サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

何かをなそうとするとき、「計画を立てること」と「実際に行動すること」という2つの壁が立ちはだかります。

 

ただ、計画を立てるより行動する方が何倍も難しいです。行動すれば壁しかないため、よほどうまく計画を立てないと、この壁を乗り越えることはできないからです。

 

今回は、そんな計画の立て方について解説していきます。

2種類の人間

これから勉強を開始しようと思ったとき、2種類の人間がいます。

 

最初にかなり先まで計画を立てる人と、一応の方向性だけ決めておいて、実際に行動しながら臨機応変に変えていく人です。

 

このうち慶應通信で成功するのは後者です。実際のところ、数か月先の予定など当てにならないため、最小限の計画だけ立てておき、あとは目の前の勉強だけに全力を注げばよいのです。

計画の立て方

正直な話、レポートに関して言えば、3日後の予定すら立ちません。

 

そもそも文献が確保できるかどうか分かりませんし、読み込みに何日かかるは、誰も予想できません。こうした小さなズレの積み重ねが時間を圧迫し、あっという間に1週間遅れとなってしまいます。

 

そのため、レポート提出までの短期的な計画を立てる際は、完成までの諸段階に対して、エンドを決める必要があります。完成までの段階としては、おおまかに「文献確保→インプット→アウトライン作成→アウトプット」があります。

 

よくある失敗例は、「今週は経済学をやって、来週は政治学をやろう」という計画です。これは計画ではなく目標なので、具体的な行動方針が見えてきません。

 

そうではなく、「3日以内にインプットを終わらせて、今週中には必ずアウトプットを始めよう」というように、各段階にエンドを設けなければなりません。こういった計画を立てることで、ようやく計画通りに行動することが可能になります。

 

以上が計画の立て方ですが、次に目標の立て方についても説明していきます。

目標の立て方

計画が行動方針を作るのに対し、目標は計画自体を生み出します。そもそも目標がなければ計画の立てようがないので、適切な目標の立て方を教えます。

 

多くの人は、慶應通信の目標として「1年後の卒論登録」や「最短卒業」を掲げます。ただこれらは、あくまで結果を述べたものに過ぎないため、途中経過の方を目標にしなければなりません。

 

慶應通信で成功する目標は、シーズンごとに提出するレポート数を決めることに尽きます。シーズンというのは、前のレポート締切から次のレポート締切までの3か月間を指します。

 

目標を考える際は、シーズンごとに区切って考えることが重要です。シーズン中のレポートの取り組み方で、いくらでも科目試験のチャンスを増やせるからです。
このように言うと、「いくらレポートを出しても科目試験が受からなければ意味がない」という人がいます。ただ、そういう人は、自ら可能性を狭めていると言えます。

 

1科目受験の人は、どんなに完璧な回答が書けたとしても、2単位で頭打ちです。もし問題が分からなければ、その瞬間収穫0です。

 

一方で、6科目受験なら他の科目で勝負することができます。

 

このように科目数が少ないことはリスクでしかありません。いかにして1回の科目試験を有効活用するかを考えたとき、シーズン中のレポート提出数を目標にするのは必須です。

 

一方で、次のシーズンのことは一切考える必要がありません。科目試験の結果を見なければ、群を考慮した科目選択ができないからです。

 

先ほども言いましたが、失敗する人ほど、「1年後の卒論登録」や「最短卒業」といったシーズンをまたいだ目標を立てます。そのため、具体的な計画が生まれません。

 

ただ同じニュアンスでも、「1年後の卒論登録のために今シーズンは、3分野科目の不足分に注力する」とすれば、高確率で実現します。そこから3か月間、あなたのやるべきことは、これを達成するだけを考えれば良いのです。

 

このようなシンプルかつ核心を突いた計画を持つことで、余計なことを考えず、目の前の行動だけに焦点を当てることができます。

関連ページ

レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
科目選択のコツ
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録