サスペンスドラマ

慶應通信には総合教育科目と専門教育科目があり、それぞれテキスト、スクーリングで履修していきます。効率的な科目の方法とは。

関連科目を知る重要性

何の科目から勉強していけば分からないとき、適当に始める人がいます。悩んで何もやらない人がほとんどなので、そういう人に比べれば百万歩は前にいると言えますが、適当に科目を選ぶことはわざわざ向かい風を選んで走るのと同じであり、効率性は最悪です。

 

追い風のなか走るのと向かい風のなか走るのでは、どちらが良いタイムを出せるか。
この答えは決まっていて、追い風です。同じ一歩でも進む距離が違うためです。

 

科目を選ぶ際にも、この追い風を利用しなければなりません。つまり、いま学んだことを次に活かす科目選びをします。

 

教えられることはありませんが、科目間には相互関係があり、関連科目を選ぶことで1の学びが2の学びになります。これを計算に入れて履修すると効率的に学ぶことができます。

 

例として「心理学」について説明します。

 

慶應通信の心理学には、「社会心理学」「教育心理学」「心理学T」「心理学U」、さらにスクーリング心理学など様々な派生科目があります。「社会心理学」は「心理学」と「社会学」との隣接科目であり、「教育心理学」は「教育学」との隣接科目です。隣接科目通しでは全く同じ内容が多く存在します。

 

新しいことを勉強するより、既存の知識を活かすことを考え、まずは関連科目を多く履修しましょう。関連科目の情報は、「レポート履修要綱」に掲載されています。

基礎から学ばないと勉強量が増える

履修順序の鉄則は、基礎から学ぶことです。

 

基礎から学べば、その後応用を学んだときに、いきなり応用を勉強することができます。逆に応用から学ぬと、まず基礎を学び、その後応用を学ぶという2段階の過程が必要になります。

 

基礎から学ぶ例を挙げると、

 

「社会学」→「社会学史T」→「社会学史U」

 

この順序で学ぶことで、最初に「社会学」を学ぶことで、社会学が広く何を扱う学問か、誰がどんなことを言っているか、また「自分はそのうちの何に興味があるか」ということが分かっている状態で、「社会学史T」「社会学史U」に取り組むことができるため、非常に効率的です。

 

また「社会学」の勉強は、「社会心理学」の勉強にもなります。「社会心理学」に関心を持ったら「教育心理学」へ、そこから「教育学」へと、自然に次のレポートが決まっていきます。こうして「何を勉強すれば良いか分からない」という状態から脱することができます。

 

最も重要なことは、基礎はすべて総合教育科目であるということです。
今後の勉強のためにも、まずは総合教育科目を、その後で派生学問を勉強するというのが、慶應通信の科目選びのセオリーなのです。

関連ページ

レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
履修順序の大原則
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
持ち込み可の科目
慶應通信の科目試験は、持ち込み可の科目から履修していく重要性を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録