慶應通信を最短卒業するなら最初にレポートの書き方を学ばないと無理。その理由とは。

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

総合教育科目から専門科目へ移行するのが鉄則

慶應通信の卒業所要単位は、総合教育科目(外国語・体育・3分野)と専門科目(所属学部・所属類)から116単位と、卒論8単位から成ります。116単位の内訳は、テキストとスクーリングを単純に合計するのではなく、それぞれ上限や下限があります。

 

このように卒業所要単位の計算には、かなり細かいルールがあるので、手あたり次第に単位を取っていった結果、必要な単位が足りず、無駄な単位が余ることはしばしばあります。

 

総合教育科目は、「3分野科目」、「体育科目」、「外国語科目」から成ります。卒業所要単位とされる48単位のうち、3分野科目から32単位以上(テキスト単位24単位以上)、外国語科目から8単位(テキスト6単位)の履修が必須となります。

 

以下、総合教育科目の中で、優先すべき科目を紹介します。

優先すべき総合教育科目

まず、実技、実験スクーリングは出席するだけで単位が取れるので、オススメです。

 

体育実技スクーリングでは、決められた種目を1週間行い、2単位取得します。体育科目はスクーリングとテキストから合計4単位まで認められるので、再度参加することで、体育科目を満たすことができます。

 

実験スクーリングでは、「生物」、「物理」、「化学」のいずれかを選択し、2週間の講義を受けます。総単位は6単位と大きいのですが、実験スクーリング単独では認められないので、必ずテキストも履修しないといけません。

 

次に、「英語T」、「英語U」です。これらの科目はスクーリングの「リーディング」と「ライティング」と併せて必須科目なので、なるべく早く履修したほうが良いでしょう。

 

テキストの難易度は、「英語T」と「英語U」は中学修了程度、「英語Z」は高校初級程度、「英語V」は大学受験程度となっています。

 

「英語T」と「英語U」のいずれかを履修していないと、「リーディング」、「ライティング」を受講することができないので、入学後すぐに取り組む科目だと言えます。

 

最後に、3分野科目です。3分野科目とは、「自然科学分野」、「人文科学分野」、「社会科学分野」に属す科目を指します。

 

これを「2科目以上6単位以上のルール」に気を付けて、合計32単位以上、うちテキストから24単位以上履修する必要があります。

 

この場合の2科目とは、テキストとスクーリングでは科目名が同じでも、別科目としてカウントされます。例えば、スクーリング「地学」(2単位)とテキスト「地学」(4単位)は別科目扱いなので、これだけで自然科学分野の2科目以上6単位以上を満たすことができます。

 

ただ、ある程度テキストから履修しておかないと、卒論登録の条件を満たせなくなるので、4単位科目を中心に履修計画を組むことが重要です。

 

以上になりますが、気を付けてほしいことは、総合教育科目が終わるまでは、専門科目には手を出さないことです。総合科目と専門科目では、レポートが別物だからです。

 

これは「説明」と「論述」の違いに集約できます。

 

総合教育科目のように、「〜について説明しなさい。」というレポート課題では、一通り説明することが要件なので、自ら問いを立てる必要はありません。一方で、専門教育科目のような「テキストの…について自由に論じなさい。」という課題では、テーマ設定から問いを立てるところまで、自分で行う必要があります。

 

前者は「説明型レポート」、後者は「論述型レポート」と呼ばれます。これらを同時に履修すると、人の2倍勉強しないといけなくなるので、まずは総合教育科目でレポートに慣れ、その後専門科目に移行するのがベストなのです。

持ち込み可の科目はすべて受ける

科目選択の際、レポート課題だけを見てレポートに取り組んではいけません。仮にレポートが受かっても、科目試験が受からなければ意味がないからです。

 

慶應通信には、科目試験が絶対に受からないので手を出してはいけない「地雷科目」が存在します。

 

「レポートは受かったが、試験が何年も受からない…。」

 

地雷科目に手を出してしまうと、このような状態に陥ってしまい、せっかくのレポート合格が無駄になってしまいます。

 

慶應通信には様々な科目が存在するので、最初に科目試験内容をチェックして、科目試験対策まで考えて履修を決めてください。

 

一方で、実質レポートのみで単位が取れるお得な科目も存在します。

 

「持ち込み可の科目」です。

 

持ち込み可の科目は、レポート課題の難易度に関係なく、履修すべきと言えます。実質レポートのみで単位が取れるので、他の科目に比べて労力が半分で済むからです。

 

例えば、科目試験で5科目受験するとしても、そのうち2科目が持ち込み可の科目の場合、実質3科目のみの対策で済みます。その分の時間を持ち込めない科目の対策に充てることができるので、全科目合格も見えてきます。

 

持ち込み可の科目はこちらのページに載せてあります。

卒論登録のベスト時期とは

80単位に到達したら、卒論登録の時期が来たと思ってよいです。

 

一応、40単位から登録はできますが、はっきり言って時期尚早です。テキスト単位と卒論を両立しなければならないので、早く卒論登録したばかりに、かえって卒業時期が伸びてしまうことになります。

 

また、卒論はテーマ選びに失敗すると終わります。実験データが取れないテーマを選択してしまった場合、5年も10年も卒論を書き続けることになります。

 

このようなわけで、卒論は「満を持して」取り組むのがベストです。私の場合、100単位を過ぎて自分の得意分野がはっきりした頃に卒論を始めたので、初指導からわずか1年間で提出できました。

 

1年間というのは、卒論においてこれ以上ないスピードなので、卒業時期をある程度計算したいという人は、公式からでなく私から学んでください。

 

ただ、今回覚えておいてほしいことは、満を持して卒論登録まで辿り着いた人は、最終的に卒業できるということです。もちろん何年かかるかは人ぞれぞれですが、「卒論登録をしたのに卒業できない」という事は、本人が勝手に諦める以外あり得ません。

 

その理由も含めて、メルマガでは卒論登録への道を解説しているので、こちらからご登録下さい。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

テキスト単位取得までの流れ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
スクーリング単位履修までの流れ
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
レポート科目を決める3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
3分野科目の攻略方法
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目一覧
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録