レポートの再提出がめんどくさい人へ

卒業できるレポートのノウハウをすべて無料メルマガにて授けます

最初にきちんとインプットする

苦労して書いたレポートが再提出になる…多くの人はこれを心底嫌がっています。レポートが不合格になったというだけで、一日引きこもってしまう人もいるくらいです。

 

ただ、一生懸命書いたレポートが落とされるのは、誰もが通る道です。そのため、あなたは何も悪くありませんし、劣っているわけでもありません。

 

このことを知っている人は、再提出の際、「より深く学ぶ機会を得た」と前向きに受け止めることができます。このように考えられる人と、不合格になったショックで塞ぎ込んでしまう人を比べたら、どちらが成功するかは言うまでもありません。

 

そこで、「レポートの再提出」に対する心理的抵抗を取り除く方法について、説明していきます。

 

レポートで最も労力を要する課程は、インプットです。最初に文献にあたる際はいつでも、無知の脳に大量の情報が流れ込んできます。

 

これは多くのストレスがかかる勉強です。

 

ただ、インプットをないがしろにすると、様々な弊害が生じるので、一番嫌な再提出を招いてしまいます。

インプット不十分による弊害

最初にきちんとしたインプットを行わない弊害は大きいです。

 

レポートの内容が間違っている

 

自分の言葉で書けない

 

テキスト以外の引用がない

 

などが挙げられます。

 

これらは互い関連しており、一言で言うと、レポートがテキストの劣化版コピーになってしまうのです。

 

また、私にも経験があるので分かりますが、テキストの文章を繋ぎ合わせただけのレポートは、書いていてまったく面白くありません。学問の本質に触れることもできず、再提出の負担だけを感じるようになります。

 

その結果、モチベーションも低下します。

 

ただ、テキストの内容さえ理解できれば親近感を感じ、モチベーションも高まります。つまり、インプットによって楽しさを見出すと同時に、楽しさが分かるまでインプットすることが重要だという事です。

 

また、きちんとインプットしたレポートは、仮にが不合格になってしまっても、簡単に再提出できます。既存の知識の上に新規の情報を積み上げるだけで良いので、一度目の提出と比べると、半分以下の労力で終えることができます。

関連ページ

スクーリングは勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信を卒業するために、考えてはいけないこと
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
合格するより不合格となった方が良いこともある
正しいマインドセットを持つことから始まります。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信で成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信の成功は最初の一歩にかかっている
正しいマインドセットを持つことから始まります。
卒業に近づく最上級の出会いとは
正しいマインドセットを持つことから始まります。
当サイトを最大限生かす方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
自分の頭を使わない人の方が成功する理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
人の行動を真似しても絶対に成功できない理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
スクーリングを10倍有効活用する方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レポートを書く→勝手にやる気が上がる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信における正しい努力の見極め方
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
自分のアイデンティティは自分で守れ!
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録