サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

このページでは、レポートが本来的に有する性質について講義を進めていきます。

 

レポートが本来的に持っている性質として、

 

〇レポートは客観性を持った文章である

 

〇レポートは公共性を持った文章である

 

この2点があげられます。まずは公共性から説明していきます。

レポートを提出するということは、公に発表するのと同じ

レポートを提出するということは、学会に対して持論を発表することを意味します。レポートを書く者は、少なくともこのような心構えでいないといけません。論文のルールを守ることは必須であり、「序論・本論・結論」や「問い‐解答」も厳守します。

 

これに今日は、次の1点を加えたいと思います。

客観性

レポートでは内容が正しいのはもちろんのこと、反論の余地なく吟味された言い回しが重要になります。そこで、客観性を保った文章の作り方について説明していきます。

 

まずは、レポート独自の言い回しを教えます。

 

レポートでは決して「〜と思う」や「〜と考える」とは書きません。それは一個人の感想と見なされるので、客観性を求められるレポートでは不適切な表現だからです。

「〜と思われる」「〜と考えられる」と書く

このように語尾をまとめることで、一個人の感想を超えた内容だとみなされます。形式上は非常にささいなことですが、たったこれだけで客観性を保つことができるので、誰でも簡単に取り入れることができます。

 

次に、内容に関する客観性について説明します。これにも非常にシンプルなルールがあります。

根拠となる文を参考文献から引用する

引用にどのような効果があるかと言うと、「あなたの書いた文章が批判に耐えうる文章になる」という効果があります。正しい引用は、あなたの文章に「説得力」をコーティングしてくれるのです。

 

その理由を説明すると、読み手があなたの文章を否定するためには、引用元を否定しなければなりません。ただ先行研究は、基本的に正しいとされています。そのため引用さえしておけば、あなたの主張は誰にも否定されなくなるというわけです。

 

このようなわけで、レポート内で主張を述べる際は、その根拠を参考文献から引用することは必須です。引用の書き方としては、以下のようなものがあります。

 

〇「『(文献名)』によれば、〜とある。したがって、…と思われる」

 

〇「〜とある。(『文献名・ページ数』より)したがって、…と思われる」

 

ここで記載した文献名は、文献表にも再度記載する必要があるので、注意してください。

 

またレポート課題によっては、自分なりの視点や意見が求められることがあります。これが「考察」です。最後に、「考察の加え方」について説明していきます。

考察

考察はレポートのなかで一番難しいスキルなので、完全にマスターするには最低でも1年はかかります。そのため、考察まできちんと理解できれば、かなりの力がついたと言えるでしょう。

 

「考察」については、次のように考えると良いです。

 

〇事実から何が言えるか

 

〇事実から何が予想できるか

 

〇その事実は何を反映したものか

 

これらの中から分かりやすい解釈を選んで、実際の考察に挑戦してください。次の課題を見てください。

 

「自分自身の個性がどのように形成されたかを、自分の生活史をふりかえって考察しなさい。」

 

この課題に先の考察の解釈をあてはめると、「事実(自分史)を述べ、そこから言えることは何か」となります。このとき、「何も浮かんでこない」という方は、自分なりの視点を持つと良いです。

 

例えば、「環境と個性の相互関係」という視点を持ちます。それによって、「自分の個性は、環境からどのような影響を受けたか」について考える事ができます。そこで、次のような考察ができあがります。

 

「私は少人数で行動することが多かった。そして、少人数で行動することに対して、自分と同じ意義を感じる友人を見つけ、その考えをさらに深めた。私自身の個性形成の大きな影響は、学級という社会から受けたと感じられる。」

 

1文目は事実について述べています。「自分史」という事実です。

 

2文目はこの事実に対して、「そこから何が言えるか」を分析しています。これが考察であり、最終的には「事実から予想する」という形にまとめています。このとき完全な主観にならないように、「〜と感じられる」の形で結んでいます。

 

こういったレポートの書き方についての講義は、セミナーメールにて詳しく行っておりますので、こちらから登録を進めてください。

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
論述とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ文献からのコピペではダメなのか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約力上達のコツ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の3つの特徴
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す「説明」とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察についての大まかなイメージ
考察とはどのような文章化を説明します。
節立てのパターン
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録