サスペンスドラマ

学則を知らないと損をする。入学した瞬間に知るべき慶應通信のシステムとは。

慶應通信で学んでいるうちに、自分だけの得意分野を作ることができます。それが後の卒論テーマに繋がるので、どれだけ早くその段階に行けるかが、卒業時期を左右します。

 

基本的にそこまでの道には、紆余曲折があります。私の場合、3年目の途中まではフランス文学で卒論を書くつもりでいましたが、類変更してまで教育心理学の動機づけ理論を専攻しました。

 

結果的にこれは大成功で、わずか1年で卒論を終わらせ、その時点からの最短卒業を可能にしました。ただ、これは偶然ではなく、戦略的な履修計画が大いに関係するので、今回は得意科目を作る方法について説明していきます。

計画には理由がないとダメ

多くの人は履修計画を立てる際、「期間」と「科目」という2つの次元で考えます。「いつまでに、何の科目をやる」という計画の立て方です。

 

しかし、このようにして立てられた計画が実現することは、ほとんどありません。「なぜその科目なのか」に対する具体的な理由がないからです。

 

考えてみれば当たり前ですが、目的がなければ行動はかなり弱いものになります。壁に突き当たった瞬間、やめる理由を探すので、わずか1時間で諦めてしまいます。

 

そこで、次のように計画の中に理由を入れてください。

似た科目を受験する

例えば、「論理学(A)」を履修済みの人は、次に取り組むべきレポートは決まっています。

 

「論理学(L)」です。

 

理由は、知識を使いまわせるからです。レポートは過去のコピペで合格しますし、科目試験対策は内容を思い出すだけで十分です。

 

このように既に学んだことのある科目と似た科目を履修することで、新規で学ぶ場合と比べて、早く深く学ぶことができます。当然合格率も高いので、最優先して取りかかるべきと言えます。

 

こういった勉強のことを「効率性が高い」と言います。なかには、効率性について楽する方法だと思っている人がいますが、それは違います。

 

本当の効率性とは、「きちんと努力した場合に成果が出る確率がどれくらいあるか」によって規定されます。特に、慶應通信のように卒業までやるべきことが多い場合は、いかにしてまとまった単位を取るかが重要なので、本来の意味での効率性をきちんと意識してください。

 

そこで私がどのようなことをやったかと言うと、片っ端からフランス文学を履修しました。総合科目の「文学」でフランス文学を選択したのを始め、専門科目の「19世紀のフランス文学T」、「19世紀のフランス文学U」、「20世紀のフランス文学」をすべて履修し、スクーリングでも「フランス文学」と名のつく科目は取れるだけ取りました。

 

理由は、小説の使い回しができるためです。毎回新規で小説を読んでいては時間がかかり、なかなか考察も進みません。それよりは既に内容が頭に入った状態でスタートした方が、どう考えても負担を軽減できます。

 

また、前回のレポートの考察に続けて、新しく考察することで、より深く、素晴らしいレポートを書く事もできます。こういった意義ある学びの先に、卒業まで活きる自分だけの得意分野を作ることができるのです。

 

すべてのレポートは、卒論に通じます。また、そうなるよう意識して学ばなければなりません。

 

一生懸命書いたレポートをその場だけのものにしておくのは非常にもったいないため、次に活かすことまで考えて深く学ぶようにしてください。

関連ページ

卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録