サスペンスドラマ

慶應義塾大学の通信教育課程の卒業生が自身の体験をもとに、慶應通信で入学から卒業までに必要なことをすべて教えるポータルサイト。レポートや科目試験に合格する方法も指導します。慶應通信以外の通信教育過程の方も必見です。

その努力は正しい努力か

慶應通信では、「自分の行動が正しく努力であるか」について考えることは非常に重要です。

 

そこでこのページでは、正しい努力の判断基準を教えます。これを読むことで、自分の行動が正しい努力かについて、自分で判断できるようになります。

 

意外かもしれませんが、身にならない勉強の代表格に、「座学」があります。スクーリングなどの座学は、自分の関心とは別に、学ぶ内容と時間が決められています。

 

このことは、「受動的な意識」を生み出します。

 

通信教育課程では主体性を失ったらお終いです。私がスクーリングを危険だと言うのもこのためで、いったん講義に慣れてしまうと、自分一人で勉強することに対して心理的な抵抗ができてしまいます。

 

ただ、人は主体的に取り組んだ場合のみ、100%の能力を発揮することができます。受動的に聞くだけでは、話し手の10分の1も頭を使っていないので、まったく記憶に残りません。

毎日できることだけをする

そこで、正しい努力とは何かを教えます。

 

それは、毎日勉強することです。

 

慶應通信のような環境では、少し行動して壁にぶつかると、すぐに諦めてしまう人が続出します。そのため、毎日少しずつでも継続して努力できることに、大きな価値があります。

 

慶應通信で毎日できる勉強は、レポートしかありません。そのため、コンスタントにレポートに取り組んでさえいれば、それ以外のことはかなり適当であっても、いつか必ず卒業できます。

 

実際に私の場合、スクーリングは来月以降のエナジーチャージの場として利用していましたし、持ち込み可の科目試験は何も考えず旧字体のまま丸写していたほどです。

 

それでも問題なく卒業できたのは、レポートだけは最大限勉強したからです。

 

このようなわけで、正しい努力の見分けは簡単です。

 

毎日レポートを進めているかどうかです。

 

慶應通信で成功している人は皆これを行っているので、どうせ真似するなら、こういった行動を真似するようにして下さい。

関連ページ

スクーリングは勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信を卒業するために、考えてはいけないこと
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出をめんどくさがる人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
合格するより不合格となった方が良いこともある
正しいマインドセットを持つことから始まります。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信で成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信の成功は最初の一歩にかかっている
正しいマインドセットを持つことから始まります。
卒業に近づく最上級の出会いとは
正しいマインドセットを持つことから始まります。
当サイトを最大限生かす方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
自分の頭を使わない人の方が成功する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
人の行動を真似しても絶対に成功できない理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
スクーリングを10倍有効活用する方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レポート作成におけるインプットとアウトプットの黄金比
正しいマインドセットを持つことから始まります。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レポートを書く→勝手にやる気が上がる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
自分のアイデンティティは自分で守れ!
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録