サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートではよく、文献やサイトからのコピペが問題になっています。

 

たとえ一文でもこの行為を行うと、そのレポートは無効になり、即返却されます。その場合、提出した事実そのものが無効になるため、その科目の試験申込もできません。また、反省文の提出といった処罰が待っているようです。

 

しかしながら、同じコピペでも、逆に評価を上げる方法があることをご存知でしょうか。そこで、人の文章を自分の文章のように使う方法を紹介します。

 

まず、なぜコピペが禁止されるかについて考えていきます。

 

多くの人は、

 

〇自分の頭で考えていないから
〇努力せずサボっていることになるから

 

この様な理由を考えます。

 

これらは一見正しく見えますが、本当の理由は、こういった精神論ではありません。レポートでコピペが許されない理由は、もっと深いところにあります。

 

・著作権の侵害

 

「盗用なので、法律に引っかかる」

 

これが正しい答えです。当然と言えば当然ですが、なかには、「どこから写したかなんて分からないのだから、少しくらい・・・」と考える人もいます。

 

しかし、著作権保護という観点から考えれば、「バレなければいい」という問題ではないことが分かります。なぜならレポートは、公共性という性質を持つ文章だからです。

 

レポートを提出するという事は、単なるメールの送信などとは違い、自分の意見を公の場所に発表する事と同義に考えなければなりません。そのため、コピぺは一番いけないことなのです。

 

ただ、ぜひ知っておいてほしいことは、レポートでは決して、「写す」こと自体が悪いのではありません。

 

科学というものは、先行研究の上に積み重ねるという基本方針があるため、他人が書いた文章を自分のレポート使う必要性は多分にあります。

 

・引用という形をとる

 

コピペと盗用を分かつものは簡単です。

 

それは、「人の文章であること」をレポート中に明記すれば良いのです。たったこれだけで、盗用から「引用」に変わります。

 

実際に、盗用とは打って変わって、レポートでは引用は推奨されています。公共性に加え、レポートの第二の性質である「客観性の保持」が可能になるからです。

 

この客観性とは、要するに信頼に足るかどうかであり、簡単に言えば、根拠があるかどうかです。

 

レポートでは、内容がツッコミどころ満載で、容易に反論されてしまうのではいけません。だから、それを防ぐための引用は大切です。

 

例として、次の文を見てみましょう。

 

「[in]という語は、その意味からして内側と外側を分かつ役割を持っています。」

 

この文には、根拠がありません。そのため、この文からいかに素晴らしい展開をしても、公共性や客観性のある文章にはなりません。

 

そこで、次のように引用を行います。

 

「[in]という語は、「内側と外側の境界ができる」「内側にある内容物は、外側から加わる力から保護されている。」(『学びのエクササイズ 認知言語学』38頁より引用)という役割を持っています。」

 

このように根拠を文献から引用しただけで、一気に説得力が増し、客観的な記述に変化したことが分かります。

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録