サスペンスドラマ

持ち込み可の科目は堂々とカンニングができる。持ち込み可の科目とは。

持ち込み可の科目を選択すべき理由

科目選択の原則は決まっています。科目試験対策がしやすい科目を選ぶことです。

 

これは、何度も同じ問題が出題されていたり、問題自体が易しい科目が該当します。ただ、これにも増して重要な条件があります。

 

それが、「持ち込み可」の科目を選ぶことです。

 

持ち込み可の科目は、科目試験対策が必要ないので、他の科目の半分の労力で単位が取れてしまいます。このように言うと、一切対策をせずに受験して大丈夫かと心配になる人もいます。

 

ただ、その心配はありません。持ち込み可の科目は、その場で十分対策ができます。そのため、これを対策するくらいなら、その時間を他の科目に充てた方が良いです。

 

書き写す手順は、次のようになります。

 

問題文からキーワード(調べる単語)を探す

 

テキストの目次や索引からキーワードを探し、関連箇所をざっと確認する

 

丸写しする

 

丸写しの際、文章の意味が分からなくても問題ありません。正しく書き写せるかが問われているので、必要な分だけを正確に写せば良いのです。

 

このように持ち込み可の科目は、カンニングが許された数少ない科目なのです。

真剣勝負の科目試験において、なぜ持ち込み可なのか

そもそも、なぜ持ち込みが認められているのでしょうか。これについても簡単に説明しておきます。

 

理由はとてもシンプルです。

 

持ち込まなければ、誰も解けないからです。

 

例えば、「科学哲学」のテキストは、何を書いているかさっぱり分からないうえ、分量も多いです。

 

その内容を一通り理解しろと言うのは、大学生の範疇を越えており、とても4単位に見合った勉強量とは言えません。

 

そのため、「科学哲学」が仮に持ち込みが不可だったら、誰も履修しないことは目に見えています。ただ、それでは科目自体なくなってしまいます。

 

そこで、持ち込み可にして、履修率を上げます。履修する人がいれば、科目を存続することができます。

 

このようなわけで、持ち込み可の科目は、それを餌に受講者を募っているので、堂々と書き写して良いわけです。

持ち込み可の科目一覧表

総合教育科目  
A群 「化学」
C群 「社会学」、「地学」
D群 「統計学(A)」、「ドイツ語第二部」、「フランス語第二部」、「新・ドイツ語第二部」
E群 「哲学」、「ドイツ語第四部」、「フランス語第四部」
F群 「数学(微分・積分)」、「ドイツ語第三部」、「フランス語第三部」
文学部専門科目  
A群 「社会学史U」、「新・西洋史概説」、「ACADEMIC WRITINGT」、「フランス文学概説」、「新・教育思想史」
B群 「社会学史T」、「心理・教育統計学」、「西洋史特殊T」、「オリエント考古学」、「英語史」
C群 「科学哲学」、「考古学」
D群 「新・国語国文学古典研究X」、「日米比較文化論(総論)」
E群 「教育心理学」、「英文学特殊」
F群 「西洋哲学史U」、「社会心理学」、「日本史特殊T」、「ACADEMIC WRITINGU」、「近世英文学史」、「新・日本史特殊T」
経済学部  
A群 「簿記論」、「会社法(E」)、「労働法(E)」
B群 「国際貿易論」、「経営管理論」
C群 「計量経済学」、「原価計算」、「経済法(E)」
D群 「民法」
F群 「日本経済史」、「社会思想史」、「新・日本経済史」
法学部専門科目  
A群 「会社法(J」)、「債権総論」、「相続法」、「国際私法」、「労働法(J)」、「新・相続法」
B群 「商法総則」、「商行為法」
C群 「親族法」、「保険法」、「海商法」、「経済法(J)」、「政治学(J)」
D群 「債権各論」、「手形法」、「民事訴訟法」、「政治哲学」
E群 「破産法」
F群 「新・行政法物権法」、「新・刑事訴訟法」、「ロシアの政治」

関連ページ

卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録