サスペンスドラマ

マインドセットの話

考えてはいけないこと

慶應通信には、他の大学にはない様々な特徴があります。この環境で生き抜くにはどうすればよいか、その答えはすべてマインドセットにあります。

 

そこで考えてはいけないことを教えます。

 

慶應の偏差値

 

通信の卒業率

 

これらは非常に厳しい数字です。しかし、実はこの数字は意味を持ちません。今からその理由を説明します。

 

まず偏差値ですが、これは入試のときの学力の目安です。そのため、私たち通信生にはまったくもって関係ありません。気にしなくても卒業時には、そのくらいの能力が付いています。

 

次に卒業率です。これが極端に低いのは、まじめにやっていない人が退学をしまくった結果です。そのためあなたが卒業しにくいことを表すものではありません。

 

このようなわけで、偏差値がどんなに高くても、また卒業率がどんなに低くともあなたには関係ありません。意識する必要もありません。実際に卒業が近い人はこんなことちっとも気にしていません。

 

逆に言えば、これらを過度に気にしている人は、卒業できないときの言い訳を作ってしまっていることになります。慶應通信を諦めた多くの人は、言い訳を用意したから卒業できなかったということになります。

 

なぜ言い訳を用意してしまったか、この答えも決まっています。それは、「努力しても成果が出ないのが嫌だ!」という気持ちがあるからです。一言で言うと、レポートを書くのがめんどくさかったからです。

 

しかしレポートは学問なので、手間がかかるのは当たり前です。慶應通信を卒業したいのなら、めんどくさいという感情を忘れなければなりません。

 

めんどくさいという気持ちは捨てる

 

実際にこれは私が大切にしていたマインドセットでした。このマインドセットを持ったことで、どんなレポートに対しても抵抗がなくなりました。「手間はかかるけど、めんどくさくはない」という感覚です。

 

卒業するためには、この感覚が非常に大切です。

なぜ、レポートの話ばかりするのか

ここまで説明した通り、偏差値が70だろうが卒業率が5%だろうが、あなたが卒業できるかどうかにおいてはまったく関係ありません。卒業は自分自身の意識の問題であり、最大の敵はあなた自身だからです。

 

そこで最も注意を払うべき勉強を教えます。

 

それはレポートです。科目試験など問題ではありません。私はレポートさえ書いていれば、科目試験で落ちまくったとしてもまったく問題ないと考えています。

 

それは決して科目試験を軽視しているからではありません。科目試験は受けること自体に意味があるからです。実際に何度受けることができますし、きちんと対策をすれば必ず受かるものです。

 

それよりもレポートが受からない、それ以前に提出しない・・・このほうがよっぽど重症だと思います。

 

なぜかと言うと、慶應通信におけるレポートの立ち位置は、科目試験のための受験資格だからです。レポートは単位に直結する唯一のチャンスメーカーなのです。

 

そのチャンスを作ろうとしなければ、当たり前ですが1単位も取れません。そのためレポートを軽視している人は終わります。実際に退学した多くの人は、たった一度もレポートを出せずに諦めてしまった人なのです。

 

今このサイトを見ているあなたがするべきことは、まずは科目試験で3科目受験を経験することです。当然そのためには、期限内にレポートを3つ書かなくてはなりません。

 

これは、やってみるとそこまで大変なことではありません。1つのレポートにかかる時間は長く見積もっても、2週間くらいです。3本こなすには6週間、科目試験の感覚が3ヶ月間なので、3科目試験はどう考えても可能です。

 

このようにレポートの提出を実現するだけで、一気に6単位〜10単位ほどの単位を取るチャンスが生まれます。しかもきちんと対策すれば、受けた試験の半分は受かります。

 

卒業までの80単位ほど(卒論やスクーリングを除いた数字)は、このような地道な努力が必須です。

 

あなた自身とレポートこの2つに目を向けてください。

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポートの形式と内容はどちらから学ぶか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信でしか身に付かない能力とは
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
この環境には雑音がいっぱい
正しいマインドセットを持つことから始まります。
再提出のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
絶対に成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
最初の一歩ですべてが決まる
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録