サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

慶應通信で絶対に成功する方法を教えます。

 

成功するまで諦めないことです。

 

成功するまで諦めなければ、成功しかありません。実際に失敗のあらゆる原因は、最終的に自分から降りたことであり、それ以外に理由はありません。

 

成功を確信できる人は本当に成功し、未来を恐がる人にはその通りの未来が訪れます。

 

成功を確信できる人は、失敗のために時間を使える人です。

 

失敗できると言うのは、なかなか難しい事です。ほとんどの人は、目先の成功が大好きで、失敗が大嫌いだからです。

 

しかし、私がそういう人に言いたいことは、成功より失敗の方が圧倒的に価値があるという事です。これは多くの成功者が口をそろえて言っています。

 

例えば、野球のイチローは次のように言っています。

 

「調子が悪い時に、打てた時のことを振り返ってもしょうがない。打てない時のことを振り返る。」

 

うまくいく原因は無数にあるので、それを分析する意義は薄いです。それに対して、失敗する原因はせいぜい1つや2つしかないため、そこに集中すれば確実に効果が出せるという事です。

 

この理屈は、もちろん慶應通信でも通用します。

 

勉強の最大のチャンスは、失敗して落ち込んでいるときです。

 

例えば、レポートが不合格で返ってきた時は、レポートのことを真剣に考える最大のチャンスです。そのため、ここに最大限のエネルギーを使わないといけません。

 

ちなみに、私の再提出レポートの目標は、「教授の腰を抜かす」ことでした。それ位のものを書かないと、失敗した意味がないですし、またもし書けたら、失敗して良かったと思えるはずだからです。

 

そのため、初回とは比べ物にならないくらい重点的に調べ上げ、誰が見ても文句なしのレポートを書くようにしました。こういった積み重ねが、数年後、圧倒的なノウハウを形成することは、容易に想像できると思います。

 

実際に私は、最初の3年間で30単位しか取れなかったのですが、その後の3年間は100単位以上を取得しました。この背景には、実を言うと、こういった取り組みがあったのです。

 

レポートでうまくいっていない人は、不合格の原因を1つでいいから見つけて、それを修正してください。そうすることで、次のレポートは今より良いものが書けるはずです。

 

これを繰り返すことで、いつの間にかあなたの勉強が回り始めます。

 

とやかく考えずに、とにかく書く

 

この心持ちでいることで、「成功するまで諦めない」が可能になります。

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
最初の一歩ですべてが決まる
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録