サスペンスドラマ

レポートの下書きは文章を作ること以外に気を付けることがあります。文字数やレポート用紙の使い方など実際点な疑問点を解決

下書きの際に気をつけることは、誤字脱字のチェックではありません。きちんと課題に答えているかのセルフチェックになります。

 

文章を書いている途中で、「何が聞かれているか」を忘れてしまうことは多々あります。アウトラインさえ作っていれば、課題から大幅にそれることはありませんが、それでも重要なことを文章化していないければ不合格になります。

 

このようなわけで、自分が理解できていることと、それを文章として表現できていることは全く別のことであると理解してください。常に「レポートで要求されていることは何か」を意識し、反論の余地のない分かりやすい記述を心がけてください。

字数と内容の関係

慶應通信のレポートは、1単位につき2000字が目安です。これは厳密な数字ではないのですが、一つの目安として重要です。なぜなら字数が足りないのは内容が薄いためであり、字数多過ぎるのは不必要なことを記述しているためだからです。

 

実際に、1000字に満たないレポートは、構造に問題があります。きちんと節立てをして、必要なことを述べていれば(=必要なことが何か分かっていれば)、いつの間にか1000文字など越えるものです。

 

むしろ多くの方のお悩みは、字数が膨らみすぎてしまうことだと思います。あっという間に3000文字を超え、必要なことだけ書いたつもりなのに5000文字まで膨らんでしまうことは多々あります。

 

ただ実際のところ、この程度の差であればほとんど問題ありませんテーマを再確認して不必要な部分を削れば、字数はそこまで気にすることではないのです。

レポートは語尾に注意

レポートは語尾がとても重要です。

 

例えば「〜だと思う」などと書いてしまうと、個人的な感想だと受け取られます。同じ意味でも「〜だと思われる」「〜と言える」とすると、客観的な記述と見なされます。

 

これは特に、引用に対して考察を加える際役立ちます、

 

文献からの引用は、ただ行えばよいというものではなく、そこから何が言えるかを述べなければなりません。これを「考察を加える」と言うのですが、その際の語尾は客観性を保持するため「〜と言える」「〜と考えられる」で決まりです。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用してレポートの書き方を学んでください。登録はこちらから。

関連ページ

レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録