サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

これまでたくさんの方の文章に触れて思うことは、文章は本当に十人十色だということです。まったく同じ指示を出しても、180°異なる文章ができあがるからです。

 

誰もが通る失敗として、「分かりづらい文章」を書いてしまうということがあります。分かりづらい文章には、

 

・単純に長い

 

・言葉が難しい

 

・論理の分断

 

といった特徴があります。そこで、これらを1つずつ分析することで、誰にでも評価される文を書くコツを教えます。

ダラダラと長い文章

まずは「単純に長い」文から説明します。

 

分量が多いと、それだけで文章は理解しにくくなります。当然レポートにも適正量があるので、そこから大幅にズレてしまったら、内容にも悪影響が出ます。

 

例えば「経済学」の課題は、正直2000字あれば十分な内容が書けます。これを仮に10000字まで増量した場合、必要のない記述が正しい記述を邪魔します。

 

このように不要な文章は単に要らないというだけでなく、レポート全体の形を崩し、読みにくくさせます。つまり、字数を守るのは内容を守るためです。

 

実際のところ、慶應通信における「レポートの字数」は、かなりいい加減な概念です。1単位2000字が原則ですが、神経質に数える必要などまったくありません。内容的に優れたレポートは自然にまとまり、結果として字数も原則通りに収まるからです。

 

そのため、もしも字数で悩んでいる人がいたら、まずはレポートの概念を学んでほしいと思います。概念こそ字数問題の本質なので、概念から学べば、すべての悩みが一瞬で解決するという事を認識してください。

意味不明の専門用語だらけの文章

次に「言葉が難しい」文です。

 

確かに難しい専門用語を用いると一見レポートっぽくなりますが、あくまで「ぽい」の域を抜けません。

 

ご存知の通り、慶應通信のテキストには難しい専門用語が溢れかえっているので、何が書いてあるか分からず、理解に時間がかかります。

 

このように読み手を悩ませることは、テキストだから許されます。

 

ただ、私たちが書くのはレポートなので、読み手の中にスッと入るような分かりやすい文章にしないといけません。そのため、わざわざ難しい用語を用いる理由は皆無です。

 

そもそも慶應通信のテキストは、実はそこまで難しくありません。専門用語を用いているので難しく感じるだけで、意外に共感できることを述べていることは多々あります。

 

それにも拘わらず、なぜ難しく感じてしまうかと言うと、私たちが普段考えることのない内容を扱っているからです。

 

人間の脳は、初めての情報に対しては、とことん弱くできています。しかし一度でも経験してしまうと途端に心理的抵抗は消えます。

 

そのため初見の文章が難しいのは、実は思い込みに過ぎません。実際に、自分の身近なものに置き換えることさえできれば、これまで何度も通った思考回路を別の言葉で説明されただけだと気づきます。

 

それに気づいた途端、文献の内容を根幹から理解できるので、文章作りも急加速します。

内容が繋がっていない文章

最後に「論理の分断」について説明します。

 

論理の分断とは、前後の文章の内容が分断されているという意味です。読んでいてどこか繋がりがおかしいレポートや、結論がないレポートが当てはまります。

 

レポート最大の目的は、何かしらの答え(結論)を出すことです。そのためには、きちんとした証拠を挙げ、1歩ずつ結論に迫っていかなければなりません。

 

ところが内容が分断されているレポートは、それができていません。そのため改善点は、結論に関係ないことを書いていないかのセルフチェックとなります。

 

私の経験から言えば、文章は見直した数だけ質が上がります。

 

実際に、朝書いた文章を夜見直すだけでも多くの修正点が見つかります。そこで文の順序を逆にしたり、接続詞のチョイスを変えることで、文章の目的はよりハッキリします。

 

今回説明した3点を守るだけで、あなたの文章はグッと進化します。ぜひ実践してください。

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
論述とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ文献からのコピペではダメなのか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約力上達のコツ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す「説明」とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察についての大まかなイメージ
考察とはどのような文章化を説明します。
節立てのパターン
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文章のまとめ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録