サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

このページではレポート用紙の使い方について説明していきます。

 

ただ、最初に言っておきますが、レポート用紙の使い方には厳密な規定はありません。人によって様々な違いがありますが、合否には関係ないため、あまり神経質になる点ではありません。そのため、特に気を付けるべき点だけ説明しておきます。

 

まずレポート用紙には、レポート課題を書く必要はありません。1段目に科目名を記載し、次の段に「序論」と表記して始めます。

 

実際の文章に関しては、基本的には作文用紙と同じです。段落の最初は1文字空け、行の最後のマスで文章が終われる場合は、最後のマスの中に文字と記号(。や」など)を両方書きます。

 

また、必ず両面を使用し、下にページ数を記載してください。

 

最後に文字の変換に関してですが、レポートでは漢字やひらがなのルールは決まっておらず、基本的には自由です。そもそも文献を読んでいても「〜の場合」を「〜のばあい」と表記していたり、「〜に関する」を「〜にかんする」と表記する場合もあるくらいです。

 

そのため慶通生は特別な意図がない限り、一般常識の範囲で「漢字に変換できるものはすべて漢字表記する」とすると良いでしょう。

 

ただくれぐれも言っておきますが、これらは合格の本質ではないので、あなたはまずレポートの概念を学んでください。

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録