サスペンスドラマ

レポートの文章は客観性が必要。客観的な文章とは。

客観性がないのは嘘つきの証拠

手紙、メール、作文、感想文、報告書など、世の中には様々な種類の文章があります。これらの文章は個々の性格を持っており、書き手はそれを配慮した上で書かないといけません。

 

当然、レポートの文章にも独特な性格があります。その性格を無視して文章を書いていると、知らず知らずのうちに、レポートの女神に嫌われてしまいます。

 

今回は、レポートの文章の性格である「客観性」について説明していきます。

 

客観性とは、多くの人の目に晒されたとき、どうなるかです。
それでも耐えられたら、内容的に正しく、人を信用させる力を持っていることになります。

 

これが客観性が高いということです。

 

文章においても同じで、客観的な文章は説得力を持ちます。
独断や偏見ではなく、きちんと本当のことを述べていて、誰が見ても正しい文章のことを言います。

 

この様に考えると、嘘じゃなくて、人から信用してもらえる文章が、客観的な文章と言えますね。

嘘じゃないことをどうやって証明するか

客観的な文章には、人を信用させる力があることが分かったと思います。

 

その力は次の2点によって支えられています。

 

根拠のある文章

 

論理的に整合した文章

 

 

人に信用してもらうには、真実であることを証明することが大切です。

 

これには情報の発信元を示すのが一番手っ取り早いです。

 

これに関して私の勤めていた塾の話をしますね。

 

私の塾では、定期試験前はまさに情報戦でした。試験範囲の変更などの重要な情報が、毎日飛び交います。

 

そのなかで、賢い子は必ず「それ誰が言ってた?」と確認します。ソースが科目主任の先生だったら信用しますが、友達情報では半信半疑という感じです。

 

この話から分かることは、結局、情報の発信元が重要なのであって、それがアヤフヤだったら、人を信用させることはできないと言うことです。
そして客観的な情報かどうかの見極めは、信頼に足る根拠の有無です。

 

話を戻しますが、レポートではまず第一に、読み手に信用してもらって、説得しないといけません。

 

そのため、主張には根拠が絶対に必要です。

 

その主張がどのような根拠に基づいているかを明白にして、嘘じゃないことをきちんと示すのです。

 

その根拠は文献からの引用によって示します。

 

引用と同じ内容の主張であれば、絶対に否定されないからです。

 

引用元のお偉いさんを盾にして、自分の主張をしていくのが、客観性を理解した文章作りのコツです。

 

 

もう1つは、論理性です。

 

論理性とは、前後の内容的な繋がりのことを言います。

 

読んでいてしっくり理解できる文は、たいてい論理的な文章です。

 

その反対に、「なんでそうなるの?」と疑問が浮かぶ文は、論理の穴があると言えます。

 

読み手にこのように感じさせる文章は、客観的な記述とは言えません。

 

理由や原因が書かれていなかったり、接続詞が間違っていたりして、内容的に矛盾しているからです。

 

これら論理の穴を治すことで、説得力がある文章に近づきます。

 

とにかくレポートは、読み手を説得しないといけないので、論理的な文章を作ることで、客観性を高めてください。

 

客観的な文章 まとめ

さて客観的な文章の説明は以上になります。

 

簡単にまとめると、

 

・根拠のある文章

 

・論理的に整合した文章

 

が客観性のある文になります。

 

レポートを作成する際には、根拠を効果的に用いて、反論させる隙のない論理を構築する必要があるわけです。

 

難しそうに聞こえますが、不正確な事やアヤフヤな記述を避けて、本当のことだけを書こうと意識すると、いつの間にか客観的な文章が書けるようになりますよ。

 

レポートの性質の1つ、公共性についてはこちらのページをご覧ください。

 

ほかにも、レポートの文章の作り方について多数講義をしております。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と要約の仕方
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録