サスペンスドラマ

慶應通信には総合教育科目と専門教育科目があり、それぞれテキスト、スクーリングで履修していきます。効率的な科目の方法とは。

何の科目から勉強すれば良いか分からないとき、手あたり次第始める人がいます。何もやらない人がほとんどの中、そういった人に比べたら百万歩は前にいると言えますが、これはわざわざ向かい風を選んで走っている事になります。

 

陸上では、同じ人が同じ距離を走るのにも、向かい風より追い風で走った方が良いタイムを出せます。一歩あたりの距離が違うためです。

 

この理論は、科目を選ぶ際にも言えます。

 

慶應通信のように長期スパンの勉強では、今得た知識を今だけで終わりにしてはいけません。必ず次に活かすことを考えます。

 

あるテキストの内容は、別のテキストを読む際にも役立ちますし、あるレポートの悩みは他のレポートの解決策になります。こうして、レポートを書く度にパワーが上がっていきます。

 

ただこれは、闇雲に進めていても実現しません。

科目選択の鉄則

履修の鉄則は、基礎から学ぶことです。

 

基礎から学べば、一切の無駄がありません。

 

例えば、「社会学」→「社会学史T」→「社会学史U」という順序で学ぶことで、社会学が広く何を扱う学問か、誰がどんなことを言っているか、また「自分はそのうちの何に興味があるか」ということが分かっている状態で、「社会学史T」、「社会学史U」に取り組むことができます。

 

また、「社会学」の勉強は、「社会心理学」の準備になります。その後「教育心理学」へ、そこから「教育学」へ移行することができるので、自然と次のレポートが決まるようになります。

 

こうして「何を勉強すれば良いか分からない」という状態から、脱することができます。

 

基礎はすべて総合教育科目にあります。

 

そのため、まずは総合教育科目を履修し、その後専門科目に移行することが、履修計画の鉄則となります。

関連科目を知る

実を言うと、慶應通信の科目のほとんどは、関連科目です。このことを考慮した履修計画をは、かなり効率的なものになります。

 

例えば、「心理学」では、「社会心理学」、「教育心理学」、「心理学T」、「心理学U」があります。スクーリングも含めると、その数は膨大です。

 

ただ、「社会心理学」は「心理学」と「社会学」の関連科目であり、「教育心理学」は「教育学」の関連科目です。関連科目通しは同一の理論が用いられていることが多いので、ほとんど知っている状態から始める事ができます。

 

ある程度単位が進んだ後は、新規開拓より、既存の知識を活かすことが重要です。それは関連科目を履修することで可能になります。

 

関連科目については、「テキスト履修要綱」に詳しく掲載されているので、ご覧になってください。

関連ページ

卒業までの履修計画の立て方
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
総合教育科目の優先科目
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。
履修科目を選択する際の判断基準
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
得意分野を構築する履修計画のポイント
慶應通信の学則のうち、重要なものをまとめました。
3ヶ月以上先まで計画を立てると失敗する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録