サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

説明と論述

自分のレポートを読み返したとき、「なんか論文っぽくない!」と感じる人がいると思います。実際のところこれは、今までレポートを書いたことのない人なら、だれもが突き当たる壁です。

 

そこでこのページでは、何の変哲もない文章を論述にまで高める方法について説明していきます。

論述の条件

レポートの文章は「説明」と「論述」に分けられます。このうち論述は特別な訓練をしないと書けるようにならないので、レポートが作文の域を出ない原因は、論述の方法を知らないことだと言えます。

 

文章には作文、読書感想文、報告書など様々な種類がありますが、これらの文章は「問いがない」という共通点があります。例えば作文の場合、「〜だろうか」という問題提起は、必須ではありません。題材について一通り説明するだけで成立します。

 

このようなわけで、作文は一個人の感想文の域を出ません。このことについて具体的な例を挙げて説明します。

 

「運動会のリレーについて」というテーマの下では、次の2種類の文章が書けます。

 

1つは、「放課後毎日練習して、見事一等賞になれて、とてもうれしかったです。」という「感想」です。もう1つは「放課後毎日練習して、見事一等賞になれて、練習の大切さを学びました」という「考察」です。

 

これらは、事実に対して単なる感情を述べているか、事実から何が言えるかまで踏み込んでいるかという点で異なります。

 

ただその根本的な原因は、問いの有無です。実際に、上記感想文に対して「何を学んだか」と問えば、「練習の大切さを学んだ」と考察を加えることができます。

 

このようなわけで、問いがあるということが、論述の必須条件と言えます。

レポート課題になくても問いを立てる

このように「何を学んだか」という疑問文があれば、「練習の大切さを学んだ」という答えが生まれます。問いの存在は、必然的に答えを導きます。

 

そしてレポートは学問なので、本来的に何かしらの答えが必要です。そのため、問いと答えのないレポートは、そもそもレポートではありません。

 

喩えるなら野球の試合にバットとグローブを忘れて行くようなもので、一番重要なものを忘れてしまっているのです。ただ、なぜだか慶通生は、誰一人としてそれほどの忘れ物をしたことに気付いていません。

 

この理由も決まっています。

 

それは、レポート課題のなかにそういった指示がないからです。レポート課題に「問いを立ててください」と書かれていないので、「問いを立てる必要はない」と考えているのです。

 

ただ、ここで少し考えてほしいのは、「具体的な問いが無ければ、そもそもレポートは書けない」という事です。

 

例えば「代替財について自由に論じてください」という課題に対して、辞典のように代替財の定義を述べるだけでは落とされてしまいます。

 

それは単なる説明に過ぎないので、論述ではないからです。

 

そこで、簡単な疑問文を作ることで可能になります。これは例えば、「代替財はどういう状況で生じるだろうか?」などといった、ごく簡易的なもので構いません。

 

この問いに答えを出すということが、代替財を「論述」するということです。

 

このように論述は「問い」が必須です。それはレポート課題には決して書いていないので、自分で作る必要があるということを知っておいてください。

 

メルマガ内ではこのようなレポートの重大な事実も教えています。こちらから無料登録してください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録