サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

これまでたくさんの方の文章に触れて思うことは、文章は十人十色だということです。同じことを説明した文章でも、構成や分量や項目など、人によって全く違います。

 

そして、だれでも通る失敗として、「分かりづらい文章」を書いてしまうということがあります。分かりづらい文章の特徴には、

 

・単純に長い

 

・言葉が難しい

 

・論理の分断

 

などがあります。今回は、こういった文章の分析をすることで、誰にでも評価される文を書くコツを教えます。

 

まずは「単純に長い」文から説明します。

 

分量が多いと、それだけで文章は理解しにくくなります。当然レポートには最適な分量があるので、そこから大幅にズレてしまったら、内容にも評価にも悪影響が出ます。

 

例えば、「経済学」の課題は、正直2000字あれば、十分な内容が書けます。しかし、これを仮に10000字まで増量したらどうでしょうか。

 

必要のない記述が、正しい記述を邪魔します。不要な文章は、単に要らないというだけでなく、レポート全体の形を崩し、読みにくくさせます。

 

つまり、字数を守るのは、内容を守るためなのです。実際のところ、レポートの字数というものは、慶應通信のなかでもかなり曖昧な概念です。

 

一応、1単位2000字という原則はありますが、教授によるさじ加減が作用するので、神経質に数える必要は全くありません。良いレポートは自然にまとまりもありますし、結果として字数も原則通りに収まると考えた方が精神衛生上良いです。

 

だから、もし字数で悩んでいる人がいたら、レポート構成から学んでほしいと思います。本質的なことを学べば、字数の問題など、一瞬で解決するという事を認識してください。

 

次に「言葉が難しい」レポートです。

 

難しい専門用語を用いると、一見レポートっぽいのですが、あくまで「ぽい」の域を抜けません。

 

ご存知の通り、慶應通信のテキストや文献は用語が難しいです。それゆえ、何が書いてあるか分からず、理解に時間を要します。

 

しかし、それはあくまでテキストだから許されるのです。私たちが書くのはレポートなので、読み手の中にスッと入ってくるような分かりやすい文章でないといけません。そのため、わざわざ難しい用語を用いる理由は皆無です。

 

それに、慶應通信のテキストは、実はそこまで難しくありません。書き方が難しいだけで、当たり前の事や共感できることを述べていることは多々あります。それなのに、なぜ難しく感じてしまうかと言うと、普段考えることのない内容を扱っているからです。

 

人間の脳は、初めての情報にとことん弱くできています。これは勉強だけではなく、すべてのことに当てはまります。

 

例えば、私は実は機械が苦手で、無料ブログの作り方すら知りません。そのため、当サイトを作る際は、壁しかありませんでした。

 

このように初見というだけで物事は、10倍難しく感じてしまいます。ただ実際には全く難しくないので、今ではフラッとカフェに入ってサイトの記事をあげることは可能です。

 

私になぜこのような変化が起きたかと言うと、初見はやがて自信になるからです。最初の一歩の心理的苦痛を10としたら、2回目は3もありません。どんなことに対しても、そう思って最初の一歩を踏み出すと良いです。

 

もちろん、初めて文献を手にした際もそうです。初見の文章は確かに難しく感じますが、その大部分は思い込みである事も事実です。

 

自分の身の周りのものに置き換えて考えると、実は何度も通った思考回路を別の言葉で説明されただけだと気づいたりします。そう気づいた途端、文献の内容を根幹から理解でき、それによって文章作りも急加速します。

 

最後に「論理の分断」について説明します。

 

論理の分断とは、文章の内容が分断されているという意味です。前後の繋がりがおかしいレポートや、結論がないレポートが当てはまります。

 

以前も話しましたが、何かしらの答え(結論)を出すことが、レポートや論述の最大の目的です。だから、きちんとした証拠を挙げて、結論を導くことが何より重要です。

 

ところが、内容が分断されているレポートはそれができていません。したがって改善点は、結論に関係ないことを書いていないかのセルフチェックとなります。

 

私の普段から文章を書きまくっている経験から言えば、文章は読み直した回数だけバージョンアップします。

 

例えば、朝書いた文章は、夜見直すだけで多くの修正点が見つかります。文の順序を逆にしたり、不必要な文を消したり、接続詞のチョイスを見直すことで、文章の目的はハッキリし始めます。

 

今回お話した3点だけ守るだけで、あなたの文章はグッと進化するはずなのでぜひ実践してみてください。

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録