サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの文章の1つに、「説明」というものがあります。説明には独自の役割があるので、その役割について解説します。

 

以前も言いましたが、レポートは根拠のある対話の場です。そのため、テキストと対話をすることで話を進めていきます。

 

つまり、テキスト理解を示したうえで、自分の主張を述べるという展開になります。図示すると「説明→考察」であり、前半の「説明」がテキスト理解であり、テキストの内容を文字通り「説明」します。

 

このように言うと、要約と似ている気がしますが、これらは厳密に違います。要約は要点だけを記載しておき、詳しくは本文を読んでくださいという「誘導」の役割を持ちます。

 

しかし、「説明」はレポート課題に対応するテキスト内容を「完璧に」述べなければなりません。重要な箇所はもちろん、派生的な項目まで丁寧に説明し、テキストさながらに論理的な文章を組み立てる必要があります。

 

なぜこういったことをするかと言うと、「自分はテキストの内容を理解していますよ」というアピールがレポートには必要だからです。そのため、テキストのコピペではダメで、テキストと同じ内容をきちんと自分の言葉に直して述べる必要があるのです。

 

つまり、「テキストを再構成する」のです。

 

その際のコツは、テキストを内容の上で「分類する」ことです。テキストでは便宜上、同種のものが別々に記載されていたり、反対に、関係のないことが一緒くたに書かれていることがあります。

 

そこで、これらの項目を要素ごとに分けて、テキスト以上に分かりやすく書き直します。

 

その際不可欠なのは、テキストからの引用です。

 

文献からの引用がないと、あなたの説明が内容的に正しいかが分からなくなってしまうからです。理論の正しさそのものが不明であると、そのレポートは客観性の部分でアウトになるので、説明に引用は必須です。

 

また、説明の中で、引用を効果的に使う方法があります。

 

本文を引用をし、その直後に自分の言葉で解説するというものです。解説と言うと難しく聞こえますが、要は分かりやすい日本語に直せば良いのです。

 

文献というものは往々にして正常な日本語で書かれていません。半分以上は、意味不明です。

 

しかし、意味不明だからと言ってそのままにするのではなく、文脈から自分なりに理解しようと努めることが大切です。自分なりの解釈を作ったら、今後はそれを中学生でも分かるよう訳します。

 

この作業を行えば、あっという間にテキストの「説明」ができあがります。

 

勘違いしている人が多いですが、レポートは難しい言葉を使ったからと言って、評価が上がる事はありません。あなたがテキスト内容を本当に理解しているかどうかの1点で評価されます。

 

あなたのテキストへの理解度は、説明を見ればすべて分かります。そのとき、分かりやすく簡潔に説明できていたら、理解度が完璧に近い事の証拠になります。

 

このようなわけで、難しいことを簡単に表現するのが、最強の「説明」だという事を理解してください。そのためには、あなたのレポートに「引用→説明」という形を取り入れると良いです。

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録