があります。

 

レポート返却は原則3ヶ月以内、科目試験結果は受験5週間後になります。

 

そのため、レポートの合否が分からない状況で、科目試験に臨むことがほとんどであり、レポートか科目試験のどちらか一方だけ受かったという場合は、以下の規則を覚えておかないといけません。

 

レポート不合格&科目試験合格

 

レポートを半年以内に再提出します。再提出しなければ、科目試験の合格は無効になり、再履修する際は新規のレポート課題で書きます。

 

レポート合格&科目試験不合格

 

レポートの合格は消えず、今後も科目試験を受験することができます。

 

私の経験から言えば、レポートが合格する、とても後が楽になります。レポートの合格は永続的に有効なので、科目試験の度に受験でき、合格すればテキスト単位になります。

 

これが科目試験よりレポートを重視した方が良い理由です。

 

反対に、レポートが不合格となり、科目試験が受かった場合は、その合格には期限があります。再提出レポートを半年以内の消印で出し続け、合格する必要があります。その際レポート課題の期限が切れていないかにも留意します。

 

仮にレポート返却日より半年が過ぎてしまった場合、科目試験の合格は消えてしまいます。新たにレポートを書く事になってしまうので、提出期限にはくれぐれも注意してください。

各スクーリングの特徴

スクーリングとは一定期間大学に通って講義を受け、最終日の試験に合格することで、単位を取得する方法です。

 

スクーリングには大きく2種類あり、8月に3週間かけて行う「夏期スクーリング」、9月〜12月の夜間に行う「夜間スクーリング」などがあります。

 

スクーリングの大きな特徴として、テキスト単位より容易に取得できるということがあります。出席するだけ単位が取れたり、持ち込み可の科目も多く存在します。

 

そのため、卒業所要単位上の換算には多くの制限があり、およそ40単位程度しか卒業所要単位に認められません。

 

次に、各スクーリングについて説明していきます。

 

夏期スクーリング

 

夏期スクーリングはT期、U期、V期に分かれており、それぞれ6日間で行われます。

 

5日間講義を受け、最終日に試験を受けます。試験と言っても、試験前日にノートを見直すだけで合格できる場合がほとんどです。

 

特別な努力が要らないため、慶通生にとっては実質年に1度のボーナスチャンスとなっており、例年多くの人でにぎわいます。

 

夜間スクーリング

 

次に、夜間スクーリングは9月下旬から12月上旬の期間の18時以降に実施されるスクーリングです。

 

開講科目ごとに曜日が決まっており、1科目受講であれば週1回、2科目受講であれば週2回のペースで通学し、約3ヶ月間講義を受けます。

 

最終日に実施される試験に合格することで、履修することができます。

スクーリング単位の履修方法

スクーリング単位履修の流れは、次のようになります。

 

受講申込を郵送する

 

講義に出席する

 

試験を受験する

 

試験結果を待つ

 

補足すると、英語、体育、実験などの実技科目は、「仮申し込み」という事前申請が必要になります。

 

「リーディング」と「ライティング」は必修科目であり、実験スクーリングはテキスト単位を履修した場合必須となるので、卒業時期を遅らせないためにも、細心の注意を払ってください。

関連ページ

卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
優先度別3分野科目について
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
科目試験の申込方法
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録