サスペンスドラマ

レポートの文章は客観性が必要。客観的な文章とは。

客観性とは何か

手紙、メール、作文、感想文、報告書など、世の中には様々な種類の文章があります。これらの文章は個々の性格を持っており、書き手はそれを配慮した上で書かないといけません。

 

当然、レポートの文章にも独特な性格があります。その性格を無視して文章を書いていると、知らず知らずレポートの神様に見放されます。

 

そこで今回は、レポートの文章の性格である「客観性」について説明していきます。

 

客観性とは、他の人を信頼させる力を持っているかで定義されます。そのため、客観性の高い文章は説得力を持ちます。内容的に正しいことを述べているだけでなく、その正しさの証拠も挙げています。

 

このように誰が見ても正しい文章を「客観的な文章」と呼びます。

嘘じゃないことをどうやって証明するか

客観的な文章には人を信用させる力があります。それは次の2点によって支えられています。

 

根拠のある文章

 

論理的に整合した文章

 

自分の文章を人に信用してもらうには、内容が真実であることを証明する必要があります。これは情報の発信元を示すのが、一番手っ取り早い方法です。実際に、人からの信頼を集められる人は、普段からこの努力を怠りません。

 

これに関して、学習塾を例に挙げて説明します。

 

学習塾では、定期試験前はまさに情報戦です。試験範囲の変更などの重要な情報が、毎日飛び交います。

 

ときには学習計画に直結するほどの重要な情報も流れますが、そのとき賢い子は必ず「それ誰が言ってた?」と確認します。情報の発信元が先生であれば信用しますが、生徒なら真実ことはありません。

 

私はこのような状況を目の当たりにして、賢い人は中学生の時点で決まっていると確信しました。

 

結局のところ、情報というものは客観性こそ重要なのであって誰かの主観であったら取るに足らないものなのです。そして客観的な情報かどうかは根拠の有無によって判断し、今回の場合であれば発信元の信頼性となります。

 

レポートに話を戻すと、レポートというものは、まず読み手を説得してナンボです。そのため、自分の主張には必ず根拠が必要です。

 

根拠は文献からの引用によって示します。文献で同じ内容が述べられていれば、あなたの主張が否定されることはないからです。

 

このように引用元のお偉いさんを盾にして、自分の主張をしていくのが、客観性を理解した文章作りのコツです。

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録